トップ > エクストライシュー > 【ライブレポート】やついフェス史上初のアンコール!東京女子流の進化が止まらない!歴史に残るライブで新たな伝説をつくる

【ライブレポート】やついフェス史上初のアンコール!東京女子流の進化が止まらない!歴史に残るライブで新たな伝説をつくる 2017.06.19

2081_001.jpg
 
6月17日(土)、6月18日(日)の2日間、東京・渋谷で行われた大型のエンタテインメントフェス『YATSUI FESTIVAL!2017』(以下、『やついフェス』)。
渋谷にある12の会場を使い、2日間で1万人を集めるこの渋谷最大級のフェスの最後=トリを飾るアーティストとしてガールズ・ダンス&ボーカルグループの東京女子流が出演。18日(日)に、会場の1つである『SOUND MUSEUM VISION』で、7月5日にリリースする新曲「water lily ~睡蓮~」など、約40分に渡るステージを展開した。
 
ファンからの人気も高い初期の作品「Rock you!」、「ヒマワリと星屑」、2016年リリースの「ミルフィーユ」、2017年にリリースの「Don’t give it up」、さらに、この日初披露となる「water lily ~睡蓮~」など、新旧の楽曲を織り交ぜた計8曲。ハイクオリティな歌とダンスで会場にいたオーディエンスを魅了した。
 
また、MCでは【武道館ライブ以来久しぶりに来た!】との声を受け、「ここにいる皆さんをもう1度武道館へ連れて行きます!!」と宣言。再び武道館でライブを行うことを目標にしていることを発表した。
 
2081_003.jpg
 
そして、ライブ終了後には歓声とアンコールの声が鳴り止まずスタッフ曰く“想定外“だった”という【やついフェス史上初!となるアンコール】を実施。白熱のライブは【やついフェスの新たな伝説】と化した。
 
『やついフェス』終了後、ネットには #女子流 のハッシュタグを用いた書き込みが殺到。自然とアンコールがかかって会場の一体感半端なかった。前代未聞のアンコール、最高にアツい時間。女子流が伝説作りやがったアンコールのステージが終わった後もみんな名残惜しそうだった。今度のTIFで伝説を作りそうな予感。いいステージだったから、アンコールも納得。歌、ダンス、女子流は凄いんだと改めて思ったステージ力の進化に驚いた。ステージが神がかっていた。もっとフェスに出てほしい約2年半ぶりに東京女子流を見たんですけど、そんな自分も最高にブチ上がるくらいのセトリでした。
やついフェス6年連続女子流、初のアンコール。歴史に残るライブだった。その結果、#女子流 のハッシュタグは検索ワードの上位に急上昇!した。
 
2081_002.jpg
 
この夏、『TOKYO IDOL FESTIVAL 2017』に出演することを発表している東京女子流。夏の野外ステージではどんなライブを展開してくれるのか?ファンの中で【伝説のライブ】と位置づけられた今回の『やついフェス』を超えるライブを見せることが出来るのか?今から楽しみである。(写真提供/WWSチャンネル)
エクストライシュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • kinoko