トップ > ニュース > 「山崎春美のこむらがえる夜」第五夜には名物編集者・末井 昭が登場

「山崎春美のこむらがえる夜」第五夜には名物編集者・末井 昭が登場 2014.09.17

komuragaeruyoru_gazou.jpg山崎春美がさまざまなゲストを迎えて70〜80年代の雑誌文化を語り尽くす連続トークイベント「山崎春美のこむらがえる夜」。
松岡正剛、宇川直宏、山本精一、いとうせいこうに続く第五夜には、編集者・エッセイスト・サックス奏者の末井昭が登場、9月20日(土)新宿ネイキッドロフトにて開催される。

harumi.jpg末井顔写真.jpg1976年に「ロック・マガジン」でデビューし、さまざまな雑誌の編集者・寄稿者として、「ガセネタ」のボーカリスト、「タコ」の主宰者として当時のシーンを闊歩した山崎春美と、1977年の「ウィークエンド・スーパー」の創刊以来、数々の雑誌の創始者として長年雑誌文化に影響を及ぼし続け、現在ではエッセイスト、昭和歌謡バンド「ペーソス」のサックス奏者としても活躍する末井 昭が、30年以上の時を経て、当時と現在を語る。

また、山崎春美、末井 昭はともに、ミュージシャンとして12月4日(木)に新宿ロフトで開催される「渚ようこリサイタル2014<新宿アウトロウショー〜五悪人色不異空篇>」にも出演。「山崎春美のこむらがえる夜」第五夜では、渚ようこからの資料提供も予定されている。

ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo