トップ > インタビュー > HANAKUSONS(こういちハナクソン(大堀こういち)・とおるハナクソン(細川徹))(Rooftop2016年2月号)

HANAKUSONS(こういちハナクソン(大堀こういち)・とおるハナクソン(細川徹))(Rooftop2016年2月号)

「ハナクソンズ」とは...? 役者・大堀こういちと、脚本家/演出家・細川徹が作った"脱力映像"(しかも全てVHS!)を、3時間以上かけて上映しまくる謎のユニット。2月20日(土)ロフトプラスワンにて8年ぶりとなるトークイベント開催決定!【Interview:石崎典夫/一木義彦 (LOFT /PLUS ONE) 】

どうせオレたちハナクソレベルだし……

──それでは「ハナクソンズ」結成の経緯からお聞かせください。
大堀こういち(以下:大):まず「ハナクソンズ」の前に、「VTRS」(ブイティアールズ)っていうユニットをやってたんだよね?
細川徹(以下:細):そう、寸劇あり映像あり、最後にちょっとトークみたいな。このイベントで初めて、それぞれが映像を作ったんですよ。
大:その時って、2人ともトークとかしたことがないから、なんかモジモジしちゃってね(笑)。
細:うん、終わって幕が閉じた途端に「失敗だっ!」って叫んで(笑)。まだお客さんいるのに(笑)。
大:「ダメだぁ〜!」って(笑)。なにを見せたいのかもよく分かってなかったよね。それで話し合って、映像をもっと見せようってことになって。
細:で、「VTRS」っていうのもアレだし、なんかオレたちにふさわしい、どうでもいい名前にしようとなって「ハナクソンズ」に変えたんです。どうせオレたちが作る映像、ハナクソレベルだってことで(笑)。
大:基本的に自分達で撮って編集するわけですから、たいしたモノできねーなって(笑)。
細:大堀さんは、パソコンに基本で入ってるフォントとかエフェクトばっかり使ってるから、ホームビデオみたいなんだよね(笑)。テロップの位置とかも変なんだけど直せない(笑)。でもこれはプロじゃ出せないアジだから。
大:すべてが妥協だから。やっぱりハナクソ作品だっていうね(笑)。
 

都会の笑い、わかんねぇんだな!

──「ハナクソンズ」名義でDVD『HANAKUSONS』も出されていますよね?
大:あぁ、あれはシュールなビデオだよね。アレって「男子はだまってなさいよ!」の事務所で撮ったんですよ。クーラーが無いから、とにかく暑くて、そこにカメラセットして、2人きりで……オレたち何やってんだって(笑)。
細:こんなもん発売しちゃダメだよ(笑)。
──その2人のトークに副音声を付けているのには笑いました。トーク観ながらトークしてるみたいな。
細:おんなじ奴らが(笑)。
大:田舎の友達に「お前が監督でDVD出したのか!」って言われてDVDあげたら、「なにがおもしれぇんだか全然わかんねぇんだよなぁ」って。「コレもういらねぇよ」って返されて(笑)。
細:やっぱ都会の笑いだから(笑)。
大:そう!俺、言ってやったよ!「お前らは都会の笑いわかんねぇんだな!」って(笑)。
細:都会の笑いってより、ただ貧乏くさいだけだよね、四畳半だし(笑)。
──ビデオって何本ぐらいあるんですか?
大:旅行用のバッグにパンパン。チャックが閉まんない。もう捨てたくなるんだよ!(笑)
細:捨ててもいいやつもあるでしょ(笑)。
大:いや、でも捨てられないじゃない(笑)。しかし「ハナクソンズ」の時はイイ加減に撮ってたねぇ。
細:1回のイベントで5本ずつくらい撮って撮影日数は全部で3日くらいだよね。
大:大体、細川君の家で撮ってた気がするなぁ。
細:家とか、知り合いの家とか、道とか……。
大:そう、道が多いんだよね(笑)。
──土手とかも(笑)。
細:学生の自主映画だと学校も使えるじゃないですか? だからまだ色んな画が撮れるんだけど、俺たち学校が使えないから道と土手(笑)。だからロケーションが学生映画以下なんだよね(笑)。そういえば大学生の時、成城の映画研究部だったから多摩川の土手で映画作ってたよ。卒業しても同じ事やってるなって思ってたもん(笑)。
 

Live info.

『HANAKUSONS 8年ぶりだよ!ハナクソンズ!〜THE BEST〜』 
【出演】とおるハナクソン(細川徹)、こういちハナクソン(大堀こういち)
2016年2月20日(土) LOFT/PLUS ONE
open 12:00/start 13:00
【料金】前売 全自由¥2500/当日未定(税込・要1オーダー500円以上)
※小学生以下無料(但し大人(中学生以上)1名につき1名まで。要保護者同伴)
(問)H.I.P. 03-3475-9999