トップ > ニュース > 奥田民生"カンタンカンタビレ"Vol.15ゲストにYO-KINGを迎えた「キタクドライブ driving with YO-KING」配信スタート!

奥田民生"カンタンカンタビレ"Vol.15ゲストにYO-KINGを迎えた「キタクドライブ driving with YO-KING」配信スタート! 2018.04.04

1502a.jpg
奥田民生が レーベル公式YouTubeチャンネルで公開中のプロジェクト“カンタンカンタビレ”。通算15曲目の今回、ゲストに“東京都北区”出身のYO-KING(真心ブラザーズ)を迎えレコーディングを行っていた「キタクドライブ」が完成し、本日4月4日(水)に、曲名を「キタクドライブ driving with YO-KING」として配信がスタートした。(配信はこちらから(iTunes、レコチョク、mora等))
 
この「~ドライブ」シリーズの曲は、もともとは奥田がcharへ提供した「トキオドライブ」が原曲で、このカンタンカンタビレプロジェクトで奥田自身がセルフカバーしていた。その後、盟友である栃木県出身の浜崎貴司と「トキオドライブ」の栃木弁バージョンとして「トチギドライブ」を作っており、今回はその続編となっている。「キタクドライブ」は、江戸言葉的な言い回し、いわゆる東京弁を随所に用いた歌詞で、2人の気のおけない関係がよくわかる、そしてコントさながらの掛け合いが愉快な1曲となっている。
 
今後、奥田民生は、4月14日(土)より全国ツアー「MTRY TOUR 2018」をスタートさせる。配信は今後も不定期に続いていくとのことで、またの再開を楽しみに待とう。
 
※カンタンカンタビレとは
アナログレコーディング最盛期に大活躍した名機で、現在は入手困難という“8トラックオープンリールテープレコーダー「TEAC 33-8」”、“アナログミキサー「TASCAM M-208」”を使用して行う、宅録スタイルのDIYレコーディングプロジェクト。ギター・ベース・ボーカル・コーラスの録音から音のミックス作業までのレコーディングを、全て奥田の作業部屋で行っており、その様子をYouTubeで公開している。映像では、奥田自ら視聴者へ向け、作業について丁寧に解説しており、完成した楽曲はレコーディング終了後に即日配信される。
 
4/4 (水)配信スタート カンタンカンタビレ vol.15
「キタクドライブ driving with YO-KING」
原曲は、奥田民生が2015年にCharへ提供した「トキオドライブ」で、カンタンカンタビレvol.1で奥田自身がセルフカバーしている。「トキオドライブ」の栃木弁替え歌バージョン「トチギドライブ driving with 浜崎貴司」に続き、ボーカルと作詞に、東京都北区出身のYO-KING(真心ブラザーズ)を迎えている。
 
 
 
 
ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • haku
  • lpo