トップ > レビュー >MUSIC > Tempalay / from JAPAN 2

MUSIC  | CD

Tempalay / from JAPAN 2

PCD-83002
2,484(tax in)
IN STORES NOW

amazon

 浮遊感のあるリバーブサウンドが特徴的なギターと、変幻自在ながらずっしりとしたリズム隊、陰ながら曲を引き立てるドリーミーなシンセ。”極彩のサイケデリック・ポップ”と形容されるハイセンスなサウンドワークが特徴なTempalay。今作ではそれらを継承しつつもより歌を聴かせ、よりポップスとしての色が強まっている。また、アルバムの序盤では曲の展開、ビートの展開が特徴的な曲が多く、彼らの中毒的なサウンドにさらに多幸感が増し、グッとアルバムに引き込まれる。そして終盤に差し掛かると、西海岸の匂いを漂わせつつ美メロを聴かせるような、美しくもどこか懐かしい雰囲気が感じられるようになり、アルバムを通して”極彩のサイケデリック・ポップ”を体現しているように感じた。アルバムのどこを切り取っても気持ち良く、この1枚から得られるトリップ体験はまさしく、音楽に酔うというよく聞く表現そのものであるように思える。(新宿LOFT:小林 駿仁)