トップ > レビュー >CULTURE > ライカンスロープの冒険保険 2巻 / 西義之

CULTURE  | BOOK

ライカンスロープの冒険保険 2巻 / 西義之

集英社
514yen+tax

amazon

 異世界といえば転生することが王道となりつつある現在では少数派? になった感もある王道のファンタジー作品。そんな世界で経営されている保険屋を舞台とした今作。職種としては近代のものなのでともすると世界観にそぐわない感もありますが、「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」をはじめファンタジー作品を描くことに定評ある西義之の手にかかれると馴染むのは勿論、魔法や召喚をこういう形で使って保険を表現するのかと関心させられてしまいました。もちろん作品の魅力は技巧的な部分だけではなく、キャラクターや物語も素晴らしく、世界観とともに相乗効果を生み出しています。2巻に入ったことで少しずつ紐解かれてきた、社長(主人公)の過去やこの世界が抱える闇の部分。ただ、明るく楽しく進むだけはないこの物語はどのように展開していくのかが楽しみになり気が付くとページを開いています。2巻とスグに追いつけるので特にファンタジー好きは是非。(Asagaya/Loft A:柏木聡)