トップ > インタビュー > エル・カブキ(Rooftop2018年6月号)

エル・カブキ(Rooftop2018年6月号)

 自らを「マセキ芸能社の浅草キッド、エル・カブキです。」と名乗り、毎日配信しているYouTube番組では、ありとあらゆる時事ネタニュースを気持ちよくぶった斬る。その気持ち良いぶった斬りネタを放り込んだ漫才は面白さも毒もふんだんに溢れ、ハマる人が続出している。また自分がハマるだけでなく、エル・カブキの二人にハマりたいと思ってしまう人が続出中。そんな魅力溢れるコンビが初の公開収録ライブを開催、今のうちからその魅力に溺れて損はない。[interview・構成:鈴木恵(LOFT / PLUS ONE)/高橋啓]

今とつながるルーツ

 

——ロフトプラスワンの存在は知ってましたか?

エル上田(以下:上田):名前は知ってて、ツッコミとかで使ってました。

デロリアン林(以下:林):僕はツッコまれててウケてるのを見てたんですけど、知らなかったです。

上田芸風的にロフト系にあまり出てないっていうのは、周りの芸人に意外がられますね。出たことないのに、「今日ロフトプラスワンじゃねえよ!」ってツッコミはよく使ってました(笑)。

ちょっとマニアックなこと言った後とかにね。全部ロフトさんのせいにしちゃいます。

——ありがたいです。芸人になるまではどんな感じでしたか?

僕はラーメン屋の息子で、本当は継ぐ予定で調理師学校まで行って、卒業してから2年調理師やってたんですけど、働いてた所の一番偉い人と喧嘩しちゃったんです。それでその頃、元相方に高校の時に一緒にお笑いをやろうと言ってたことを思い出して。そこで調理師はスッパリ辞めて、最初は札幌吉本の方に入りましたね。

——学生時代からお笑いは好きでしたか?

お笑い好きでしたね。

上田ここの家は珍しいんですよ。ダウンタウン禁止令が出てた家で。ダウンタウンを見せてもらえないっていう。

『(ダウンタウンの)ごっつええ感じ』は見ちゃダメだけど、『(天才・たけしの)元気が出るテレビ!!』は見ていいっていう。

上田そっちの方が過激だろっていう話ですよね(笑)。だから今もたけし軍団信者なんですよ。俺らの世代では珍しいですよ、こんなにたけしさんとか軍団さん信者は。

隠れて『北野ファンクラブ』とか深夜のテレビ番組を、ちょっとエロいなと思って観てました。親からはダウンタウンさんはいじめを助長するからダメみたいなこと言われてたんですけど、『(ビートたけしのお笑い)ウルトラクイズ』とかはオッケーなんですよ。なんで大人はこのビートたけしという人のことは認めるんだろう、と。そういう所から入って、だんだん好きになっていったっていう感じですね。

——上田さんはどんな感じですか?

上田僕は中学の時にテレビで爆笑問題の漫才を見て体に電流が走ったような感覚を受けて。僕の小・中・高の同級生に、必ず学校で1位の面白さを取る奴がいたんですよ。その人と僕は最初にコンビを組むんですけど。小・中学校時代は友達を引きずるからまだわかるじゃないですか?でもその人は、高校入って全く別の環境になってるのにまた同じように1番面白いってなってて。その人とは同じ団地で地元が一緒で、別に仲が良いわけではないんですけど、付かず離れずみたいな感じでいて。それで一緒に吉本の養成所に入ってコンビを始めてみたいな感じです。

——お笑いはよく観てたんですか?

上田『(鶴瓶上岡)パペポTV』と『(ダウンタウンの)ガキの使い(やあらへんで)』のフリートークを観てました。あと家ではプロレスが流れてましたね。体一つで何かをやる人っていうのにずっと憧れてました。コントとかじゃなくて台本なしのフリートークみたいなのが好きで。そしたら爆笑問題さんが出てきたのを観て、これを標準語でやれる人が出てきたって思ってびっくりしました。

——電流が。

上田走りましたね。ちなみに初めて見に行ったプロレスは、5月5日の大仁田厚の電流爆破です。

——(笑)。エル・カブキを結成するまではどんな活動されてたんですか?

上田それぞれ別のコンビで別の事務所でやってて。

解散した時期が大体一緒だったのかな? 僕は東京に来るまでの1年の間、札幌の方でバイトしてたんですよ。とりあえずバイトとか仕事とか決めずに東京にだけは出ようって決めて50万円貯めて。その時に僕の小学校の時の同級生が川崎の方にいたんですけど、そいつと1回コンビ組んでみようかって口約束だけして、こっちに来たんですよ。それで1回だけ中野のライブハウスに出たんですけど、その1回だけでそのコンビはポシャっちゃって。

上田「6人の悪魔」ね。

2人なのに「6人の悪魔」って名前でやってたんですよ。その後にフリーターになって。それで後日そいつから「バイト先で芸人やってて、相方探してる奴いるんだけど会ってみる?」って言われたのが上田なんですよ。

——へえー!

上田その子と会うまでに僕は、芸人の相方募集掲示板っていうので2週間で9人に会ってずっと選別してて。だから一部からお笑いヤリチンって言われてるんですけど(笑)。バイト先の人の紹介で、良い奴がいるわけないとは思ったんですけど、最後の最後に試しに林に会ったんですよ。そしたらルックスがいいのが来た! と思って。平成のグレートチキンパワーズって僕は呼んでるんですけど。

——(笑)。

上田これはいけるなと。それと一言目で爆笑(問題)さんが好きって言ったんですよ。一緒に入った友達は、ダウンタウン信者でお笑いの方向的に難しくて、いろんなことがあって解散して。そんな流れで林と会ってみたら、見た目がいいし、爆笑さん好きなんだったらできるんじゃないかなってなりました。あと、ネタは俺に任せて欲しいって言ったんですよ。自分で全部やってみてダメだったら辞めようと思って。それでまだ一応続いてるって感じです。

——そう言われた時、林さんはどう思いました?

ネタ書くって聞いた時は、もうガッツポーズしましたね。自分がその前は書いてたんですけど、もう俺は文脈とか考えるのが無理で。自分の頭で思ってることを文字に起こすのは無理だなと思って作るのを辞めました。そんな時に作るって言ってくれたんでよっしゃ! ってなりました。


erukabuki-rooftop7.jpg

Live info.

2018/6/21(木)

エル・カブキYou Tube公開収録ライブ「今日の120分おろし(10分だけ配信あり)」

【出演】エル・カブキ(デロリアン林/エル上田)

【ゲスト】水道橋博士

open18:30/start19:30

前売¥1800/当日¥2100(共に飲食別)※要1オーダー500円以上

※前売り券はローソンチケットにて発売中!!【Lコード:31982】

【会場】新宿ロフトプラスワン(03-3205-6864)