トップ > レビュー >MUSIC > シャムキャッツ / Friends Again

MUSIC  | CD

シャムキャッツ / Friends Again

TETRA-1005
2,916yen(tax in)
IN STORES NOW

amazon

 昨年、自主レーベル「TETRA RECORDS」での活動をスタートさせたシャムキャッツ。今回のアルバムはその「TETRA RECORDS」から発売される、記念すべき初のアルバムである。 
 全曲通して、アコースティック・ギターの爽やかなストロークとバンドのアンサンブルが同居しているのだが、曲によって、おちゃめな雰囲気や塩っぽい雰囲気、大人っぽい雰囲気と色を変えている。控えめな曲調ながらも、良い意味で彼らの”我”が出ていており、彼らの彼らにしかできない”ロック”というモノを追及しているのが感じられる。また、私も大好きな歌詞面は、思わず自分になぞらえてしまうような、あってないような、ないようであるような、そんな日常に寄り添う歌詞世界が広がっており、歩いている時、電車に乗っている時など、何気ない日常の風景に、いつもと違うが内側のどこからか溢れてくるドキドキをプラスしてくれる。聴き手それぞれの日常で、夏の日差しと共に受け止めてほしい1枚だ。(新宿LOFT:小林 駿仁)