トップ > コラム >今野亜美のスナック亜美 > vol.8 いくつになっても夢を持つことを恐れずに

C360_2017-10-18-19-48-57-953.jpg
 
 こんにちは、今野亜美です。
 実はもうすぐ誕生日。かつては嬉しかったはずの『誕生日』。気がつけば複雑でしかない『誕生日』。歳をとる。目指すは“老い”ではなく“進化”。と、言いつつ、周りはプチ結婚ラッシュ。だんだん落ち着く同世代に心がザワつく今日この頃。
 先日、久しぶりに有楽町へ。「良いお店があるよ」と教えていただき、向かったのは居酒屋『日の基』さん。ガード下、昭和レトロな空気漂う良い雰囲気のお店。開店間もないが、店内にはすでに多くのサラリーマンのおじちゃんたち。黒ホッピーとモツ煮込みを頼む。
 
15083238584260.jpg
 
 「女性でホッピー、珍しいねぇ!」。突然声をかけてきたのは、隣のおじちゃん二人組。仕事帰り、上司と部下の関係。二人で飲みに来て仕事の反省会をしているというが、そうは見えない仲の良さ。仕事論。愚痴。おじちゃんたちの熱いトークバトルを聞く。
 一瞬の沈黙。上司のおじちゃんが呟く。「そういえば、夢があるんだよね」。なんの脈絡もない、突然の告白。「いやいや、もうないでしょ! 人生もう終わってるんだから!」。部下のおじちゃん、笑ってツッコむが、上司のおじちゃんは真面目な顔。「どんな夢ですか?」。聞いてみると、返ってきたのは「ピアノが弾きたい」という意外すぎるもの。「今やらないんですか?」。聞けば「今は違う」と返される。「むかしテレビであるおじいちゃんがピアノを弾いていてね」、おじちゃんは語る。「その人は60過ぎて定年後からピアノを始めた人なんだけど、その姿がかっこよくて。だから俺も60過ぎたら始めるって決めてるの」
 
15083238765051.jpg
 
 日本酒片手に呂律は曖昧だが、語るのは、迷いのない真剣な夢。からかわれようと関係なく、自分の夢を語るおじちゃん。そして、年齢関係なくやりたいことを始め、その姿で人に夢を与えたおじいちゃん。どちらも素敵だ。もうすぐ、ひとつ年齢を重ねる。これから周りはさらに落ち着いていくだろう。それでも、夢を持つことを恐れずにありたい、と思った。

Live info.

『スナック亜美 vol.9 〜今野亜美生誕祭〜』
【日程】2017年11月7日(火)
【時間】開場18:30 / 開演19:30
【会場】LOFT9 Shibuya
【出演】今野亜美(ex.清 竜人25)
【料金】前売 2,500円 / 当日 3,000円(共に飲食代別・1オーダー500円以上必要となります)
【チケット】前売券はイープラスにて絶賛発売中!
【お問合せ】LOFT9 Shibuya 03-5784-1239

連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!