トップ > インタビュー > THE MACKSHOW(Rooftop2018年4月号)

THE MACKSHOW(Rooftop2018年4月号)

あたかもむかしからあるような曲をつくりたい

──「GET DOWN THE MACKSHOW」から連なる「導火線に火をつけろ!」は「派手にやれ!(Mach Shau!)」と同じように3人交互にボーカルを取る曲で、アルバムの世界に一気に引き込まれますね。

KOZZY:聴いてもらえればわかる通り、3人交互で唄うとかなりデコボコしてるよね。もうちょっと覚えてから唄ったら? みたいな(笑)。

──トミーさんのパートの「右に左にシャクって 非常線を跳び越えろ」という歌詞がインパクトありますね。

KOZZY:「シャクる」って意味がわかんないでしょ?

BIKE BOY:広島弁なんですか? 僕もわからないですね。

TOMMY:そうか、みんなわかんないのか。いまのいままで方言なのを知らなかったよ(笑)。あえて言うなら「煽る」みたいな感じかな。バイクに乗ってるときに「シャクって行け」と言えば「合間を縫って行け」みたいなさ。

KOZZY:広島でも原住民みたいな人しか使わない言葉だよね。それがわかる方面だけに感づいていただければいいかなと思って(笑)。

──歌詞の面白さで言うと、バイクボーイさんが唄う「イカしたグッドタイム」の「ラジオから流れるマッシュポテト/煮ても焼いても食えやしないぜ」という一節も耳に引っかかるんですよね。

KOZZY:まぁ、芋ってことだよね(笑)。バイクボーイの歌入れには今回も時間がかかったよ。

BIKE BOY:僕が全然唄えなかったので、いろいろと調整してもらったんですよ。「イカしたグッドタイム」は唄えるまで何とか唄いきったんですけど、「導火線に火をつけろ!」は日を改めてメロディ自体を変えてもらったんです。

KOZZY:メロどころか曲自体を変えたんだよ。トミーも唄えてるうちに入らなかったけどね(笑)。

TOMMY:あわあわ言ってるだけだったからね(笑)。

KOZZY:僕がいつも心がけてるのは新曲っぽくない感じにしたいというか、あたかもむかしからあったような曲をつくりたいということでね。新曲なのに、聴いた人が「この曲知ってるよ!」って言っちゃうようなさ。こう見えてプリプロもちゃんとやるし、完成形に近いデモを前もってつくるわけ。その上で一気に録りに入るんだけど、トミーとバイクボーイが唄う曲も僕がちゃんと唄っておかないと2人はどう唄えばいいかわからない。だからデモでもちゃんと唄うんだけど、それでも僕の歌のイメージが2人には伝わらないんだよ(笑)。

BIKE BOY:デモを何十回も聴いてメロディを頭に叩き込ませるんですけど、コージーさんはすごくラクそうに唄ってるんですよ。だから俺もいけそうだなと思うんだけど、実際に声を出してみると全然唄えないんです。

KOZZY:そりゃ難しいよね。あたかもむかしからあるみたいな新曲をこなれた感じで唄うのはさ。まぁ、今回バイクボーイが唄ってる曲はとにかくフレッシュだよね。何年やってるバンドなんだよ? っていうか、初期感がすごい(笑)。

──「イカしたグッドタイム」はビートルズで言えばジョージの唄う曲でジョンとポールが1本のマイクでコーラスを入れる様が目に浮かぶ、コーラスワークの妙が楽しめる曲ですね。

KOZZY:まさにそんな感じ。「イカしたグッドタイム」のメインはコーラスだから(笑)。ライブで僕とトミーが1本のマイクでコーラスするのを想定してつくったしね。ライブ映えする感じというかさ。

ライヴ サブ.jpg── 一方、「ハイヒール・スニーカーズ」ならぬ「ハイヒールとスニーカー」はトミーさんがボーカルを取るブルージーなナンバーで。

KOZZY:ある意味、替え歌とも言うかもしれないけどね(笑)。

──スライドギターの音色が程よい隠し味になっていますね。

KOZZY:あのスライドギターの部分はどうしてもエレクトリックシタールで弾きたかったんだよ。あの曲の設定は50年代、60年代のロックンロールそのものじゃなくて、1968年くらいにロックンロール・リバイバルが巻き起こったときのロックンロールみたいな感じにしたかった。シャ・ナ・ナとかね。それでエレクトリックシタールでソロを弾いてみたかったんだけど、たかだか2小節くらいのために何十万も出せなくてさ(笑)。

──「ハイヒールとスニーカー」のトミーさんの歌は曲調とも合っていてすごくいいですよね。

TOMMY:いやぁ、歌はやっぱりなかなか難しいよね。

KOZZY:すごくいいと思うよ。まぁ、だいぶ追い込みをかけたからね。初期のピンク・レディーとか、10代の女の子に怒りまくるプロデューサーみたいに(笑)。

TOMMY:かなり追い込まれたし、しかも歌入れが朝の5時くらいからなんだよね。声が出る時間じゃないからもうちょっと早く始めてほしいなと思ったんだけど(笑)。

 

うまく弾くよりも伝わるものがあるのを優先する

──コージーさんのなかでトミーさんに合う曲、バイクボーイさんに合う曲の線引きはどんなところにあるんですか。

KOZZY:どんな曲でも合うとは思うんだけど、2人ともまずバラードはないよね(笑)。リスナーの皆さんはすでにお気づきの通り、バイクボーイが音痴なのは確定事項でね。音程も取れなきゃリズムも悪い。だけどバイクボーイなりの良さが出るのは「イカしたグッドタイム」みたいに明るめな曲、テンポの良いロックンロールなんだよね。ライブでもそういうタイプの曲を唄ってほしいのもあるので、バイクボーイの唄う曲はそこから大きくは外れないかな。まぁ、「イカしたグッドタイム」は30秒くらいでつくった曲だけどね(笑)。「あれ? 今回は俺が唄う曲がないんですね」って言うから、デモを全部つくり終えてからつくった。

BIKE BOY:デモにはなかったですもんね。

KOZZY:デモにあった曲と被らなくて、ドラムの叩きがいがある曲っていうのかな。そういうドラムきっかけとか、ライブでやることを前提で考えて毎回つくってる。自分で唄わないから一番気楽につくれるね。

──ドラムの叩きがいがあると言えば、「導火線に火をつけろ!」のドラム連打は凄まじくパワフルでパンチがありますね。

KOZZY:アルバムのオープニングないしは2曲目くらいで連打が入ってくるイメージがあったし、そういうロックンロールのレコードがほしくてね。

──トミーさんが唄う曲の基準みたいなものは?

KOZZY:トミーに関してはほとんど何も考えない。どれが一番しっくりくるかな? くらいでね。技術的に難しい曲は唄えないし、合わないから。今回はベースから入るミディアム・テンポのいい感じの曲をデモの段階でつくってあって、これはトミーに唄ってもらおうと決めてたんだけど、ちょっとイメージと違ったのでボツにしたんだよね。その代わりトミーが好きだっていう「ハイヒールとスニーカー」を唄ってもらったわけ。

TOMMY:単純にサビの「ハイヒールとスニーカー」って部分を言ってみたかっただけなんだけどね(笑)。

KOZZY:サビを唄う画が見えてたらしいから、じゃあ唄ってよ、ってことでね。

20170429_ms_0060.jpg──高水準のクオリティを誇る今回の楽曲群のなかでもとりわけ名曲だと思うのは「ゴールデンバット」で、コージーさんの上京当時と思しき心象風景を描いた歌詞と心をくすぐられるメロディが相まって、青春のきらめきを真空パックしたような傑作ではないかなと。

KOZZY:キラキラするように心がけたからね(笑)。上京したての頃のまっさらな気持ちを忘れがちだし、そういうのを忘れずに残しておきたかったというかさ。メロディもあまり大人っぽくしない感じにしてね。「ゴールデンバット」はわりとすんなりできたかな。歌詞はあとでいろいろいじったけどね。

TOMMY:でも演奏はけっこう大変だったよね。

BIKE BOY:一番苦戦したし、一番多くテイクを録ったと思います。

──キュンとするニュアンスがうまく出せなかったとか?

KOZZY:そういうことだね。テンポがピッチリすぎても古めかしいロックンロールになっちゃうし、暴れすぎても若い感じになっちゃうし。それにあまりうまく演奏したくないっていうのもあってね。この歳になってちゃんとギターも弾けるからうまくやろうと思えばできるけど、マックショウの曲はギター・ソロをあまりうまく弾きたくないから意外と録るのに時間がかかる。うまく弾くことよりも伝わるものがあるほうを優先しちゃうんだよね。若い頃にギター・ソロが全然弾けなくて、ディレクターに「お前、いい加減にしろよ! そんなにテープを回したら低音がなくなっちゃうだろ!」って怒られたときのことを思い出しながら弾いてるよ(笑)。

──ゴールデンバットというのは、かつて両切りタイプだった紙巻きタバコのことですよね?

KOZZY:うん。もうタバコを吸わなくなって長いけど、むかしは現場に働きに行くとみんな安いゴールデンバットを吸っててね。

──ジェームズ・ディーンとジョン・レノンが歌詞に出てくるのは?

KOZZY:僕が行ってた福生の工事現場は、ジェームズ・ディーンの絵が描いてあるビルでね。その工事現場の上から見てる風景を歌詞にしてみた。

 

GET DOWN THE MACKSHOW

昭和九十三年四月十一日(水)発売
【Special Edition】2枚組(CD+DVD)/ SPACE-010 / ¥5,000+税
【通常盤】CD1枚組 / SPACE-011 / ¥2,700+税
発売・販売:株式会社スペースエイジ
LABEL:B.A.D RECORDS UNITED

【SPECIAL EDITION DISC-1】&【通常盤】※CD収録曲
01. GET DOWN THE MACKSHOW
02. 導火線に火をつけろ!
03. ミッドナイト・ラン
04. 恋のクレイジーパラダイス
05. 彼女はパーフェクト
06. Take you to the moon
07. 今宵はSpecialty
08. イカしたグッドタイム
09. 今夜はベリーグッド
10. ゴールデンバット
11. あの娘はビートニク
12. ハイヒールとスニーカー
13. 古いフォトグラフ
14. レッド・ホット!
【SPECIAL EDITION DISC-2】※DVD収録曲
ザ・マックショウ「昭和の日」記念コンサート 昭和九十二年四月二十九日 於 東京キネマ倶楽部
01. グリース・ミー
02. ナナハン小僧のテーマ
03. トゥイスティン・ナンバーワン
04. 派手にやれ!
05. 380
06. ケンとメリーのバラード
07. 恋のマジックドライヴィン
08. 道化師
09. 今夜はスタンドバイミー
10. 夜はつかのま
11. 怪人二十面相
12. 高速ヘヴン

Live info.

スーパー神田ナイト 〜キャノンボール・フェスティバル東京 2018 振替公演〜
出演:THE MACKSHOW / THE NEATBEATS / LUV-ENDERS / THE FOREVERS / THE THROTTLE / LTD EXHAUST II / DROP DOLL / 石橋勲BAND / DJ:DANNY
★昭和93年(2018年)4月22日(日)下北沢GARDEN
開場 AM11:30 / 開演 PM12:00
前売 ¥4,000(ドリンク代別)
※『キャノンボール・フェスティバル 2018』のチケットは振替公演にそのまま有効です。
※公演当日AM10:00より会場にて入場整理券を配布します。入場は整理番号順となります。
※会場周辺に駐車場はございません。路肩にも駐車出来ません。道路すらありません。公共交通機関でのご来場をお願いします(確実にマークされてます)。
問い合わせ:Zeppライブ 03-5575-5170(平日13:00〜17:00)
*チケット取扱店:原宿カウンターアクション(03-3423-8227)、足利ミラクルウーマン(0284-41-6647)、SODA POP(047-326-5999)
*プレイガイド・チケット発売中:ローソンチケット(Lコード 74143)、チケットぴあ(Pコード112-584)、イープラス

『GET DOWN THE MACKSHOW』レコ発ライブツアー第一弾!
★昭和93年4月27日(金)広島CLUB QUATTRO
OPEN 18:30 / START 19:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000円(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:CLUB QUATTRO 082-542-2280
チケット取扱店:QUADROPHENIA  0829-30-3007
ローソンチケット(Lコード 62849)チケットぴあ(Pコード112-909)、イープラスエディオン広島本店プレイガイドタワーレコード広島店
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年4月28日(土)宇部ZAN★CRO BLUES
OPEN 19:00 / START 19:30
前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:ZAN★CRO BLUES 0836-39-5865
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年4月29日(日)福岡CB
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:CB 092-732-7575
ローソンチケット(Lコード 83007)、チケットぴあ(Pコード112-263)
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年5月12日(土)守山BLUE
OPEN 18:00 / START 19:00
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:BLUE 077-582-1536
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年5月13日(日)岡山デスペラード
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:デスペラード 086-225-5044
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年5月19日(土)福島OUT LINE
OPEN 18:30 / START 19:00
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:OUTLINE  024-597-7201 ヒローズファクトリー 024-545-8644&チケット予約メールはこちら
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年5月20日(日)宇都宮ポップガレージ
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:ポップガレージ 028-664-0345
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年5月26日(土)本八幡サードステージ
OPEN 18:30 / START 19:00
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
出演:ザ・マックショウ / 石橋勲BAND
問い合わせ:サードステージ 047-333-2254
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月1日(金)名古屋E.L.L
OPEN 19:00 / START 19:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:E.L.L 052-201-5004
ローソンチケット(Lコード 43248)、チケットぴあ(Pコード112-584)
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月2日(土)大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
OPEN 18:30 / START 19:00
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:セカンドライン 06-6453-1985 アイエヌジープラス 090-1951-9363(ヒライシン)
ローソンチケット(Lコード 52345)、チケットぴあ(Pコード112-871)、イープラス
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月3日(日)高知BAY5 SQUARE
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:BAY5 SQUARE 088-834-4177 BLUE SKY 088-848-0225
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月9日(土)函館CLUB COCOA
OPEN 18:00 / START 18:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
出演:ザ・マックショウ / 怪人二十面相
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:COCOA  0138-45-2002
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月10日(日)札幌PIGSTY
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:PIGSTY 011-868-8658
ローソンチケット(Lコード 11703)
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月16日(土)唐津ROCK BAR THE ROOTS
OPEN 18:30 / START 19:00
前売 ¥4,000 / ¥4,500(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:ジュリア原 090-4344-2016 脇山住建 090-8764-1969
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月17日(日)熊本Django
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は身分証明書をご提示で¥1,000キャッシュバック
※18歳未満は身分証明書をご提示でドリンク代のみで入場可(身分証明書の提示がない場合は無効になりますので御注意下さい。キャッシュバックはDjango店頭販売のみ対象とさせて頂きます)
※キャッシュバックについてのご質問はDjangoにお願い致します。
出演:ザ・マックショウ / 仁輪加 他
問い合わせ:Django 096-355-6960

★昭和93年6月23日(土)仙台DARWIN
OPEN 18:00 / START 19:00
前売 ¥4,500 / ¥5,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:GIP 022-222-9999
ローソンチケット(Lコード 22504)、チケットぴあ(Pコード112-676)、イープラス
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください

★昭和93年6月24日(日)茨城 club SONIC mito
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥3,500 / ¥4,000(ともにドリンク代別)
※25歳以下は¥1,000キャッシュバック、18歳未満はドリンク代のみで入場可
問い合わせ:SONIC 029-300-2233
チケットぴあ(Pコード113-090)、イープラス
*25歳以下の方は必ず身分証明書を持参ください