トップ > ニュース > 杉本恭一の最新作『STEREO 8』から「電撃」のミュージックビデオが公開

杉本恭一の最新作『STEREO 8』から「電撃」のミュージックビデオが公開 2016.12.02

杉本恭一アー写.jpg通算8枚目となるアルバム『STEREO 8』を先月発表し、現在は『Tail Peace Tour 2016』を鋭意敢行中の杉本恭一が「電撃」のミュージックビデオを公開した。

ザクザクと斬り刻むビートが心地好い「電撃」は岡本太郎の同名の油彩画がモチーフとなっており、アートと音楽の融合をテーマにした『STEREO 8』を象徴する一曲。

杉本恭一ジャケ.jpg今年の春に岡本太郎の『電撃』(2006年に約60年ぶりに発見された油彩画)を初めて見た時の衝撃をそのまま音にしてみた。「無敵になって挑みぶち壊す 覚悟の様なキツイ一発だ」という歌詞があるけど、あの絵を見た時にまさにそんなことを感じたんだよね。あと、去年の夏から奥村大(wash?)っていうギタリストと一緒にライブをやるようになったんだけど、「電撃」はヤツのギターからインスパイアを受けた部分もある。『7↓8↑』の時は中畑大樹(syrup16g、VOLA & THE ORIENTAL MACHINE)っていうドラマーと新たに組んでライブをやっていくなかで「天国ロックショー」みたいな曲が生まれたように、「電撃」は俺のなかで大のファズギターと岡本太郎の絵がリンクして出来たんだよね。(杉本恭一)

「電撃」のミュージックビデオには、アルバム制作とツアーにも参加している奥村大(g)、有江嘉典(b)、中畑大樹(ds)も出演。
監督は緒車寿一、美術はSKULLPOP & JELL-Oと、今年の春に開催された『STOWAWAY』(“音楽とアートの融合”をテーマにした展覧会)でも杉本とコラボレーションを果たした盟友たちが制作に携わっている。

『Tail Peace Tour 2016』も東名阪を残すのみ。12月10日(土)の名古屋ell. SIZE、12月11日(日)の大阪ROCKTOWN、12月23日(金・祝)の下北沢GARDENでも「電撃」はライブの要となる曲として披露されるだろう。
 

ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo