トップ > ニュース > 松永天馬(アーバンギャルド)の『脳病院vol.5 一周年スペシャル!』のゲストにGOMESSと吉田凛音が出演決定! 大阪にも初上陸!

松永天馬(アーバンギャルド)の『脳病院vol.5 一周年スペシャル!』のゲストにGOMESSと吉田凛音が出演決定! 大阪にも初上陸! 2016.09.30

matsunaga-アー写.jpgトラウマテクノポップバンド、アーバンギャルドの松永天馬が新宿ロフトプラスワンにて開催しているシリーズ企画『松永天馬脳病院』が、1周年を迎える2016年11月3日(木・祝)に、「脳病院 vol.5 一周年スペシャル」を開催する。

Vol.1のゲストには、NHK Eテレ『Let's天才てれびくん』で共演しているラバーガールを招き「テレビ業界の秘密に迫る」をテーマに語るなど、毎回ゲストを迎えて様々なテーマを企画、開催してきた。

5回目になる今回は、「フリースタイルビョウイン」と題し、GOMESSと吉田凛音という2人のラッパーをゲストに招き、遂に松永が本格的なフリースタイル・バトルの世界に挑戦!?
 
松永・浜崎脳病院用アー写.jpgそして、11月12日(土)には大阪にも初上陸。『松永天馬脳病院 vol.6出張外来スペシャル!〜大阪で生まれた患者〜』と題して、ロフトプラスワンウエストにて開催する。ゲストには『脳病院』では初めてとなる、アーバンギャルドのボーカル・浜崎容子が登場。トークやお悩み相談、そしてライブと繰り広げる。
アーバンギャルドとはまた違った魅力あふれる「松永天馬ワールド」を期待していただきたい。

『脳病院 vol.5 一周年スペシャル〜フリースタイルビョウイン〜』ゲスト紹介

GOMESS.JPGGOMESS
1994年生まれ、静岡出身。第二回高校生ラップ選手権準優勝。
自閉症と共に生きるラッパーとして注目を集め2014年にCDデビュー。
自身について歌った代表作「人間失格」「LIFE」の迫る言葉、彼の生き様は表現者として各所に評価される。
中原中也の朗読カバー「盲目の秋」は中原中也記念館でも楽曲展示され、民謡日本一の朝倉さやとのコラボ楽曲「River BoatSong」収録のCD『River Boat Song-FutureTrax-』が第57回日本レコード大賞企画賞を受賞など、ジャンルを超えた数多くの表現者との交流・共演を多くこなし、GOMESSは新しいカルチャーとして確立し始めている。

吉田凜音.JPG吉田凜音
2000年12月11日生まれ。高校1年生。2016年、地元北海道から本格的にアーティスト活動に専念すべく上京。
2014年11月にノーナ・リーヴスの西寺郷太プロデュースによるシングル『恋のサンクチュアリ!』で当時中学2年生13歳にしてメジャー・デビューを果たす。
バラエティ番組『関ジャニの仕分け∞』の「歌うまキッズVSプロの歌手!カラオケ得点対決!」に出演し、各界から話題を集めた。独自のファッションセンスも同世代の女子から高い共感を集め、ファッション誌にも掲載されるほか、映画への出演も果たしている。マルチな才能が光る、2000年生まれ世代代表の一人。2016年、新たにラップ・プロジェクト始動。