トップ > レビュー >MUSIC > RYUTist 「柳都芸妓」

MUSIC  | CD

RYUTist 「柳都芸妓」

PENGUIN DISC
2,778yen+tax
IN STORES NOW

amazon

 良質ポップスというのは良質すぎるとサラリと聴きながしてしまいますが、このアルバムは全曲にアイドルらしいキラキラ感がちりばめられており、「最高にちょうどいい」のです。ウキウキするリズムで、楽しそうに歌っているところが目に浮かぶような、母音しっかり系のちょっとハネる歌い方、お好きでしょう? メンバー4人とも声がみずみずしいので誰も悪目立ちせず、ソロもユニゾンもハモりも心地良い…という、安定した実力があるのに、何がなんでも東京でのしあがる! という気概がなく、大きなフェス出演時にも地元新潟のゆるキャラPRをすることに時間を割いてしまったりと、とにかく、「自分たちの生まれた場所での活動を大切にする」という彼女たちが歌うからこそ、「ようこそ!わたしの町へ 光の雨が降る町へ(わたしのこみち)」「これからもずっとずっとこの街で暮らしてく(サンディー)」という歌詞が沁みます。間違いなく名盤。(成宮アイコ)