トップ > インタビュー > Brian the Sun

Brian the Sun

 関西は大阪を拠点にVo&G 森良太、Bass白山治輝、Gt 小川真司、Dr 田中駿汰で結成されたBrian the Sunが、昨年振りにWeb Rooftopに登場!!
 先日発売された2nd maxi-single『Baked Plum Cake』にまつわる事、ツアーの事など、昨年より一歩距離が縮まった彼らにインタビューを敢行!! (interview:樋口寛子/新宿ロフト)

楽器のニュアンスを生かした方がいいな

── 新譜が先日無事に発売された今の心境を聞かせてください。

森:ホッとしました。

── 今回の新譜の制作はいつから入りましたか?

白山:去年の年末頃から制作をしていましたが、本格的にレコーディングしたのは今年のお正月です。

森:お正月休みもなくすぐにレコーディングしました。

白山:先に3月に新譜を発売します! と告知をしてしまったので、その頃には録らないと間に合わない行程だったんです(笑)。

──4曲の収録楽曲は前から存在する曲だったんですか?

森:4曲の内2曲は昔からあった曲で、残りの2曲は最近に出来た曲ですね。

── ちなみに昔からある曲はどの曲ですか?

森:1曲目『Baked Plum Cake』と2曲目『Noro』ですね。前からお客さんに「CDにして欲しい!」という声がとても多かった曲です。

── 後半の2曲はいつに出来た曲ですか?

森:3曲目『Revolver』と4曲目『アレカラ』は、去年の後半ぐらいに出来た曲です。『Sister』と『Revolver』は実は同時に出来ていて。前作の1st singleはポップな曲調の方が良いかなと思い、表題曲が『Sister』になったのですが、『Revolver』はだいぶロック色が強い曲になったので、リリースするとしたら今しかないだろうと思って収録しました。

── 『Baked Plum Cake』の各パートの聴き所を聞いてみたいです。

森:曲によって楽器が違うので、音色の違いは耳が良い人だったらたぶん分かると思う。使っているギターが違ったり使っているアンプが違ったりと、結構繊細に使い分けをしていますね。

小川:より曲調にあった機材をチョイスした感じですね。

森:ちょっとだけ背伸びしてやっているので、音という意味では聴けば聴く程微妙な違いが出て面白いと思います。

白山:個々のスキルがUPして表現の幅が広がりました。

森:色んな人に言われるのですが、音が流行に乗ってないんです。音圧もそんなに大きくないし(笑)。自分で音量を上げないと他の音源に比べたら迫力は出ないと思うのですが、その分空気とか奥行きとか、そういった部分のこだわりがあります。今流行っている音って電波に乗せた時やお店でかかった時にスコーンって抜けてきますが、作品として奥行きがない音はずっと聴いていられないと思う。楽器のニュアンスを無視して音圧を上げるよりは、楽器のニュアンスを生かした方がいいなと思いました。

各楽器の全部の音がちゃんと聴こえるって重要だと思う

── 皆さんのお客さんはバンドのどんな所が良いと言ってくれる人が多いんですか?

森:人間性とか? それぞれキャラが凄い立っています(笑)。あんまりメインストリームに乗った音楽ではないから捻くれた人達が集まったバンドかも。

小川:1人1人の個性が立っているのはCDの中でも一緒で。各楽器の全部の音がちゃんと聴こえるって重要だと思う。それは最近流行っている音源とは、僕らが全然違う所ですね。

森:僕ら特殊なバンドだと思うんですよ(笑)。メインボーカルでギターをガチャガチャ鳴らしているのってあんまりいないと思う。

── 皆さんのお客さんって若いお客さんが多いですよね。だからこそ、先程話に出たように聴き分けて聴いているとしたら本当に凄いと思います。

白山:中学生から好きです! と言われて驚く事もあります(笑)。

Brian the Sun 2nd maxi-single
『Baked Plum Cake』

PTBC-0002 / 1,300yen (tax in)
IN STORES NOW

amazonで購入

M-1 Baked Plum Cake
M-2 Noro
M-3 Revolver
M-4 アレカラ

Live info.

3/31(日)大阪 2nd LINE
4/14(日)LIVE CIRCUIT “平成デモクラシー”
4/21(日)宇宙フェス at 服部緑地野外音楽堂 (大阪府豊中市)
5/3(祝)大阪 阿倍野 ROCK TOWN