トップ > インタビュー > 佃煮のりお 漫画家(Rooftop2015年1月号)

佃煮のりお 漫画家(Rooftop2015年1月号)

 "男の娘"漫画『ひめゴト』で注目される "佃煮のりお"。一迅社『わぁい!』からのデビュー、自らニコニコ生放送の配信とアピールを続ける彼女が、満を持してライブでの『のりおいける!』開催決定!! イベントを前に新世代の漫画家"佃煮のりお"を徹底解剖!![interview:柏木 聡(Asagaya/Loft A)]

「男の娘」の魅力

──まずは、漫画家を目指すキッカケをお伺いしてもいいですか。
佃煮:小学生の頃からの夢だったんです。家族に「不安定で心配だから」と言われ、一時期公務員を目指していました(笑)。でも、絵を描くのは好きでpixiv投稿をしていたところ、声を掛けて頂いて一迅社の『わぁい!』という雑誌よりデビューすることになりました。3年目でまだ著作も少ないですが、毎日楽しいです。
──楽しんで描いていけることが一番ですよ。読者としても辛い中で描かれているというのは嬉しくないです。
佃煮:支えて下さっている担当さんやファンの皆様には感謝しています。
──まだ題材としては一般的ではない「男の娘」という題材を選ばれたのはなぜですか。
佃煮:実は、以前から可愛い男の子が女装をするという同人誌を作っていたくらい好きなんです(笑)。ただ、男の娘漫画は「男の子と男の娘」という関係が多いんですが、私は「女の子と男の娘」という関係のほうが好きなので、自分の作品では後者を描きたいと考えていました。
──確かにビジュアルが「女の子」ということもあるので、そういう形の作品が多いですね。
佃煮:男の娘をよく知らない方々にも読んでもらいやすいのではと考えた結果でもあります。
──作品を描かれている上で気をつけていること、こだわりはありますか。
佃煮:キャラクターの可愛さを魅せるという点です。特に表情が魅力的になるよう気をつけています。
──『ひめゴト』のキャラクターが活き活きとして魅力的なのは、そのこだわりからなんですね。他にも随所でウィッグなどコスチュームのこだわりが見られますが、それはご自身の経験からなんですか。
佃煮:実はコスプレをしていた時期があるんです。その頃の知識がこんなところで活かされるとは思ってもみませんでした。
──最近は現実でも可愛い男の娘が増えていますが、お気に入りの方はいますか。
佃煮:大島薫さんです。男の娘が好きな方ならご存知の方も多いと思いますが、今まで見てきた中で一番完成度の高い男の娘だと思います。個人的にも仲良くさせて頂いています。本物の女の子よりも可愛くて感動しました。
──ちなみに『ひめゴト』で一番タイプのキャラクターは誰ですか。
佃煮:やはり、主人公の有川ひめです。彼は私の「男の娘」の魅力をすべて詰め込んだキャラなんです。華奢でとにかく可愛くて、褒められると乗せられやすくて、女装にハマっていくんだけど、あくまで「男の子」なので、中身までは「女の子」にならないというのが魅力だと思っています。中身も「女の子」になってしまうのなら、それはもう女の子のキャラクターを描けばいい、あくまで「男の子」であるという部分がブレないことが魅力で、重要なんだと思って描いています。アニメの際も、ひめの声は低めに「男の娘」として演じて頂いています。
──キャラクターのモデルになった方はいるんですか。
佃煮:生徒会の3人と田所くんにはモデルがいて、高校時代に所属していた演劇部の友人と先輩をモデルにさせてもらっています。
──ご自身をモデルにしたキャラクターもいますか。
佃煮:実は歩く18禁がそうです(笑)。高校時代はまさにあんな感じでやりたい放題、言いたい放題でした。勝手に動いて場を動かしてくれるキャラクターなので、彼女は凄く描きやすいです。担当さんには「頼りすぎていて良くない」と怒られたこともあります(笑)。他のキャラクターもきちんと動かせるようにならないと、とは思ってます。
 
『ひめゴト』1〜4巻
一迅社・刊

1巻:648円+税
2〜4巻:680円+税
4巻 特装版:1,400円+税

amazonで購入

『ひめゴト』Blu-ray

TCエンタテインメント TCBD-0399
定価:6,800円+税

amazonで購入

Live info.

「佃煮のりおトークライブ『のりおいける!』」
2015年1月17日(土)Asagaya / Loft A
【出演】佃煮のりお(漫画家)
【ゲスト】柳瀬雄之(アニメ監督)、桑原由気(声優)、小野早稀(声優)
OPEN 18:00/START 19:00
前売 2,000円/当日 2,500円(共に飲食代別)
*前売はe+にて絶賛発売中!
問い合わせ:Loft A 03-5929-3445