HOME > インタビュー

インタビュー

RSS

  • ヤーレンズ(web Rooftop2017年4月号)

    若手実力派漫才師として、注目を集めるケイダッシュステージ所属"漫才師・ヤーレンズ!

    "阿佐ヶ谷ロフトA10周年記念FreePaper『Asagaya/LoftA10』にてヤーレンズのイ…(2017.04.24)

  • 映画『笑う招き猫』監督・飯塚健(web Rooftop2017年4月号)

    清水富美加&松井玲奈ダブル主演! いろいろあった末に無事公開までこぎつけた『笑う招き猫』監督・飯塚健は今、何を想う?

    『荒川アンダー ザ ブリッジ』、『大人ドロップ』など、群像コメディを描かせたら右に出るものはいない今…(2017.04.19)

  • 幸也(Kαin)×seek(Mix Speaker's,Inc.)【後半】(web Rooftop2017年4月号)

    新宿LOFTが歌舞伎町に移転して今年の4月24日で早18周年を迎える。
    18周年公演として開催するmaster+mind公演で、4月8日に2マンを行なう、Kαinの幸也とMix Speaker’s,Inc.のseekによるスペシャル対談の後半です!!

    前半では普段語られていないような代表者としての立場でのお話が盛りだくさんな内容でしたが、後半は4月8…(2017.04.04)

  • THE COLTS(Rooftop2017年4月号)

    これぞごった煮ロックンロール・サーカスの真骨頂!
    結成25周年を迎えたルーディーズが奏でる極彩色のワンダーランド!

    多彩な異文化音楽をミクスチャーしたハイブリッド・サウンドの先駆者、ザ・コルツが実に11年ぶりとなるオ…(2017.04.01)

  • Maison book girl(Rooftop2017年4月号)

    新進気鋭のニューエイジ・ポップ・ユニット「Maison book girl」×LOFT9 Shibuya「cafe9」=コラボレーションカフェ「image cafe」

    "Maison book girl"(通称:ブクガ)。メンバーは矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメ…(2017.04.01)

  • MAMORU & The DAViES(Rooftop2017年4月号)

    ケツとハートに火をつけろ!
    ロックンロールへの飽くなき愛情と熱量が生んだ心の金字塔

    「流行りも廃りも関係ない。新しくもなければ古くもない。ずっと現在進行形で存在し続ける」。ロックンロー…(2017.04.01)

  • 蛸地蔵(Rooftop2017年4月号)

    馴れ合わないけれど、互いを尊敬しあっていざとなったら背中を預けられる、バンドメンバーはいわば戦友。

    4月20日に下北沢SHELTERでの自主企画ライブ【金襴緞子】(w/ GEZAN・the twent…(2017.04.01)

  • すいているのに相席(Rooftop2017年4月号)

    「すいているのに相席5」開催記念! 出演者全員、初顔合わせインタビュー決行!

    「すいているのに相席」は、バッファロー吾郎A、せきしろ、上田誠(ヨーロッパ企画)の三人による脚本を、…(2017.04.01)

  • 三星めがね(漫画家)(Rooftop2017年4月号)

    キャラクターを通すとおしゃべりになってしまうんです

    ヤンデレヒロインと複雑な家庭事情、一見するとシリアスドラマとなりそうな要素を軽快な会話劇と明るいキャ…(2017.04.01)

  • 幸也(Kαin)×seek(Mix Speaker's,Inc.)【前半】(web Rooftop2017年3月号)

    新宿LOFTが歌舞伎町に移転して今年の4月24日で早18周年を迎える。
    18周年公演として開催するmaster+mind公演で、4月8日に2マンを行なう、Kαinの幸也とMix Speaker’s,Inc.のseekによるスペシャル対談!!

    意外にも公の場でがっつりと絡むのが初の幸也とseek。代表者としての悩みや考え方、バンドを持続してい…(2017.03.28)

  • A11yourDays(web Rooftop2017年3月号)

    「A11yourDays」がすべての「あなた」に贈る最初の一歩とは

    突如、音楽シーンに現れた多国籍バンド「A11yourDays」。韓国と日本のハーフであるSOGYON…(2017.03.10)

  • イギリス人(Rooftop2017年3月号)

    イギリス人の上京物語!

    前代未聞! 楽しくって美しくって汚くって優しくって切なくって心揺さぶるメロディーとリリックが特徴(公…(2017.03.01)

  • 鳴ル銅鑼(Rooftop2017年3月号)

    「こうあるべき」を壊し新たな世界を生むということ、そして自己の中にあるものを音楽で再表現するということ

    今年で4年目を迎える鳴ル銅鑼。結成後、間も無く「RO69JACK 2014」出場や「ROCK IN …(2017.03.01)

  • kinoko
  • he

インタビュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS