トップ > レビュー >MUSIC > ネズミハナビ / 触ると死ぬほど痛い花

MUSIC  | CD

ネズミハナビ / 触ると死ぬほど痛い花

MSH-308
1,890yen(tax in)
2017年3月8日(水)発売

amazon

1. アザミ
2. エスプレッソ
3. 切なさに酔っている。
4. 戦場の花嫁
5. シネマパラダイス
6. Singer.
7. 聖者の行進

 待ち望んでいた3年ぶりの新作フルアルバムは1曲目の「アザミ」から疾走感のあるネズミハナビ節全開! もったいぶらせない全力でのスタートに、これを聴きたかったんだ…! と思わず手のひらを握りしめてしまった。「エスプレッソ」で繰り返される"この部屋で感じる全ての悩みを愛してます"という覚悟は、メンバー脱退を乗り越えてなお音楽を続ける彼らの姿に重なって泣ける。“終わりから数えるような恋愛体質/燃えるゴミにもならないような意地の張り方が好きです”(「切なさに酔っている。」)といった隠したい胸のうちを簡単に暴かれてしまうvo.吉田が綴る歌詞の気持ち良さも健在。言葉のひとつひとつを愛おしそうに歌う「戦場の花嫁」「聖者の行進」の泣いているかのような裏声は美しくて息を飲んだ。吉田諒と北尾’クーニー’邦彦の2人が鳴らし続けるネズミハナビがこれからどこへ向かうのか、リアルタイムで見ていられることが幸せでならない。(成宮アイコ)