トップ > コラム >アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生 > 第四十九回「可愛くなれる魔法」

 少女時代、家族で出かける時、普段は着ないような可愛らしい服を着ることがとても嬉しかった記憶があります。
 特に覚えているのが、冬の記憶だけど白い大きな丸襟のついた黒のベロアのワンピースに、パールのボタンがついたピンクのフリルのカーディガン、足の両側面に黒い花の刺繍が縦に一本入った白いタイツに黒のエナメルのワンストラップシューズを履くのが当時のお気に入りコーディネートでした。何処かへお出かけする時、必ずそのピンクのフリルのカーディガンを着ていくと言って聞かなかったそうです。
 こんな感じで今よりもはるかにお洒落だった幼少時代…美への好奇心は自分の意識からあり余るほどでした。現在女性である人は必ず女の子だった時代があるし、きっと同じ気持ちの人もたくさんいると信じていますが、少女時代、母が身支度する姿を見るのが好きでした。
 母が鏡に向かって化粧をする姿は子ども心にとても興味深く魅惑的で、私も早くお化粧ができる年齢になりたいとさえ願っていました。お化粧する母の横でキラキラした目でその様子を見る自分、いや、そういう女の子ってとっても可愛く見えるだろうなぁと大人になった今思います。ほっこり。そんな私を見て母がたまにビューラー(男性は知らない人もいると思うので補足すると、まつ毛を上向きにカールさせる道具ですね)で私のまつげをカールしてくれたり、ほんのりピンクに色づくリップをつけてくれたり、ルースパウダー(いわゆるお粉です)をほんの少し顔にはたくだけで自分の顔が普段の100倍可愛く見えました。
 「お化粧ってすごい! 私も早く大人になりたい!」
 そして化粧品や化粧道具のビジュアルも、子ども心・女心に突き刺さるものがありました。パレットの上の色とりどりのアイシャドウやリップ、ファンデーションのコンパクト、化粧道具のフワフワのブラシはまさに魔法使いのステッキのように見えました。
 ある日、学校から帰ると母は出かけていました(余談ですが、当時、家の鍵はポストに入れておきますだの植木鉢の下に置いてますっていうのはものすごく危険ですよね。私の地元は田舎だったので、家に人がいる時、寝る時間までは鍵を閉めていませんでした。今考えると恐ろしいけど、今が恐ろしいのか昔が恐ろしいのかは分かりません)。
 テレビを見たりお菓子を食べたり、冷蔵庫から練乳のチューブを取り出して舐めたり、砂糖と塩を交互に舐めたりしながら母が帰ってくる時間まで自由気ままに過ごしていましたが、ハタと閃きました。
 「母の化粧道具を使ってお化粧してみよう!」
 早速メイク道具が仕舞ってある棚からコスメを取りだし、鏡を見ながらワクワクして母がやっているそれのように記憶をたどり、自分の顔に化粧を施してみました。
 でもおかしなことに、全然可愛くならないのです。それもそのはず、どのコスメをどのような手順で使うかを分かっていなかったので、どんなに塗りたくっても綺麗にはなりません。おかしいなぁと鏡をまじまじ見ていると、外から家の車のエンジンの音がしました。
 ヤバイ! と速攻でコスメを元の位置に戻し、なぜそうしたのか分からないのだけど、咄嗟にお手洗いに逃げました。別に叱られることはないのに、下手な化粧でブッサイクになった自分の顔を見られるのが恥ずかしかったのでしょうね。お腹が痛いから、とお手洗いにしばらくひきこもり、どうしよう、とトイレットペーパーで必死にメイクを落とし、でも全然落ちなくて、母が着替えている隙に洗面所に駆け込み、高速で顔を洗いました。
 でもここで誤算が! メイク落としがないと化粧ってなかなか落ちないのです! そんなことも知らなかった私は水と石鹸で必死に顔を洗いましたが、もうダメ…とタオルで顔をごしごし拭きました。母が洗面所に来て、「容子、お腹痛いの大丈夫?」と尋ねてきた時にはほぼお化粧は落ちていましたが、アワアワと取り繕う私の手には口紅のついたタオルがしっかりと握られていて、それを見た母はすべてを察してふふふ、と少し笑ってキッチンへ行き、夕食の準備をし始めたのでした。
Blue Forest

FAMC-228
価格:2,200円+税
発売・販売:KADOKAWA
2016年6月15日(水)発売

amazonで購入

Live info.

AOMORI ROCK FESTIVAL '16 〜夏の魔物〜 10周年記念大会
■10月1日(土)青森県東津軽郡平内町夜越山スキー場

アーバンギャルド2016 ショート・グッドバイ・ツアー
■10月2日(日)仙台HOOK
■10月4日(火)札幌COLONY
■10月15日(土)福岡Live House CB
■10月16日(日)岡山CRAZYMAMA 2ndroom
■10月22日(土)名古屋HOLIDAY NEXT NAGOYA
■10月23日(日)大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
■10月30日(日)台湾・台北 月見ル君想フ
■11月5日(土)東京・渋谷WWW

アーバンギャルド2016 XMAS SPECIAL HALL LIVE
ショート・グッド・バイ・クリスマス(仮)
■12月11日(日)大阪 梅田AKASO
■12月17日(土)東京 渋谷区文化総合センター大和田・さくらホール

連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!