トップ > 編集部日記 > こわれ者の祭典 / 成宮アイコ イベント > まな板にのりたい、じゃなきゃお話しが始まらないのだ。逆襲のロックショー(vs スーパー猛毒ちんどん)

成宮アイコ編集部日記タイトル

まな板にのりたい、じゃなきゃお話しが始まらないのだ。逆襲のロックショー(vs スーパー猛毒ちんどん) 2016.11.29

161103-175.jpg
思い出は胸の中にとか言いますが、人間の記憶は簡単に薄れるので全部書き残していかねば、と焦る想い。書き残したいことがたくさんたまっちゃったよ。
 
楽しいことがあればあるほど悲しくなるけど、
悲しくなるから楽しいことを避けるというのは、もうやめたいと思う。
ずっと避けてきたから、そういうのもうやめたい。
なかなか難しいけれども。
 
まずは結構振り返って、11/3のスーパー猛毒ちんどんとの対決ライブ。
 
◼︎ライブ写真はこちらをクリック
◼︎前哨戦としてちんどんメンバーと放送したツイキャスはこちらをクリック
◼︎ライブ後の総括放送はこちらをクリック
 
これは、わたしにとって、強い想いをこめたライブでした。
相模原のあの事件をうけ、考えていたことをぶちまけました。
社会的弱者と言われやすい知的障害者と、犯罪者に精神科通院歴があると「またか・・」と言われる精神障害者が一緒になってこんなにもはちゃめちゃに楽しいライブをすることができるんだぞ、と。
 
だからどうしてもたくさんの人に見て欲しかったし、知って欲しかった。
おかげで、エキサイトBitさんが事前インタビューを、
東京新聞さんは当日の朝刊で大きく取り上げてくださいました。
いろいろな場所で取り上げていただくと、賛否両論ある。
それでもわたしはやっぱり、知ってほしいと思う。
まな板の上にのりたい、そうしなきゃお話がはじまらないのだ。
わたしはまだ手段を選んでいる段階まで行っていない、だから頑張りたい。
必要がなくなったら忘れられてもいいから。
 
◼︎エキサイトBitさんの成宮アイコ事前インタビューはこちらをクリック
 
 
20161103東京新聞.jpg
東京新聞さんありがとうございます
 
わたしたちのやり方、そしてスーパー猛毒ちんどんのやり方はきっと、合わない人もいる。
それはちゃんと分かっているんです。
100%全員にはきっと届かない。
だけど、やり方はたくさんあったほうがいい。
選択肢はたくさんあったほうがいい。
だから選択肢のうちの1つ、ただのサンプルのうちの1つになりたいと思っています。
 

前半はカウンターチームのライブ

 
あの事件について一切ツイートをしなかったのは、
自分の伝えたい形で表したかったから。
11/3の「スーパー猛毒ちんどんvs成宮アイコ+タダフジカ+Tokin 逆襲のロックショー」こそ、わたしなりの答えです。出演した全員、わたしたちなりの、答えです。
 
161103-17.jpg
 
コラボレーションはわたしの朗読詩「傷つかない人間なんていると思うなよ」とスーパー猛毒ちんどんの「数え唄」を入れ込ませた壮大な組曲をやりました。
 
ずっと心にあった言葉、昔は人に何も言えなかった気持ちのうずめき。
「傷つかない人間なんていると思うなよ」が、わりと万能だというのはここ最近気づいたことです。
選挙フェスに出させていただいたきっかけもこの詩だった。
ライブが決まったとき、ちんどんとのコラボをするときも絶対にこれだと思ったんです。
 

スーパー猛毒ちんどんと成宮アイコの数え唄

 
今まで飲み込んだ言葉のぶんだけ全部、なかったことにしようとした黒歴史のぶんだけ全部、一緒に言おうね、まだ言えないときは変わりに言っとくね。
 
「傷つかない人間なんていると思うなよ」
 
161103-169.jpg
 
このライブについて、そしてコラボ動画を雨宮処凛さんがマガジン9での連載で取り上げてくださり、ハフィントンポストさんにも掲載をしていただきました。人間賛歌、ぜひ、見てほしいです。そして次回は一緒に歌ってほしいのです。
 
ラストはお客さんとして来てくださっていたげんきいいぞうさんに参加してもらい、「まあ、生きていれば良しとする」を全員でやりました。
 

まあ、生きていればよしとする!

 
悔しさとか、愛情とか、生きてきてよかったとか、忘れたいことだらけだとか、悲しさとか、恨みとか、いろんな感情がうずめいているので、この日コラボをしたスーパー猛毒ちんどんの歌詞を貼っておきます。これが全てだよ。
 
「スーパー猛毒ちんどんの数え唄」
作:スーパー猛毒ちんどんコンポーザー佐藤
 
一つ! 人より アタマは 弱いが
二つ! 不器用、なんのその なんのその
三つ! 見た目もいまいち だけど
四つ! 世渡りも うまかない うまかない
 
生まれおちて このかた バカだった
仲間はずれ ずっと一人で 笑ってた
今が 時だ 逆襲だ(スーパー猛毒ちんどん!)
 
オレに だって 夢は あふれている
輝ける 空見あげ いざ行かん 友よ
 
五つ! いつでも のけ者だけど
六つ! むかつく この世の 中に
七つ! 泣きたい 夜もあるさ
八つ! 破れた 恋ばかり 恋ばかり
 
生まれおちて このかた バカだった
仲間はずれ ずっと一人で 笑ってた
今が 時だ 逆襲だ(スーパー猛毒ちんどん!)
 
オレに だって 夢は あふれている
輝ける 空見あげ いざ行かん 友よ
 
 
161103-188.jpg
2017年もカウンターチームvsスーパー猛毒ちんどんで
いろいろと計画中☆
 
来年のライブ予定も決まってきた。どこでも行けるようになりたいと思う。同じだわー…って呆れながら笑ってあげるから、笑ってほしい。その気持ちほんとわかるわ、って笑ってほしい。
 
 
プロフィール

成宮アイコ(なるみやあいこ):ロフトプラスワンで開催している”生きづらい人間集結!”を合言葉としてお笑いを交えたパフォーマンス集団「こわれ者の祭典」メンバー。ネイキッドロフトで不定期ライブ「カウンター達の朗読会」を主催。詩や短歌を絶叫朗読するスタイル。サブカルクソ野郎のテンプレを体現していたらついうっかりロフトへ入社。サブカルってマジョリティじゃん?と錯覚する毎日。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリ

  • mamono
  • lpo