トップ > エクストライシュー > 【ライブレポート】a flood of circle"NEW TRIBE-新・民族大移動-"@Zepp DiverCity Tokyo

【ライブレポート】a flood of circle"NEW TRIBE-新・民族大移動-"@Zepp DiverCity Tokyo 2017.06.17

20170611_VK_10055.jpg
 
6月11日、東京・Zepp DiverCity Tokyo にてa flood of circleの全国ツアー「NEW TRIBE-新・民族大移動-」が千秋楽を迎えた。相次ぐメンバーチェンジや移籍という波乱万丈なバンドヒストリーが注目を集めることも多かったa flood of circle。しかし、その度に運命的な出会いに恵まれて来たのもまた事実だ。そして今ツアー成功の背景にも、ある出会いがあった。それはサポートギタリストの一般公募により出会った、アオキテツ。若くて熱い新サポートギターの存在が、ライヴを一変させたのだ。そんなバンドの今を終演後佐々木亮介(ヴォーカル/ギター)は「11年やってきて、今がスタート地点のような気がしている」と語ったが、まさにその通り。バンドを始めた頃の衝動と勢いと、11年のキャリアが結んだ仲間との強い絆。その両方が揃い、ものすごい熱量で混ざり合っているのだ。
 
オープニングナンバーは「El Dorado」。今やフラッドのお家芸となりつつある進化系トーキング・ブルースの最新版だ。渡邊一丘(ドラム)とHISAYO(ベース)による重たく渦巻くリズム隊のビートと、ひたすらに真っ直ぐで尖ったアオキテツのギターが、絶妙なコントラストを生み出してゆく。そして、マイクスタンドをがっちりと掴んだ佐々木亮介(ヴォーカル/ギター)がひと吠えすると、待ってましたとばかりにフロアからは雄叫びと共に無数の拳が突きあがっていった。
 
20170611_VK_10060.jpg
 
この日はなんといっても『NEW TRIBE』の楽曲が集中した中盤が最高だった。まずは「Rex Girl」。今までもコーラスを担当することはあったが、この曲ではワンフレーズをHISAYO単独で歌唱。あだっぽい歌詞とHISAYOの艶めかしい歌声が、揉みくちゃなガレージサウンドを瞬時に色付かせると、フロアからは次々と歓声が上がる。続く「Rock'N'Roll New School」では「今日はみんな何しにきたの?ロックンロールだろう!」と、佐々木。愛機のホワイトファルコンでチャイムの音を掻き鳴らし、ロックンロールの授業をスタートさせた。優等生揃いの観客たちは“唯一の校則”〈勝手にしやがれ〉を死守し、ステージに迫る勢いで飛んだり跳ねたり。それぞれのスタイルで音楽を楽しむ姿が印象的だった。
 
そして新体制の好調ぶりを見せつけたのが、シャッフルビートで賑やかす「ジュテームアデュールベルジャンブルース」だ。様々なテイストの音楽をつまみ食いしたような雑多でポップな曲調が、好奇心旺盛で活発な今のバンドのメンタルとリンクしているのだろうか。佐々木がアカペラで歌い出すと、HISAYOは長い髪を揺らしながら手拍子を煽り、アオキは勢い任せにダンス。思い思いのウォーミングアップを経て、4人の音がひとつになった時、今までのフラッドでは感じたことのないようなフレッシュで弾力のあるサウンドが生まれ、会場を跳ね回っていった。
 
20170611_VK_10209.jpg
 
そして「Trash Blues」では一転、ムーディーなモードへ。渡邊の生み出す、こっくりと深みのあるビートが会場を満たすと、佐々木も思わず「良いじゃん、このビート」と絶賛。すると今度はアオキが魅せた。「ギター、アオキテツ!」と佐々木にコールされると、泣きのギターソロを披露。直線的な音のイメージが強かったゆえに、この咽び泣くような哀愁のある音には驚いた。そして彼の可能性は、バンドの可能性とも直結してゆくことになるだろう。佐々木のMCでもアナウンスがあった通り、この日のライヴが10月に映像作品としてリリースされることが決定した。この映像化、当初は予定されていなかったのだが、ツアーが始まりバンドの進化を目の当たりにしたスタッフが、映像化を熱望したことで実現したものだという。そしてこのバンドの進化は、アオキテツという男なくしては成し遂げられなかったものだろう。ともすれば能天気なくらい真っ直ぐな彼のギターやキャラクターが、バンドを生まれ変わらせた。そう言っても過言ではない。
 
20170611_VK_10211.jpg
 
それを象徴したのが、昨年10周年を記念して作られた「BLUE」。楽曲の口火を切るのは、立ち込める暗雲を切り裂くような冴え冴えとしたギター。弾くのはもちろん、アオキだ。彼の弾く核となるリフが、ぐいぐいと曲を引っ張ってゆく。そして佐々木は持ち前のしゃがれ声を振り絞って〈選んだ道のりが 正しかったのかは 最期に分かるさ〉〈悲しみの先へ 描けるだけの未来へ〉と自らの歩みと未来への飽くなき挑戦を、会場を埋める観客へ宣誓する。そんな前のめりの2人を支えるべく安定感抜群のビートを作り出す渡邊とHISAYOのリズム隊も頼もしい。そんな4人の演奏は、これが最新型のa flood of circleなのだと名乗りを上げているようだった。
 
ミラーボールが回り、ステージ・フロア全員参加の〈お、お、お、お、お、おおおーん〉の大合唱が巻き起こった「Wolf Gang LaLaLa」で本編を締め括り、アンコールへ。「呼び出したのはそっちだろ?やれるんだろうな!」と、おもむろに弾き語りで「Blood Red Shoes」を歌い出す。ひとしきり歌い終えたところで、HISAYOのベースが唸りバンドサウンドへ。本編と打って変った鬼気迫る演奏と歌に、思わず圧倒される。それもその筈、予定ではアンコールは次の「春の嵐」で始まるはずだったのだ。ちなみにこの変更はメンバーにもスタッフにも伝えられておらず、佐々木はステージに立った時の思いつきで「Blood Red Shoes」を歌い出したらしい。その瞬間、メンバー・スタッフが即座に対応し、計らずしてスリリングな演奏が実現したという訳だ。佐々木はそんなメンバーとスタッフに賛辞を送り「バンド最高!」と破顔した。その後は予定通りの「春の嵐」を経てラストはロックなファンファーレ「ベストライド」。そしてここでも佐々木の無茶ぶりが発生。ワンフレーズだけ歌い、歌を観客にパス。観客たちはその後を完璧に歌い、再び佐々木へと歌のバトンを返してみせた。
 
20170611_VK_10301.jpg
 
「いっぱい人が変わったりして不安にさせたと思う」そう口にした上で佐々木は、新しくて面白くてカッコいいロックンロールを仲間たちと作っていきたいと語った。当然“仲間”という言葉には、彼らの音楽を愛するたくさんの人たちも含まれる。だから、信じているし、信じてついてきて欲しいと佐々木は言う。かつて「泥水のメロディー」で〈孤独の独り言〉を歌っていたバンドは、信頼できる仲間を得て、未来へそして目指すべき場所へと大移動を始めた。だから今回のライヴは、ツアーのファイナルというより、新しいステップへの初日を目撃した。そんな気分になった。この勢いで、どこまでも突き進んでいってほしい。
 
20170611_VK_10113.jpg
エクストライシュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo