Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューTHE MACKSHOW(Rooftop2018年4月号)

新章突入のトゥイスティン・ビートはレッド・ホットなエンジン搭載モデル!
クレイジーすぎて笑っちゃう世の中で狂って踊れ!

2018.04.01

曲のテーマや歌詞の言葉遣いは地雷ゲーム!?

──ロマンチックな雰囲気の「Take you to the moon」もまた名曲なんですよね。部分的にファルセットになるボーカルがクセになります。

KOZZY:あの手の曲は最初に着地点が見えなくてね。どこでどう着地させるかは歌詞で決まることが多いんだけど、それによって演奏も変わるしさ。大まかな歌詞とテーマができていないと演奏の熱のこもり方も変わってくるから、事前にちゃんとつくり込んでおかなくちゃいけない。それも時間のかかる理由なんだよね。

──「Take you to the moon」はさりげなく挿入されているバイクの音が曲の物語性を高めていますね。

KOZZY:あの曲だけ急にバイクの音が出てくるけど、あれがあるとないとじゃだいぶ印象が変わると思う。

──考えてみると、マックショウの曲ってフェイドアウトで終わることが少ないですよね。今回の14曲もどれも最後まできっちり演奏しきって終わりますし。

KOZZY:やっぱりライブでやることを考えてるからだろうね。フェイドアウトで終わる曲はいままでもほぼないと思うけど、あるとすればエンディングに失敗した曲じゃないかな(笑)。

BIKE BOY:失敗をごまかすためのフェイドアウト(笑)。

──着地ができなかったと(笑)。昨年亡くなったチャック・ベリーに捧げた「今夜はベリーグッド」は着地が早そうな曲ですけど。

KOZZY:そりゃもう。かなり最初の段階でできた曲だからね。

──チャック・ベリーへのオマージュを込めたフレーズがもっと入ってくるかと思いましたが、意外と腹八分目でしたね。

KOZZY:もっとチャック・ベリーしてる曲はまた今度出そうと思ってるからね。でも「今夜はベリーグッド」の歌詞は個人的にもすごく気に入ってるんだよ。

──ダックウォークしているチャック・ベリーの姿や人となりがちゃんと伝わる歌詞ですよね。

KOZZY:1972年のロンドン・ロックンロール・ショウに出たときのチャック・ベリーをイメージしたんだよね。趣味の悪いウエスタンシャツを着て、顔が真っ黒でさ。アップになると歯しか映ってない(笑)。

──コージーさんはチャック・ベリーの存在をどう捉えているんですか。

KOZZY:チャック・ベリーがすごいのは格好いいところばかりじゃなく、格好悪いところも隠さずに見せるところかな。ロンドン・ロックンロール・ショウでも明らかに客ががっかりしてる模様が映し出されてるしさ。50年代、60年代の残ってる生の映像も、ギターから火が出るほどうまい演奏とひどい演奏の落差が激しいんだよ(笑)。

20170429_ms_0070.jpg──ニートビーツの新作にもチャック・ベリーに捧げた「BYE BYE VERY GOOD」という曲があって、そのタイトルの確認メールがトミーさんから来たと真鍋(崇)さんに伺いましたが。

TOMMY:そうそう。「そっちの題名、何だ?」って(笑)。

KOZZY:ニートビーツとは一緒にライブをやる機会が多くて、ヤツらがチャック・ベリーのことを唄った曲をライブでやってたから、こっちとタイトルが被るといけないと思ってね。かすりつつ被らないみたいな(笑)。

BIKE BOY:前もニートビーツが『TWISTIN' TIME WITH YOU』を、マックショウが『TWISTIN' CARNIVAL』を出して被りそうでしたよね。こっちは“ツ”イスティンじゃなくて“トゥ”イスティンでしたけど。

──アルバム前半の「ミッドナイト・ラン」や「恋のクレイジーパラダイス」といったビートの効いたぐいぐい攻めまくるナンバーが最大公約数的に支持されると思うのですが、いわゆるリードチューン的なハイレベルの楽曲を毎回きっちりと仕上げてくるところにマックショウの職人気質が垣間見れますね。

KOZZY:マックショウにも「今夜だけが」とか人気曲があって、それを凌ごうなんて別に思ってないんだよね。それでも「恋のクレイジーパラダイス」みたいな滅多に書けない曲ができてしまう。だけど大変なんだよ、ああいう曲をつくるのは。ちょっとボタンをかけ間違えたらこれまで出してきた曲と似ちゃうんだから。ボルダリングみたいなものだよね。こっちの突起物には触れない! みたいなさ(笑)。あるいはチェスみたいな感じ。空いてるスペースにうまいこと駒を入れていく。曲のテーマや歌詞の言葉遣いがすごく狭いなかでそういうのをやるわけだから、まるで地雷ゲームみたいだね(笑)。「こういう歌詞なかったよね?」「このタイトルなかったよね?」とか常に被らないように確認してるんだよ。

 

これがいまのマックショウのグルーヴ

──「古いフォトグラフ」はマックショウのアルバムに必ず1曲は入っているバラードの系譜に位置する曲だと思いますが、今回はビートの効いたロッカバラッドという佇まいで、それほどバラードに寄せていませんね。

KOZZY:どっちかと言えばミディアム・テンポのナンバーで、バラードまでは行かなかったね。今回はミディアム系の曲が多くて、どれか1曲を引っ込めるかなと思ってたんだよ。多分「ゴールデンバット」が引っ込むんだろうなと思ったんだけど、出来がいいから残っちゃった。他にメロディアスな曲がないなら「古いフォトグラフ」みたいな曲は引き立つんだけど、今回は思いのほかメロディの際立つ曲が増えちゃったんだよね。

──メロディアスだけど荒々しく野性味溢れる楽曲が増えたように感じるのは、装飾を極力排した演奏とラウドで太い音質も多分に影響しているのでしょうか。

KOZZY:結果としてはこういうふうにしかできなかったってことが大きいけど、初期のマックショウの荒っぽさをベースにしたいとは毎回思ってるんだよ。『Rocka Rolla』の時期はちょっと違うけどね。あの時期にちゃんとした音源をつくりたかったのは、その前があまりにもちゃんとしてなかったから(笑)。それ以降、『狂騒天国』からはラフでいいから押しきっちゃおうっていう作風で、このスタジオ(ROCKSVILLE STUDIO ONE)で3人だけで全部やり遂げるつくり方は前作の『今夜はショウダウン』で一段落した。作品のテーマ性も含めてね。今回はもっとプリミティヴな感じでいいと思ったし、これがいまのマックショウのグルーヴなんじゃないかな。荒いなかにもメロディの良さがあればそのまま残すし、いい曲ができれば素直に出していく。

20170429_ms_0084.jpg──いまは『Rocka Rolla』の頃のようにハイファイな音を突き詰めるモードではないんですよね?

KOZZY:全然。かと言って何でもいいってわけじゃなくて、曲が呼んでる音に忠実でありたいと思ってる。それもあって今回はバイクボーイのドラムセットを変えてみたんだよ。初期はグレッチを使ってて、途中からずっとラディックだったんだけど、今回はロジャースに変えてね。叩き方も多少違うんじゃないかな。

BIKE BOY:違いますね。叩いた感触もキック一個踏むのも違うんです。

──たしかに、堅くて重い音になった感じがしますね。

BIKE BOY:そうですね、しっかりした音になったと思います。ラディックがおもちゃみたいな薄っぺらい音をしてたんで、自分でも全然音が違う戸惑いを最初は感じたんですよ。

KOZZY:その重い音のおかげで「ハイヒールとスニーカー」、「あの娘はビートニク」、「今宵はSpecialty」みたいにシンプルな曲は演奏が楽しかったよね。いつになく僕のギターがあまり入ってないのは、ドラムとベースの音をちゃんと聴かせたかったから。今回はベースの弦も指定して替えてもらったんだよ。トミーはとにかく弦を替えなくてさ。5、6年は平気で替えないもんね。

TOMMY:基本的に切れるまで替えないね。

KOZZY:替える人はライブごとに替えるし、レコーディング用にわざわざ古い弦に替える人もいる。そのなかでトミーはずっと同じ好きな弦を使うわけ。バイオリンベースの弦なんて、買ったときに張ってあったままだから(笑)。アルバムで言えば3枚くらいずっと同じ弦で録るよね。そこを今回は新調したドラムとの兼ね合いもあって、もうちょっとラインが見えるようにしてみた。聴く人によっては何ら変わってないように思うかもしれないけど、「ハイヒールとスニーカー」とかは以前とけっこう違うんだよね。

TOMMY:弦を替えるとサステインが伸びるから切りどころがわからなくなるんだよね。「うわ、こんなに伸びるの弾いたことねぇや!」とか思いながら弾いてたよ(笑)。

KOZZY:いつもはポン! っていうのでリズムを取ってるからね。

TOMMY:弦の種類も違うしさ。いままで使ってたフラット弦からラウンド弦に替えてね。

KOZZY:その違いは大きいかな。ラウンド弦は70年代の後半までは発明されてなかったはずだからね。

 

このアーティストの関連記事

GET DOWN THE MACKSHOW

昭和九十三年四月十一日(水)発売
【Special Edition】2枚組(CD+DVD)/ SPACE-010 / ¥5,000+税
【通常盤】CD1枚組 / SPACE-011 / ¥2,700+税
発売・販売:株式会社スペースエイジ
LABEL:B.A.D RECORDS UNITED

【SPECIAL EDITION DISC-1】&【通常盤】※CD収録曲
01. GET DOWN THE MACKSHOW
02. 導火線に火をつけろ!
03. ミッドナイト・ラン
04. 恋のクレイジーパラダイス
05. 彼女はパーフェクト
06. Take you to the moon
07. 今宵はSpecialty
08. イカしたグッドタイム
09. 今夜はベリーグッド
10. ゴールデンバット
11. あの娘はビートニク
12. ハイヒールとスニーカー
13. 古いフォトグラフ
14. レッド・ホット!
【SPECIAL EDITION DISC-2】※DVD収録曲
ザ・マックショウ「昭和の日」記念コンサート 昭和九十二年四月二十九日 於 東京キネマ倶楽部
01. グリース・ミー
02. ナナハン小僧のテーマ
03. トゥイスティン・ナンバーワン
04. 派手にやれ!
05. 380
06. ケンとメリーのバラード
07. 恋のマジックドライヴィン
08. 道化師
09. 今夜はスタンドバイミー
10. 夜はつかのま
11. 怪人二十面相
12. 高速ヘヴン

LIVE INFOライブ情報

スーパー神田ナイト 〜キャノンボール・フェスティバル東京 2018 振替公演〜
出演:THE MACKSHOW / THE NEATBEATS / LUV-ENDERS / THE FOREVERS / THE THROTTLE / LTD EXHAUST II / DROP DOLL / 石橋勲BAND / DJ:DANNY
★昭和93年(2018年)4月22日(日)下北沢GARDEN
開場 AM11:30 / 開演 PM12:00
前売 ¥4,000(ドリンク代別)
※『キャノンボール・フェスティバル 2018』のチケットは振替公演にそのまま有効です。
※公演当日AM10:00より会場にて入場整理券を配布します。入場は整理番号順となります。
※会場周辺に駐車場はございません。路肩にも駐車出来ません。道路すらありません。公共交通機関でのご来場をお願いします(確実にマークされてます)。
問い合わせ:Zeppライブ 03-5575-5170(平日13:00〜17:00)
*チケット取扱店:原宿カウンターアクション(03-3423-8227)、足利ミラクルウーマン(0284-41-6647)、SODA POP(047-326-5999)
*プレイガイド・チケット発売中:ローソンチケット(Lコード 74143)、チケットぴあ(Pコード112-584)、イープラス

『GET DOWN THE MACKSHOW』レコ発ライブツアー第一弾!
★昭和93年4月27日(金)広島CLUB QUATTRO
OPEN 18:30 / START 19:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000円(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:CLUB QUATTRO 082-542-2280
チケット取扱店:QUADROPHENIA  0829-30-3007
ローソンチケット(Lコード 62849)チケットぴあ(Pコード112-909)、イープラスエディオン広島本店プレイガイドタワーレコード広島店
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年4月28日(土)宇部ZAN★CRO BLUES
OPEN 19:00 / START 19:30
前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:ZAN★CRO BLUES 0836-39-5865
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年4月29日(日)福岡CB
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:CB 092-732-7575
ローソンチケット(Lコード 83007)、チケットぴあ(Pコード112-263)
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年5月12日(土)守山BLUE
OPEN 18:00 / START 19:00
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:BLUE 077-582-1536
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年5月13日(日)岡山デスペラード
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:デスペラード 086-225-5044
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年5月19日(土)福島OUT LINE
OPEN 18:30 / START 19:00
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:OUTLINE  024-597-7201 ヒローズファクトリー 024-545-8644&チケット予約メールはこちら
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年5月20日(日)宇都宮ポップガレージ
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:ポップガレージ 028-664-0345
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年5月26日(土)本八幡サードステージ
OPEN 18:30 / START 19:00
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
出演:ザ・マックショウ / 石橋勲BAND
問い合わせ:サードステージ 047-333-2254
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月1日(金)名古屋E.L.L
OPEN 19:00 / START 19:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:E.L.L 052-201-5004
ローソンチケット(Lコード 43248)、チケットぴあ(Pコード112-584)
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月2日(土)大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
OPEN 18:30 / START 19:00
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:セカンドライン 06-6453-1985 アイエヌジープラス 090-1951-9363(ヒライシン)
ローソンチケット(Lコード 52345)、チケットぴあ(Pコード112-871)、イープラス
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月3日(日)高知BAY5 SQUARE
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:BAY5 SQUARE 088-834-4177 BLUE SKY 088-848-0225
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月9日(土)函館CLUB COCOA
OPEN 18:00 / START 18:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
出演:ザ・マックショウ / 怪人二十面相
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:COCOA  0138-45-2002
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月10日(日)札幌PIGSTY
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:PIGSTY 011-868-8658
ローソンチケット(Lコード 11703)
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月16日(土)唐津ROCK BAR THE ROOTS
OPEN 18:30 / START 19:00
前売 ¥4,000 / ¥4,500(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:ジュリア原 090-4344-2016 脇山住建 090-8764-1969
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月17日(日)熊本Django
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は身分証明書をご提示で¥1,000キャッシュバック
※18歳未満は身分証明書をご提示でドリンク代のみで入場可(身分証明書の提示がない場合は無効になりますので御注意下さい。キャッシュバックはDjango店頭販売のみ対象とさせて頂きます)
※キャッシュバックについてのご質問はDjangoにお願い致します。
出演:ザ・マックショウ / 仁輪加 他
問い合わせ:Django 096-355-6960

★昭和93年6月23日(土)仙台DARWIN
OPEN 18:00 / START 19:00
前売 ¥4,500 / ¥5,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:GIP 022-222-9999
ローソンチケット(Lコード 22504)、チケットぴあ(Pコード112-676)、イープラス
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月24日(日)茨城 club SONIC mito
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:SONIC 029-300-2233
チケットぴあ(Pコード113-090)、イープラス
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

haku
lpo