トップ > レビュー >CULTURE > いぬむこいり

CULTURE  | MOVIE

いぬむこいり

 東京で小学校の教師をつとめる梓(有森也実)には、自分の家に先祖代々伝わる物語があった。それは、お姫様と軍功を上げた家来の犬が結婚するという不思議な「犬婿入り」伝説。日本各地の村で様々に形を変えて語り継がれてきた「犬婿入り」をモチーフに現代的な風刺とエロティシズムを交錯させたこの特異な物語を作ったのは『アジアの純真』『TAP 完全なる飼育』などの監督で知られる片嶋一貴。キャストも一筋縄ではいかない個性的な役者が勢揃いで、ゴロツキの革命家役に石橋蓮司、引きこもりのギタリスト役に柄本明、孤高の戦士ナマゴン役にPANTA、卑弥呼役に緑魔子、そして「勝手にしやがれ」の武藤昭平がペテン師役として登場する。はたして人間にとって物語とは何なのか? 現代の不自由な社会に対して、この不条理な伝説はどんな意味を投げかけるのか? ぜひ多くの人にこの究極のエロスと美しいパンクな空想空間を目撃して欲しい。(加藤梅造)