Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

  • ストライカーズ('09年4月号)

    ストライカーズの1st.フルアルバム『GOLD』が遂に完成!しかも、初の全国流通盤!!今作は彼らが意識する"80's"のキラキラ感を充分に取り入れ、アゲアゲでイケイケなパーティーチューンや、疾走感のあ...more

    2009.04.01

  • 太陽とシスコムーン('09年4月号)

    2000年10月に惜しまれつつ解散した太陽とシスコムーンが、デビュー10周年を記念して今再び動き出そうとしている。『メガベスト』発売に合わせて立ち上げた期間限定ブログ、HMV渋谷店で行なわれた事実上の...more

    2009.04.01

  • 怒髪天('09年4月号)

    『プロレタリアン・ラリアット』──ジョン・スタインベック風に言えば、『怒りの葡萄』ならぬ『怒りの武闘』といったところだろうか。未曾有の不景気の出口は未だ見えず、目を覆いたくなるばかりの暗澹たる事件や事...more

    2009.04.01

  • SWANKY DANK('09年3月号)

    兄のYUICHI(vo,g)、弟のKOJI(vo,b)、彼らの盟友であるHAZE(ds)から成る3ピース・バンド、SWANKYDANK。結成から2年、一貫してライヴハウスでの活動にこだわり続けてきた彼...more

    2009.03.02

  • KIKKAWA KOJI QUARTER CENTURY ANNIVERSARY 吉川晃司デビュー25周年記念特別座談会('09年3月号)

    1984年2月1日、シングル『モニカ』でデビューして以来、既存の概念を突き破るスタンスで常に第一線を疾走し続けてきた吉川晃司が、今年目出度くデビュー25周年を迎える。その湧き上がる表現意欲は音楽だけに...more

    2009.03.02

  • ASAKUSA JINTA('09年3月号)

    近年はホームグラウンドである浅草での"LOCAL"な活動と、精力的に海外のツアーを敢行する"GLOBAL"な活動というダブル攻勢で疾風怒濤のハード・マーチングを轟かせている浅草ジンタ。昨年4月から5ヶ...more

    2009.03.02

  • ビイドロ('09年3月号)

    ビイドロが実に3年半振りに発表するオリジナル・アルバム『冗談の王様』は"ロック"である。ギター・ロックもUSインディーもヘッタクレもない。徹頭徹尾"ロック"なのである。"ロック"とはその名の通り岩のよ...more

    2009.03.02

  • ヒダリ('09年3月号)

    メガネ、ノッポ、アメリカンからなる3人組"ヒダリ"の2nd.アルバム『ワインとチョコレート』がリリースされる。ファミコン的ローファイかつノスタルジックな電子音とギターサウンドが緻密に絡み合い、創造をか...more

    2009.03.02

  • The JFK('09年3月号)

    2008年初頭に結成されたTheJFKが、前作のシングル『HALLbeeQUIETe.p.』を経て、ファーストアルバム『1959』をリリースする。結成から1年、さまざまなバンドとの対バンを重ね、ライブ...more

    2009.03.02

  • 吉野 寿(eastern youth)が語る映画『THIS IS ENGLAND』とスキンヘッド・カルチャー('09年3月号)

    現代にも通じる普遍的な少年の成長を描くドラマ性と、80年代初頭の郊外労働者階級の若者たちが傾倒したスキンヘッド・カルチャーをリアリティ溢れる映像で描写した、シェーン・メドウズ監督の自伝的青春映画『TH...more

    2009.03.02

  • BEAT CRUSADERS('09年2月号)

    2004年の初夏に背徳のメジャー契約を交わし、ミニ・アルバム『APopCALYPSENOW〜地獄のPOP示録〜』でメジャー・デビューを果たしてから早5年。異能のお面貴族ことビート・クルセイダースがメジ...more

    2009.02.02

  • FAR FRANCE('09年2月号)

    一昨年から下北沢シェルターで敢行している『WaitingForMyMen』や昨年の夏に新宿ロフトで開催した『大運動会2008』といった自主企画で実力と知名度を着実に伸ばしているFARFRANCEが、初...more

    2009.02.02

  • polyABC('09年2月号)

    紛うことなき傑作である。前作『Imprint****』で和製ネオ・ギター・ポップの金字塔を打ち立てたpolyABCが放つ3rdフル・アルバム『wonderofdear』は、至上のメロディ・センスを武器...more

    2009.02.02

  • American Short Hair('09年2月号)

    下北沢を中心にライブ活動をスタートさせてから4年。迫水秀樹(Vo&G)、横川翔太(G)、松本一真(B)、杉本賢二(Dr)からなる4人組AmericanShortHair(アメリカンショートヘアー)。昨...more

    2009.02.02

  • opening('09年2月号)

    2007年1月25日に、新宿ロフトでの初ライブで幕を開けたピアノエモ・インストゥルメンタルバンドopeningから、待望の1st.アルバム『黙』がリリースされる。ピアノが核となる彼らのサウンドは、激情...more

    2009.02.02

  • リスペクト! ショーケン!!('09年2月号)

    text:馬場敏裕(タワーレコード渋谷店サウンドトラック担当)「どうしてこの邦画サントラが簡単に聴けないんだ!名盤だろ、名盤!」という日本のサントラに焦点を当てて取り組む(僕の勝手な解釈ですが)〈富士...more

    2009.02.02

  • THE COLTS('09年2月号)

    昭和83年(2008年)4月13日に日比谷野外音楽堂で行なわれたライヴをもってザ・マックショウがひとまずの活動休止をしたことを受け、その母体であるザ・コルツが遂に動き出す。まずはそのウォーミング・アッ...more

    2009.02.02

  • ロザンナ('09年2月号)

    高円寺を拠点に精力的にライヴ活動を重ね、武骨な男の純朴な心を唄った直情的な歌と燃え滾るようなパフォーマンスで絶大な支持を得ている3ピース・バンド、ロザンナ。前身バンドを経ての再始動から5年、『レッツゴ...more

    2009.02.02

  • 『Melodizm』リリース記念! スペシャル対談!!('09年2月号)

    「GOODMELODY」+「DYNAMISM」=「Melodizm」をコンセプトに、グッド・メロディーを生み出すことにアイデンティティの全てを捧げ、オーディエンスを惹きつける躍動感のあるライブを展開し...more

    2009.02.02

  • MASS OF THE FERMENTING DREGS('09年1月号)

    2008年1月の1st.アルバムの発表以来、シュアな耳を持つロック・ファンの間で強烈な注目を集めてきたMASSOFTHEFERMENTINGDREGS(マス・オブ・ザ・ファーメンティング・ドレッグス)...more

    2009.01.05

復刻
ロフトアーカイブス
lpo
lpo