Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

  • The John's Guerrilla('09年7月号)

    現代のUK/USインディー・ロックの素養はもとより、あらゆる価値観の転覆をもたらした60年代/70年代のユース・カルチャーを分母に置きつつ独自のエッセンスを加味した"我流のNEWPSYCHEDELIC...more

    2009.06.27

  • メロン記念日×ニューロティカ('09年7月号)

    異能のお面貴族ことビート・クルセイダースとのコラボレート・シングル『DON'TSAYGOOD-BYE』(祝!タワーレコード・インディーズ・チャート首位奪取!)に続く"メロン記念日ロック化計画"第2弾は...more

    2009.06.27

  • 踊ってばかりの国('09年7月号)

    2008年4月に神戸で結成された"踊ってばかりの国"。最初、このバンド名は作品のタイトルだと思っていたぐらいパンチの効いたバンド名である。メンバーは、下津スズメ(唄と四本)・滝口カピバラ(飛び道具六....more

    2009.06.27

  • ハヌマーン('09年7月号)

    2004年7月に結成されたハヌマーン。二度のドラマーチェンジを経て、現在の山田亮一(Vo.G)、大久保恵理(Ba)、青木繁之(Dr)となる。2007年2月にはASRRECORDSより1st.ミニア.....more

    2009.06.27

  • 中尾諭介('09年7月号)

    中尾諭介アンドニックバッカーズの『東京インディアン』の裏ジャケットにはこんな但し書きが明記されている。「このCDは、著作権法上にのっとっていない使用は禁止されています。この音源権利者の承諾なく、お友達...more

    2009.06.27

  • ASA-CHANG&巡礼('09年6月号)

    優れたポップ・ミュージックとは、聴き手を選ばぬ大衆性と同時代に対する鋭敏な批評精神が共存しているものである。何も万人に受け入れられる軽さばかりがポップ・ミュージックの本質ではない。ただ口当たりが良く、...more

    2009.06.01

  • BEAT CRUSADERS('09年6月号)

    ヒダカトオルの単独デビュー10周年と本厄突入を記念して今年の2月に発表されたメジャー移籍後初のベスト・アルバム『VERYBESTCRUSADERS』が好調なセールスを記録し、その直後には初の全国ワンマ...more

    2009.06.01

  • 曽根 功 3P3B代表 a.k.a. OZK × 渡邊 忍 ASPARAGUS/ex.CAPTAIN HEDGE HOG('09年6月号)

    インディーズ・シーンきっての良心として常に鮮度とクオリティの高いポップ・ミュージックを発信し続けているレーベル、3P3Bが今年めでたく設立10周年を迎えた。その10周年記念事業の一環として、今年3月に...more

    2009.06.01

  • 追悼 忌野清志郎('09年6月号)

    拝啓、キング・オブ・ロックンロール。そっちの調子はどうですか。サム・クックやオーティス・レディングと賑やかにセッションしてますか。あなたの訃報を聞いてから早ひと月、心にポッカリと開いた穴が未だに塞がり...more

    2009.06.01

  • 扇 愛奈('09年6月号)

    日本の古き良き歌謡曲とパンク・ロックのハイブリッドによる異色の音楽性、七転八倒しながらも一縷の希望に喰らいつこうとする省察的な詩の世界、ひたすらに叫び狂い踊り狂う破天荒極まりないライヴ・パフォーマンス...more

    2009.06.01

  • COMA*('09年6月号)

    LOTUSやTELEPATH、FUTUREROCKといったアメリカのライヴトロニカ・バンドから影響を受けた扇情的かつ精緻を極めたサウンドでジャム・フィールドのオーディエンスから高い評価を得ているCOM...more

    2009.06.01

  • SUPER BEAVER('09年6月号)

    日常の混沌を掻き鳴らす平均年齢20歳の4人組、SUPERBEAVERが遂にメジャーデビュー!!記念すべき第1弾シングル『深呼吸』と同じタイトルを持つ1曲目『深呼吸』は、彼ら4人の「現在(いま)」と「未...more

    2009.06.01

  • soulkids('09年6月号)

    5月20日にニューアルバム『COSMICHERO』をリリースした名古屋在住のオルタナボーイズことsoulkids。昨年は2度のメンバーチェンジを経験した彼ら。2008年3月には若干20歳のドラマー.....more

    2009.06.01

  • Good Dog Happy Men('09年6月号)

    4月30日に新宿ロフトで行われたワンマンライブ"GoodDogHappyMenTOUR「4人のゴブリン大いに躍る」"をもってベースの韮沢雄希とドラムの伊藤大地が脱退し、門田匡陽(Vo.G)と...more

    2009.06.01

  • メロン記念日×BEAT CRUSADERS('09年6月号)

    アイドルとロックの境界線を打ち破る奇跡のコラボレーションの実現である。うるさ型のロック・ファンからも絶大な支持を集めているメロン記念日が、名うてのロック・バンド全5組とのコラボレート・シングルを相次い...more

    2009.06.01

  • Veni Vidi Vicious('09年6月)

    2008年10月に1st.アルバム『IRIERACKIT』をリリースし、11月には憧れのザ・ヴァインズのオープニングアクトに抜擢されたVeniVidiVicious(ヴェニ・ヴィディ・ヴィシャス)。満...more

    2009.06.01

  • 坂井竜二(the ARROWS)×一色徳保(つばき)('09年6月号)

    新宿LOFTが西新宿から歌舞伎町に移転して10年。この10年間、多くのミュージシャンがこのステージに立ち、数々のドラマを生んできました。今回6月30日に新宿LOFTで行われるイベント"SHINJUKU...more

    2009.06.01

  • SCOOBIE DO('09年6月号)

    コヤマシュウ(Vo.)、マツキタイジロウ(Gt.)、ナガイケジョー(Ba.)、オカモト"MOBY"タクヤ(Dr.)からなるSCOOBIEDO。2006年に自身のレーベルCHAMPRECORDSを立ち上...more

    2009.06.01

  • Qomolangma Tomato('09年5月号)

    作品ごとに色を変えながら音楽と真摯に向き合い、新たな表現に挑む4人組、QomolangmaTomatoの1年ぶりの3rd.アルバム『camouflage』がリリースされる。前作『LimelightBl...more

    2009.05.01

  • a flood of circle('09年5月号)

    『Beforetheflood』〈怒濤の濁流の前に〉と題されたライヴ音源シリーズの発表、今年1月に新宿ロフトで行なった初のワンマン・ライヴの成功と、まさに奔流の如き快進撃を続けるア・フラッド・オブ・サ...more

    2009.05.01

復刻
ロフトアーカイブス
lpo
lpo