トップ > エクストライシュー > 【ライブレポート】ミソッカス、自身主催のフェス『ミソフェス2017』、地元名古屋で大盛況!

【ライブレポート】ミソッカス、自身主催のフェス『ミソフェス2017』、地元名古屋で大盛況! 2017.01.10

027-yao-5141.jpgs_111-yao-2062.jpg
 
ロックバンド・ミソッカスが、1月8日にバンド主催のロックフェス『ミソフェス2017』を地元名古屋5会場にて開催。今年で4回目となるこのフェスは、地元では恒例になりつつあるが、今回はミソッカスを初めとし、ヤバイTシャツ屋さん、イトヲカシ、ヒステリックパニック、ココロオークションなど全38組が出演した。約1400人に上るロックファンが5会場に押し寄せ、次世代ロックバンドの祭典を満喫していた。
 
出演したバンドのMCでは、ミソッカスのリーダーであるデストロイはるきち(Vo&Gt)に対するコメントが多々述べられ、出演バンドとの信頼関係が伺えた。
 
DIAMOND HALLのトリを務めたミソッカスは、超満員のなか観客を沸かせ、代表曲「マッドシュリンプス」では、会場の隅々まで一体となり最高の盛り上がりをみせた。
 
アンコールを受けて再びステージに現れた主催者であるミソッカス・デストロイはるきちが、「“壮大な身内ノリ”だけど規模が大きくなるとエンターテインメントになる!!」という自論を語ると、ステージ袖で見ていた出演者たちや客席から熱い拍手が送られ、大盛況のもと幕を閉じた。
 
翌日1月9日も池下CLUB UPSETにて後夜祭を行い、パートチェンジバンド「ボロッカス」や、着物を着てライブを行っていた時代の「みそっかす」も登場し、ファンを大いに楽しませた。この名古屋ライブシーンのアンテナ役としてのロックフェスに今後も目がはなせなさそうだ。(Photo by ヤオタケシ)
 
エクストライシュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • kinoko