トップ > コラム >THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城 > 第三十四回 鳥取城と伏見城の壮絶を極めた籠城戦

 どうもー、堀北薪男です。この時期、一年で一番寒い季節ですね〜。城巡りするのは億劫な季節ではありますが、実は空気も澄んでて見晴らしもいいし、落葉した樹木が城を遮らないなど、行ってしまうとオススメの時期でもあるのです。といいながら今回は悲しい城の話にしましょう。
 有名なところでは鳥取城でしょうか。信長配下の秀吉が攻めて吉川経家が守る鳥取城。壮絶な籠城戦があったんですな。攻める秀吉には策略がありまして、商人を使って鳥取城周辺の米を相場より高く買い取ってたんです。すると鳥取城側は鉄砲弾薬等が欲しいため、米を売っちゃうんですな。
 そうこうするうちに秀吉軍が大軍で一気に鳥取城を包囲。ついでに周りの支城の敗残兵や農民を鳥取城内に逃げ込むように仕向けます。となると、守備兵だけでも足りない兵糧がより不足してしまいます。1カ月もすると完全に兵糧が底をつき、餓死者が出てきます。補給路も完全に断たれているので、城内は飢餓状態。錯乱した人間を殺したり餓死者を食人するという行為が発生してしまいます。正気を失った錯乱状態で食人行為が繰り返される地獄絵図。「脳みそが一番うまい」とか記録に残ってるみたいす。
 そして4カ月が経つと吉川経家は降伏。城内の人間の助命を条件に自ら切腹することで幕引いたみたいです。生きてるギリギリの状態で助かった城内の者たち、秀吉側に食料をもらったが一気に食べ過ぎて胃痙攣を起こしてショック死する者多数だったようです。
 この城攻めが「鳥取城飢え殺し(かつえごろし)」と呼ばれている戦いです。最近、鳥取市が「かつ江さん」というゆるキャラを作りましたが、これには賛否両論あったみたいです(笑)。400年以上前の話とはいえ、多数の死者が出てあまりに壮絶だったからかなぁ。全然ありだと思うけど!
 
IMG_01.JPG
▲鳥取城。現在残っている城跡は戦国期のものではないが、江戸時代後期に石垣の崩壊を防ぐために造られた球状の石垣「天球丸」が珍しい(現在のは再現)。ていうか鳥取城にしかない。(2014年5月撮影)
 
 壮絶といえば伏見城もすごいっす。1600年、関ヶ原の戦いの前哨戦。徳川家康がわずかな兵を伏見城に置いて隙を作り、石田三成の挙兵を誘うというやつ。つまり伏見城に赴く武将は囮として三成を引きつけて全滅確実ということです。そこで選ばれた武将が鳥居元忠。徳川が松平だった頃からの重臣です。家康に呼ばれた元忠。家康「伏見城に行ってくれんかの」、元忠「わかりました。伏見城は自分だけ行くんで、殿は家来をみんな連れてってください、みなまで言わんでもわかります!」と家康の考えを即座に理解、徳川の世になるための礎になることを決断、その夜、更けるまで酒を酌み交わしたと言われます。
 そして1800名の兵士たちと伏見城に入った元忠。石田三成も即座に挙兵、4万の大軍で伏見城を包囲、攻撃を開始します。2週間近く奮戦するのですが、人質を取られた味方の内通者も出て城内に火をかけられます。もはやこれまでと元忠や家来が一斉に自刃します。そして伏見城は落城、三成の西軍は関ヶ原に向かい歴史的合戦となるわけです。
 その間、約1カ月、城内の死体は放置されていたらしく、その血、肉、脂が床や畳にこびりついていたようです。家康はこの忠臣たちに大いに感謝、誇りに思い、江戸城に登城する大名に見えるところにその畳を敷いて元忠たちの忠義を称えたようです。京都にも伏見城の血染めの床板を天井に張り替えた「血天井」が養源院という寺で現在も見られます。ここは私も行ったことないのでいつか行きたい! ちなみに現在の伏見城は模擬天守で、場所も当時とは違います。広島県の福山城には徳川時代の伏見城から移築した伏見櫓が現存していて、国の重要文化財になっております。
 てなことで今月はそんな感じで! ばいなら!
 
 
IMG_02.JPG
▲福山城に移築された伏見櫓。徳川時代に再建された伏見城から移築されたもの。(2016年10月撮影)
 
撮影:岡峰光舟 挿絵:西 のぼる 協力:新潮社
 

Live info.

THE BACK HORN 20th Anniversary『KYO-MEIワンマンライブ 東京編・大阪編』〜情景泥棒〜
3月20日(火・祝前日)Zepp Tokyo[東京編]
3月24日(土)Zepp Osaka Bayside[大阪編]

THE BACK HORN 20th Anniversary『KYO-MEI対バンツアー』〜情景泥棒〜
4月1日(日)Zepp Nagoya[with:UNISON SQUARE GARDEN]
4月6日(金)仙台PIT[with:9mm Parabellum Bullet]
4月8日(日)Zepp Sapporo[with:9mm Parabellum Bullet]
4月15日(日)岡山CRAZYMAMA KINGDOM[対バンは後日発表]
4月20日(金)新潟LOTS[対バンは後日発表]
5月13日(日)福岡DRUM LOGOS[対バンは後日発表]

連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • せきしろの 投稿者列伝
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!