トップ > エクストライシュー > 【ライブレポート】ヒトリエ主催企画「nexUs Vol.2」 ヒトリエ×ぼくりり スペシャルコラボも飛び出す貴重な一夜に

【ライブレポート】ヒトリエ主催企画「nexUs Vol.2」 ヒトリエ×ぼくりり スペシャルコラボも飛び出す貴重な一夜に 2016.10.14

20161013-_MG_8893_.jpg
20161013-_MG_9041_.jpg
20161013-_MG_9251_.jpg
20161013-TN_21489_.jpg
20161013-TN_29732_.jpg
20161013-TN_29867_.jpg
 
ヒトリエが主催する自主企画『nexUs』。
 
このイベントは、ヒトリエのメンバー4人各々が縁のあるアーティストを迎えながら、イベントの発案・企画までを担うツーマンライブで、Vol.1は、ギターのシノダがキュレーターとなり、ベッド・インを迎えて9月9日にベッド・インを迎えて開催され、異色の組み合わせが話題を呼んだ。
 
そして、10月13日には、ベースのイガラシがキュレーターとなり、ぼくのりりっくのぼうよみを迎えて代官山UNITで早くもVol.2を開催。今回も意外な組み合わせとあって、発表時からファンの中ではどんなライブになるのか期待が高まっていた。
 
その期待の高さ通り、チケットはソールドアウト。イガラシセレクトの宇多田ヒカル「Fantome」が流れる会場はフロアが人で埋め尽くされ、開演を心待ちにする中、まずは、ぼくのりりっくのぼうよみが登場。デビュー作「hollow world」から「Black Bird」でライブをスタート。やわらかい歌声で会場を包み込んでいく。
 
「今日はヒトリエさんに呼んでもらってステージに立ってます。イガラシさんから突然、『ピザを食べに行きませんか?』って誘われて、その時にイベントに誘ってもらったのがきっかけで。」と今回の出演のいきさつを、くったくなく話す姿は10代の男の子という印象を持つものの、一転「sub/objective」「Collapse」「CITI」と続くリリカルな楽曲を、マイク一本で、息を呑むような空気を作り上げる姿は、規格外の新人アーティストそのもの。
 
「制作もやってます。新曲やります。」という短いMCから、新曲「Shadow」を披露した後は、「せっかく呼んでもらったので、カバーをやったら面白いと思って、wowakaさんの曲をやりたいと思います。」と、ヒトリエボーカルwowakaのボカロPとしての代表曲の1つ「アンハッピーリフレイン」をカバー。
 
12月11日には、渋谷クアトロで初のワンマンライブが決定した事を発表し、ラストの「Sunrise (re-build)」では、会場を1つにまとめあげ、ぼくりり初のロングセットのライブを終えた。
 
そしてヒトリエのステージへ。SEとともにメンバーが登場し、1曲目は、ベースソロからはじまる「踊るマネキン、唄う阿呆」
 
さらに、「ゴーストロール」と、早くもイガラシ節を感じる、通常のセットとは違った構成でライブがスタート。
 
「nexUs Vol.2 はじめます、よろしくどうぞ。最後まで楽しみ尽くして帰ろうね。」とwowakaの一言から、「ワンミーツハー」、
 
ここ最近のライブで披露している新曲「KOTONOHA」へと繋げると会場はバンドの熱量にぐいぐい引き込まれていく。
 
キュレーターのイガラシは、「この企画が持ち上がった時どうしても、ぼくりりくんと対バンしたくて、仲良くなりました。」と話し、「さっきぼくりりくんが、やってくれたので、お返しにやろうと思います。」とwowakaの一言から「アンハッピーリフレイン」が飛び出すと一際大きな歓声があがった。
 
「もう一曲好きな曲をやって終わります」とイガラシのMCから「モノカラー」で本編が終了。
 
アンコールでは、イガラシがデザインしたキャップを被り再度ステージに立ち「キューレーターとして、やりたい事がもう1つあります。コラボで、ぼくりりの曲やりたくて、呼び込んでいいですか?」と、再びぼくのりりっくのぼうよみをステージに呼び込むと「sub/objective」をヒトリエのバンド演奏でコラボレーション。
 
楽しそうに演奏するステージ上の姿が印象的で、メンバー自らが企画するライブらしく、互いの経緯や愛情が入り混じった温かい空間がそこにあった。
 
そしてアンコールラストの前には、12月7日に今年2枚目のフルアルバムをリリースするという、ヒトリエからの重大発表が。
 
さらに、アルバムに収録される新曲「リトルクライベイビー」を初披露し、イベントは幕を閉じた。
 
開け放たれた空間をどこまでも突き抜けて行きそうなメロディーに、ヒトリエが新たなステージに進んでいる事を、会場にいる誰もが感じる一夜になった。(PHOTO:西槇太一)
 
■nexUs Vol.2 2016.10.13セットリスト
ぼくのりりっくのぼうよみ
1.Venus ※SE
2.Black Bird
3.Newspeak
4.sub/objective
5.Collapse
6.CITI
7.Shadow
8.アンハッピーリフレイン
9.A prisoner in the glasses
10.Sunrise (re-build)
 
ヒトリエ
1.踊るマネキン、唄う阿呆
2.ゴーストロール
3.ワンミーツハー
4.KOTONOHA
5.シャッタードール
6.MIRROR
7.フユノ
8.カラノワレモノ
9.アンハッピーリフレイン
10.トーキーダンス
11.センスレス・ワンダー
12.モノカラー
 
EN1.sub/objective (with.ぼくのりりっくのぼうよみ)
EN2.リトルクライベイビー
エクストライシュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo