トップ > インタビュー > 「DREAM MATCH 2016」特別対談・幅広い人の胸に響く言葉と、心に残るメロディにて多くの人を魅了する藍坊主が登場!(web Rooftop2016年8月)

「DREAM MATCH 2016」特別対談・幅広い人の胸に響く言葉と、心に残るメロディにて多くの人を魅了する藍坊主が登場!(web Rooftop2016年8月)

 音楽性も形態も様々ながら、「幅広い層の人が楽しめる、良い楽曲を信条に活動している」という点では、一本筋の通ったアーティストたちが集うことで注目を集めている、9月25日に渋谷TSUTAYA O-EASTにて行われる『DREAM MATCH2016』。
 現在敢行中の新宿ロフト40周年アニバーサリーライヴの一環にして、エポックなイベントの一つだ。
 オーガナイザーは、新宿ロフトの名物スタッフ・樋口寛子。
 彼女と同イベントの参加アーティストとの対談を掲載している、このシリーズ。今回は青春パンクを出自にしつつも、その後、重ねる楽曲やライヴ毎に、幅広い人の胸に響く言葉と、心に残るメロディを以て多くの人を魅了してきた藍坊主が登場。
 この秋には待望のニューアルバム『Luno』をリリースする彼ら。ボーカルのhozzyとベースの藤森真一が、イベントについて、ニューアルバムについて、色々と語ってくれた。

「今の自分たちの音楽性を知ってもらい、理解してもらえる、新しいお客さんとも出会いたい」(藍坊主 : hozzy)

━藍坊主は、今回、「DREAM MATCH 2016」に誘われていかがですか?
藤森 : このイベントの参加アーティストの多くが、毎年樋口さんがやっている新年会の参加メンバーなんですよね。対パンこそしたことがないけど、みんな知っているアーティストさんぱかりで。”ああ、樋口さんっぽいフェスだな…”って。
樋口 : けして飲み会のメンツをそのままってわけじゃないですよ(笑)。今回出演してもらいたく、声を掛けさせていただいたアーティストさんが、たまたま毎年新年会に顔を出してくれる方が多かった、そんな感じです(笑)。藍坊主に出てもらいたかったのは、彼らの楽曲を若い世代にも聴いてもらいたかったのは勿論ですが、いわゆるポップス好きやJ-POP好きの方々にも通じるものがあるだろうと思ってのことでした。このイベントを機に藍坊主を更に好きになってもらえたら嬉しいです。
hozzy :嬉しいですね。これまでも一緒にやってこなかったのが不思議なぐらい、強いシンパシーを感じるんですよね、当日出演するどのアーティストさんからも。ホント、当日がとても楽しみです。
藤森 :僕たち青春パンクで、それこそ15年ぐらい前からデビューしていて。そこそこ長くやっているが故に、もしかしたら今の自分たちの音楽性に気づいてもらえず、未だパンクや青春っぽいロックを演っているバンドってイメージがあるかもしれませんが、このようなイベントで触れてもらって、今の自分たちの音楽性を知ってもらったり、理解してもらって新しいお客さんとも出会いたいところはあります。
━当日の意気込みを聞かせて下さい。
hozzy :参加アーティストもそうそうたる方々ぱかりですからね。そんな中で、「藍坊主良かったね」「藍坊主が気に入った」、そんな印象に残るライヴを演りたいなと。お客さんに、「良いイベントだった」と後想してもらえる一翼になれたら嬉しいです。
藤森 :そのイベントの少し前に僕らのニューアルバム(9月14日発売『Luno』)が出るんです。それがかなりライヴを通して、聴き手に楽曲がどれぐらい伝わるか、伝えられるか、その辺りにかなり注力を注いで作った作品で。それをライヴで演るのが今から楽しみなんです。
樋口 :新旧の曲を交えてやってもらえると嬉しいし、現在進行形の自分たちを集まった方々に是非見て頂きたいです。続々と新しいアーティストが出てくるけど、やっぱり印象に残るのは楽曲だということを、改めてこのイベントを通して伝えて欲しいです。藍坊主だったら、それが出来ると思うんです。
 
 

「お伽話感がありつつも、リアルさがキチンとある、そんな楽曲が揃った」(藍坊主 : 藤森)

━先にその新作を聴かせてもらいましたが、今回の会場のO-EASTのような大きなハコで非常に映える、勢いとダイナミズムの両方を有した作品印象を持ちました。
藤森 :そうなんです。コブシが上がるというよりかは、どちらかというとライヴを通し楽曲が伝わる、言葉や歌が届いたり響いたりする、そんな楽曲が揃った作品だと自負していて。
hozzy : 自分たちでミックスをやったり、これまで以上に自分たちが主体で作り、且つ広がりが持てそうな作品内容になりましたからね。
━タイトルも自身のレーベル名から取られていたりして、何かみなさんの現在のアイデンティティを強く感じます。
hozzy :曲は僕と藤森が半々ぐらいで作っているのですが、特に示し合せたり、話したわけじゃないんですが、お互い無意識ながら、歌っているテーマが近かったり、繋がっていたり、同じものを見ていたり、同じ感じ方をしているんだな...と、完成させて改めて感じたところがありました。楽曲同士でも偶然ながら繋がるものが多かったし。曲順にしても、直感的に並べたものが、実はよくよく聴いたり、意味を考えてみたりすると、必然的に繋がってたり…。それもきっと、各曲、その時々の自分たちの心境や気持ち、心持ち等を詰め込んだからだろうなと、聴き返して感じましたね。
藤森 : これまで以上にフワッとしつつ、お伽話感がありつつも、リアルさがキチンとある、そんな楽曲が揃った感はあります。
樋口 :早くライブでも聴きたいです。
hozzy :バンドのアンサンブル等もこれまでに比べると凄くシンプルで。ライヴで演った時に、より目の前で演っていると感じてもらえる作品を目指したんです。だから、歌っていることは曲によっては生々しく、ヒリヒリしているかもしれないけど、それをあえてそのままは伝えないようにとの意識はありました。聴いていても楽だし、そこから見つけられたもので救われたり、響いたり、伝わってくれたら嬉しいですね。
藤森 :ホント、今回はこれまで以上に自然体で作りましたからね。
樋口 : 今作は、ほぼ自分たちで作られたんですよね? 久しぶりに自分たちだけで作り上げなくちゃいけない大変さ等もあったと思います
hozzy :今回、久々に自分たち主体で作ってみて、リハビリも出来たところがあって。正直、やり方等も思い出しながらやったし。しかし結果、楽曲や音質、全体的なクオリティも含め、自信作が出来たんで、”よし、今後は自分たちだけでも大丈夫!!”と、次へと確信の持てる1枚にもなったのが心強かったです。この作品を機に、更に広がりのある方向性へと向かうのにも抵抗がなくなったし、欲を言うと、もっと広がりたくなったし…。やはり、また再び武道館でもライヴをやりたいですからね。そこをもう一度目指せる、そんな作品になったかなと。
藤森 :で、リリース後には今作を携えての全国ツアーも控えてるんですが、自分たちもより楽しんで、お客さんも交えて、全員が一つになって楽曲を伝えられたらなと思ってます。今後、絶対に良い方向に行く自信があるので、みなさん是非こちらのツアーも観に来て下さい。
 

「ロフトの40年間、ずっと第一線で色々なアーティストを輩出し続けている姿勢には心から尊敬している」(藍坊主 : hozzy)

━最後に藍坊主から、新宿ロフト40周年へのコメントと、「DREAM MATCH 2016」に来られるお客様にメッセージをお願いします。
藤森 :40周年おめでとうございます! これからも長く続いていくライヴハウスだと確信しているし、今後ともますますお世話になると思うので、引き続きよろしくお願いいたします。で、9月25日は、その中でも特に想い出深い一日にしますので、みなさん楽しみにしていて下さい。
hozzy : 俺も時々、”歳をとったな…”と思う時があるけど、ロフトはそれを遥かに上回る40年ですからね。俺なんかが生まれる前から、ずっと第一線で色々なアーティストを輩出し続けているわけで。ホント、凄いし、尊敬しています。そんな歴史のあるライヴハウスの記念すべき一日に出させてもらえるという光栄を胸に、当日は緊張しないで臨めたらなと。当日、O-EASTでお会いしましょう!
 
 

Live info.

pos.jpg
 
2016.09.25(Sun)
SHINJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY MUSIC FES DREAM MATCH 2016
TSUTAYA O-EAST
 
【出演】
スキマスイッチ、ヒグチアイ、藍坊主、成山剛(sleepy.ab)、堕落モーションFOLK2、音速ライン、SAKANAMON、
Brian the Sun、つじあやの、メレンゲ  全10組出演!!
 
【出展&出店】(予定)
「路地裏の僕たち」 ※フジファブリック初代Vo&G志村正彦の故郷、山梨県富士吉田市在中の同級生を中心とした団体
【時間】
開場 13:15 開演 14:00
【料金】
前売 ¥4,800 当日 ¥未定 ※ドリンク代別
【会場】
TSUTAYA O-EAST(〒150-0043 渋谷区道玄坂2-14-8 / 03-5458-4681)
【チケット】
・一般発売
イープラス、ローソン、ロフト店頭、Yahoo!チケット、Live Pocketにて一般発売
 
「DREAM MUTCH 2016 SPECIAL CONTENTS」
先行で購入のお客様特別に7月下旬頃よりスペシャルなコンテンツを配信!!
Yahoo!チケットご購入のお客様→チケットに記載されております14桁の注文番号を半角にてパスコード欄にご入力後、お楽しみ下さい。LivePocketにてチケットをご購入のお客様→チケットに記載されております。下12桁のチケット番号を半角にてパスコード欄にご入力後、お楽しみ下さい。
 
主催:SHINJUKU LOFT
企画制作:LOFT PROJECT / VINTAGE ROCK std.
協力:LivePocket-Ticket- / LUCK'A Inc
お問い合わせ:VINTAGE ROCK std.(03-3770-6900 / 平日12:00〜17:00 / http://www.vintage-rock.com