トップ > ニュース > 怒髪天の清水泰次と同郷の幼なじみの影山裕之による「GARAKUTA KOJO」、ワンマンライブ&トーク終演後に「公開打ち上げ新年会」を急遽開催! オリジナルグッズの詳細も発表!

怒髪天の清水泰次と同郷の幼なじみの影山裕之による「GARAKUTA KOJO」、ワンマンライブ&トーク終演後に「公開打ち上げ新年会」を急遽開催! オリジナルグッズの詳細も発表! 2017.12.28

garakuta_main.jpg怒髪天のベーシスト・清水泰次と、同郷の幼なじみの影山裕之による弾き語りユニット「GARAKUTA KOJO」が来年1月7日(日)に東京歌舞伎町のロフトプラスワンで行なう『GARAKUTA KOJO ガラ・コンサート&ガラ・トーク 2018』の後に、同会場で「公開打ち上げ新年会」を急遽開催することが発表された。

昼の部の本編である『ガラ・コンサート&ガラ・トーク』終演後、17:30から行なわれるこの「新年会」は、この時間帯のみの余興あり、特製鍋あり、お客さんと一緒になって打ち上げを楽しもうという企画。昼の部から参加の方は500円割引で参加可能。もちろんこの「公開打ち上げ新年会」から参加することもできる。
チケットの予約はロフトプラスワンweb予約にて12月28日(木)17:00より受付が開始される。

また、今回の『ガラ・コンサート&ガラ・トーク』で発売されるオリジナルグッズの詳細も発表された。

IMG_4146.JPG怒髪天やeastern youth、fOULのアルバムジャケットやフライヤー等で知られるデザイナー、石川兄貴がこのイベントのためだけにアートワークを手がけたTシャツ(ボディはイエロー、グリーン、グレーの3種類 / サイズ=S、M、L / 各2,000円)、缶バッチ(3種類 / サイズ25mm / 各300円)がそれぞれ限定50枚(個)用意される。

image1-1.jpegimage2.jpegTシャツに刻印された「750ml」、「consomme punch」「source of vitality」「lactic acid bacteria」とは果たして何を意味するのか?
缶バッチの柄が某炭酸飲料なのはなぜか? トンボの柄なのはなぜか?
すべての答えは1月7日(日)、ロフトプラスワンで明らかとなる!

ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • haku
  • lpo