トップ > インタビュー > マカロニえんぴつ(Vo&G:はっとり&key:長谷川)

マカロニえんぴつ(Vo&G:はっとり&key:長谷川)

 レーベルを移籍しミニアルアバム『s.i.n』をリリース、レーベルツアーにキャリア最大キャパである渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライブを終えてひと山越えたマカロニえんぴつから、Vo&Gはっとり、Key長谷川に取材を敢行。前向きな発言を聞くことができた。
 今年初めて新宿ロフト出演にした彼ら。たくさんの刺激を受けた成果をどんな風にステージ上で放つのか楽しみで仕方がない。(Interview新宿ロフト 樋口寛子)

お客さんの愛をとても感じ、今まで以上にファンの方をもっと大事にしたいなと思いました

ー最近のバンドの近況を聞かせてください。

はっとり(Vo&G):今年2月にミニアルバム『s.i.n』をリリースしてからツアーを廻り、キャリア最大キャパである渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライブを終えた後なのでひと段落しました。ワンマン直前まではずっと先のことに感じていたのですが、ワンマンが終わった今は「終わっちゃった、、、」という感じです(笑)。自分たちの中ではとても大きなことだったので凄い経験をさせてもらいましたね。

ー渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライブは自分達にとってどんなライブになりましたか?

はっとりどんなバンドも理想を持ってワンマンに臨むと思いますが、僕たちはソールドアウトを理想としていたので、それが出来なかった悔しさはありました。でも、自分たちの音楽だけを聴きに来てくれたお客さんが会場にいてずっと僕たちの音楽を聴いている姿を目の前にしてグッと来るものがありました。

長谷川(key):マカロニえんぴつだけを観に来ているという事で、より頑張らないといけないと思いセットリストも色々と考えました。どうやったら盛り上がってくれるのだろうとワンマン前にずっと考えていたので、それまでのリハで頑張ってきたことが本当に報われたなと思いました。特に印象的だったのは「ワンドリンク別」という曲で、会場のみんなが歌ってくれた事にグッと来ましたね。会場のキャパも最大だからいつも以上にみんなの声が聞こえて鳥肌が立ちました。

はっとりみんなその曲の歌う部分を分かってくれているから、とても大きく聞こえたよね(笑)。分かりやすく報われた瞬間でした。その曲は後半に演奏したのですが、その曲をきっかけに自分たちも燃えて、後半はとても良い感じに演奏が出来ました。お客さんにテンションを上げてもらいましたね。とても温かい時間で、ずっとこの時間が続けば良いのになと思いました。

ーバンドにとって2回目のワンマンライブが渋谷CLUB  QUATTROとはかなりチャレンジしたなという印象を受けました。

はっとり僕らもクアトロでワンマンライブが決まった時は正直、挑戦だなと思いましたね(笑)。

長谷川「やってやろう!」という意気込みがある反面、怖さもありました。

はっとりガラガラの中で自分たちが演奏したら、僕たちも勿論悲しいけど、来てくれたお客さんにそう思われてしまうのも凄く嫌だったので、開場してから客席を見てみたら「埋まっているじゃん!」と安心しましたね(笑)あのタイミングで渋谷CLUB QUATTROでワンマンライブをやれたことはバンドにとってプラスでしかなかったです。お客さんの愛をとても感じ、今まで以上にファンの方をもっと大事にしたいなと思いました。

 

お互い認め合いつつも負けない部分も持とうという意識があり、ライブに対する意識が変わりました

ー渋谷CLUB QUATTROまでの流れで開催したツアーはどうでしたか?

はっとりレーベルツアーの時期と被っていたので、レーベルメイトのAmelieにthe quiet room、テスラは泣かないとワンマンまでの間に一緒に廻ったことがとても大きかったですね。また先輩とも一緒に共演が出来てたくさん刺激を受けました。

ーそれはどんな刺激でしょうか?

はっとりレーベルの先輩であるsumikaやSUPER BEVERのライブを近くで見ることが出来たり、打ち上げでお話をさせてもらったりとか。ステージが圧巻で人としても素晴らしい人達だからこそ、あれだけのステージが出来るのだと思いましたね。僕らは新人として移籍してきたのでアウェイだろうと思っていたのですが、先輩たちがとてもウェルカムな気持ちで迎えてくれたので、馴染むのが早くてとても嬉しかったです。

ーたくさんの刺激を受けてのワンマンライブだったんですね。

はっとりAmelieのライブの盛り上げ方はとても勉強になりましたね。レーベルツアーが良かったのは、馴れ合いになりがちな所が一切なくて刺激を受け合い、切磋琢磨しながらツアーを廻ることが出来た所ですね。負けたくないという意識が各バンドにあったことが凄く良かったです。お互い認め合いつつも負けない部分も持とうという意識があり、僕らもライブに対する意識が変わりました。

ー良いライブが出来た日もあれば悔しい思いをした事もあったかと思いますが、その辺りはどうでしたか?

はっとりレーベルツアーの2本目の鹿児島公演は、レーベル所属バンドが全部出演していて、先輩バンドはとても白熱したライブだったし、僕たちはいつも通りライブをしたけどあまりにも先輩たちの背中が大きくて、自分たちが霞んで見えました(苦笑)。自分達なりに全力でライブをしたのですが、先輩たちのライブとの差に悔しい思いをしましたね。

ー沢山受けた刺激はクアトロ公演で生かせましたか?

はっとりワンマンが終わってから「もっとああすれば良かった」はありましたが、レーベルツアーで貰った刺激があったからこそワンマンがちゃんと出来たのだと思います。レーベルツアーで刺激を受けたライブの盛り上げ方やお客さんと向き合う姿勢は発揮出来たと思います。

 

演奏もMCでもみんなを感動させつつ、またこの景色を見てみたいという思いはずっとあります

ー初めて新宿ロフトに出演すると決まった時はどんな心境でしたか?

はっとりあのロフトに出演するんだという、大好きなバンドがたくさん出演しているところで出来るんだ! というドキドキ感があって、バンドを続けてきて良かったなと思いましたね。新宿ロフトに初めて出演したのはバンドを結成してから2年目でした。

長谷川友達に「ロフトに出演するからライブを観に来て欲しい」と言った時に「ロフトに出演するの?」と言われて頑張らなきゃと思い、緊張しながらも頭が真っ白になりながら演奏をしましたね。初めて出演した時はバーステージだったのですが、次はホールステージでやるぞ! と思いましたね。

ーこれまでに出演してきた中で最も印象に残っているロフト公演は何でしょうか?

はっとり初めて出演した『MUSIC LINXS』ですね。その時の自分たちのライブがとても評判が良くて。初めてホールステージに出演した時のライブが良いライブが出来ずに悔しい思いをして。『MUSIC LINXS』のライブでは声がとても良く出て、バンドに緊張感が良い感じにあった状態でした。ロフトのホールでそんなライブが出来たことが凄く嬉しかったですね。

長谷川僕も『MUSIC LINXS』ですね。ホールステージで演奏した時でお客さんが沢山入っていて、演奏もMCでもみんなを感動させつつ、またこの景色を見てみたいという思いはずっとあります。今でもそのモチベーションは変わらず、ワンマンで見てみたいなというのはありますね。

はっとりバンドメンバーみんな思っていますね。

ー大学在学中からロフトに出演してくれていますが、大学を卒業してからとは心境の変化がありましたか?

はっとりありましたね。音楽を何故やっているのかとより向き合う場面が多くなってきました。学生時代も別にバンドをやらされていた訳ではなく、自分たちの意思で楽器を持ってバンド活動をしていましたが、卒業してからはもっとやらなければいけないことがあって、親身に向き合わなければいけないと思います。

ーそういった事は曲作りにも影響はありますか?

長谷川僕らはビートルズに影響を受けているから大人の人たちには面白いなと思ってもらえるような曲があって、ビートルズを聴いた事がない人には新しいなと思ってもらえるような所があって、特に『s.i.n』はそうですね。

はっとり歌詞も変わってきた所があって。往年の洋楽ロックがとても好きなので、その色をもっと自由に出しても良いかなと思いました。『s.i.n』には分かりやすく出ていますね。歌詞に今までは「愛している」というフレーズは入れてこなかったのですが、無意識にそのフレーズを入れたりと、それも意識が変わったからかなと思ったりしました。そのフレーズがやっと言えるようになったというか。

ー初期から聴いてくれているお客さんの反応はどうでしたか?

はっとり雰囲気が変わったと言われましたね。バンド仲間からは洋楽色が強くなって凄く良いねと言われました。そこは狙った通りだなと思いました。バラードの「two much pain」という曲があるのですが、とても良いねと言ってもらえました。また1曲目の「洗濯機と君とラヂオ」にあるキャッチーさがずっと残るというのは僕たちの売りとしてやってきたのですが、今回如実に「洗濯機と君とラヂオ」のサビに中毒性があるねと言われて良かったなと思いました。サビのキャッチーさは群を抜いて『s.i.n』には出ていると思います。

ー『s.i.n』を聴いていると以前と比べて大人っぽくなったなという印象を受けました。

はっとり過去2作品が大学在学中に作った作品で、今回の新譜は大学を卒業してからの作品なので、意図せずに「学生ではなくなったし」というはありました。タイトルの『s.i.n』は1枚目の作品が『アルデンテ』、2枚目が『エイチビー』だったので、えんぴつとマカロニに共通している言葉は何だろうと考えた時に「芯」だったんですね。マカロニの「芯」やえんぴつの「芯」、心気一転の「心」、新生活がスタートする「新」、新レーベルに移籍した「新」、新境地の「新」だったりと色んな思いを込めて『s.i.n』にしました。また音楽的にレベル高い事をやっていると思われたく、今まで以上に音でたくさん遊んでいる作品ですね。

ーでは夏にリリースするシングルはどんな作品ですか?

はっとりとても夏感のする作品です。3曲入りなのですが、3曲とも夏をテーマに歌っています。この作品も『s.i.n』の延長で音楽的遊びも入れているし、洋楽感もありますね。乞うご期待! という感じです。

ーバンドの進化を感じます。

はっとり前より音楽的楽しみが増えましたね。「こうじゃなきゃいけないんだ」という変な自分規制が若干あったのですが、自由になったというか色々とやっても別に良いじゃないかと。真面目になりすぎてもつまらないし、良い意味でふざけた一面を出し始められた感じがします。ふざけた曲も入ってきているし。

ーライブもより進化していく感じがしますね。

はっとり曲によって俺たちが変わりざるを得ないというか、曲に変えられていくのだろうなと思いますね。俺たちはこういうライブだ! というカラーが良くも悪くもついていないし、曲によってライブの運び方が変わっていく段階だと思うので、枠にハマらない範囲で変わっていきたいですね。
 

もっとこの曲をあなたと僕たちで共有出来たらなと優しい気持ちで挑めるようになってきましたね

ー6/29に新宿ロフトの『ロフト三つ巴ライブ』にご出演して頂くのですが、その日はどんなライブにしたいですか?

はっとり『s.i.n』を中心に演奏をしようと思います。先日のワンマンライブを経てツアーを終えて磨きのかかった曲を演奏するのでクオリティも上がっているかと思います。

長谷川先日のワンマンが終わって自分のモチベーションに関して色々と反省するべき所があったので、みんなと音楽をシェアする余裕が欲しいですね。メンバーやお客さんを始め、共演相手のお客さんとも音楽をシェア出来たらと思います。

はっとりお客さんとの向き合い方がちょっとずつ自分達の中で変わってきているので、もっとこの曲をあなたと僕たちで共有出来たらなと優しい気持ちで挑めるようになってきましたね。

ー共演バンドに「バンドごっこ」「神はサイコロを振らない」がいますが、彼らとは共演した事はありますか?

長谷川バンドごっこは共演したことはありますが、神はサイコロを振らないは初めてですね。

ーこの日は皆さん同様にバンドとして成長過程にいるバンドなので、ライブでは良い意味でバチバチしあうかと思うので、そこも見所の1つだと思っています。

はっとり三者三様のジャンルも面白いなと思いますね。

ー今後のマカロニえんぴつの野望を聞かせてください。

はっとり曲をたくさん作りたいですね。また次の作品を早く出したいです。バンドは曲を作ってCDを出してツアーに廻ってというのがバンドのやる事だから、まだ僕たちの事を知らない人たちに出会いたいですね。

長谷川曲を作ってリリースをして、また渋谷クラブクアトロでやりたいです。次はソールドアウトにしたいですね。

ー最後に6/29ロフト公演への出演の意気込みを聞かせてください。

はっとり初めて一緒に共演する「神はサイコロを振らない」や良い意味で三者三様のジャンルでとても楽しみです。ライブに対しての姿勢が変わってきたので、3バンドのそれぞれのお客さんが来ていると思いますが、僕たちのファンではない人も巻き込んで共有出来たらなと思います。

長谷川違うジャンルの3バンドが集まるという事で、とりあえずマカロニ感を出していきたいです。『s.i.n』をメインに演奏をするかと思うのですが、2月からやって来たリリースツアーやワンマンを経た成果を出せたら良いなと思います。

ーありがとうございました。

 

Live info.

0629.jpg

 

06/29
【LOFT三つ巴ライブ2017】
[出演]
マカロニえんぴつ
バンドごっこ
神はサイコロを振らない
開場 18:15 / 開演 19:00
前売 ¥2,500 (D別)
イープラス、ローソン、ロフト店頭にて発売中!