トップ > ニュース > 加倉ミサト+ブッチャーズ小松正宏=SOSITE〈ソシテ〉

加倉ミサト+ブッチャーズ小松正宏=SOSITE〈ソシテ〉 2010.11.26

s-sosite_ap3.jpg札幌出身のギタリスト 加倉ミサト、日本のオルタナティヴ・シーンにおける至宝ドラマー 小松正宏(bloodthirsty butchers/FOE)の2ピースデュオ・バンド、SOSITE〈ソシテ〉が来年1月12日にファースト・アルバム『IMU』〈イム〉を発表することになった。
変則的なフレーズと独特な隙間に絶妙に入り込むタイトなリズム。
単音リフのシリアスな緊張感から、パワフルに畳み掛けるドラムと、激しく掻き鳴らされる不協和音で一気に上りつめる鳥肌もの展開。
意味深で妙な曲タイトルから連想する、物語が浮かび上がってくるように変拍子で繰り広げられる楽曲を、ギターとドラムのみの2ピースという極シンプルな構成ながら豊かに表現。聴き進めるうちに謎が浮かびつつ惹き寄せられていく。
レコーディング・エンジニアには、54-71のベーシストでリーダーである奇才 川口賢太郎を起用。
強烈な個性と研ぎ澄まされた感性を持つ奇才川口のミックスにより、SOSITEの摩訶不思議な楽曲が一層引き出された音像に。
加倉ミサトの唯一無二の稀有な世界観と、小松正宏の卓越したドラム・センスが生み出す、ミステリアスな魅力満載の大注目作品だ。

【SOSITE BIOGRAPHY】
2005年10月:札幌にて、当時女子大生だったギターの加倉ミサトと、ドラムの鈴木麻育子でSOSITEの前身バンド『ネクタリン』を結成。札幌を主軸に活動。
2006年5月:『ネクタリン』から『SOSITE』に改名。
2008年:活動の場を札幌から東京に移す。
2009年5月:ドラムの鈴木麻育子が西荻窪FLATの企画にて脱退。
2009年8月:新ドラマーに同郷北海道出身の大先輩であリbloodthirsty butchers/FOEで活躍中の小松正宏を迎え、活動を再開。

ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • lpo
  • mamono