Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

  • 毛皮のマリーズ('08年5月号)

    今月号に掲載されているTHE卍へのインタビュー中、「最近関心のあるバンドは?」とう当方の問いに、ROLLYは迷わずにこう答えた。「若手のロック・グループの中で唯一好きなバンドがいるんですよ。毛皮のマリ...more

    2008.05.01

  • カリキュラマシーン('08年5月号)

    満足することがないから20年間突っ走ってこられたDe+LAXの榊原秀樹がフロントマンを務めるカリキュラマシーンが、前作『THISISLOVESONG』から僅か10ヶ月というインターバルを置いて通算5作...more

    2008.05.01

  • フラバルス('08年5月号)

    黒田晃太郎のソロユニット"フラバルス"がセカンドフルアルバム『MyGirl』をリリースする。コンセプトは"18歳の恋愛"。まだ見ぬ未来へ希望に満ちあふれた18歳という年齢と、生きていく上で山あり谷あり...more

    2008.05.01

  • BlieAN('08年5月号)

    ガレージ、ハードコア、グランジ、ロックンロール、パンクなどをベースに現代社会に流されているヤツラにメッセージを強く突きつける3ピースバンド"BlieAN"。目をひん向き、溢れる感情を吐き出すように歌う...more

    2008.05.01

  • Less than TV presents('08年5月号)

    オーディエンスをただひたすらに失笑の渦へと引き摺り込みつつも、'92年の結成以来一貫して他の誰にも似ていない奇想天外なハードコアを放射し続けるU.GMAN。そのU.GMANの谷口順とestllera2...more

    2008.05.01

  • a flood of circle('08年5月号)

    自らのバンド名をタイトルに冠したファースト・ミニ・アルバムの発表から僅か10ヶ月。afloodofcircleが放つ最新作『泥水のメロディー』は、前作で顕著だったブルース・ロックを分母に置いたスケール...more

    2008.05.01

  • SHEENA & THE ROCKKETS 30th ANNIVERSARY SPECIAL TALK SESSION('08年5月号)

    1978年10月25日、シングル『涙のハイウェイ』でデビューを果たしてから今年で30周年を迎えるシーナ&ロケッツが、実に8年振りとなるオリジナル・アルバム...その名も『JAPANIK』をリリースした...more

    2008.05.01

  • THE 卍('08年5月号)

    日本が世界に誇るグラムロック・スター、ROLLY(vo,g)が30年もの構想期間を経て具現化させた純和製ロック・バンド、THE卍が満を持しての本格始動!アングラ演劇と蜜月だった頃の日本のロックのいかが...more

    2008.05.01

  • ミドリ('08年5月号)

    "奴らは君たちの持っている自由がこわいんだよ。"映画『イージーライダー』のワン・シーン。ジャック・ニコルソン扮する酔いどれ弁護士が、デニス・ホッパー演じる自由への翼に放ったスピリット。奴らとはエスタブ...more

    2008.05.01

  • 『CLUB KIKKAWA〜吉川晃司伝説ナイト〜』開催記念座談会

    ダイノジ大谷さんの吉川アニキに対するアッツイ思いによって実現してしまった『CLUBKIKKAWA〜吉川晃司伝説ナイト〜』!何だかこのイベントにただならぬ思いを寄せているらしいダイノジ大谷さん&大地さん...more

    2008.05.01

  • UNCHAIN('08年4月号)

    昨年のメジャー進出以降、『departure』『rejoice』『WE'VEGOTSOMETHING』といった作品をコンスタントにリリースし、その持ち前の音楽センスを魅せ付けたUNCHAINが待望のフ...more

    2008.04.01

  • BOφWY('08年4月号)

    1950年代にアメリカで産声を上げた舶来のロックンロールを咀嚼し、独自の文化として発展し進化を続ける日本のロック。そのほぼ半世紀にわたる歴史において、"伝説のライヴ"と称されるものが幾つか存在する。特...more

    2008.04.01

  • DE DE MOUSE('08年4月号)

    昨年、1stアルバム『tideofstars』をリリース。美しい郷愁を誘い込むメロディと、先鋭的なエレクトロニカ、テクノのエッセンスを交えたトラックメイクにより、数多くのクリエイター(大沢伸一、フルカ...more

    2008.04.01

  • Itsco('08年4月号)

    本誌1月号での人生初取材から3ヶ月。ファーストアルバム『Its』を引っさげてItscoがRooftopに再び登場!!朝本浩文をプロデューサーに迎え、作詞にはサエキけんぞう、土岐麻子、加藤ひさし、ら錚々...more

    2008.04.01

  • hack on phonics('08年4月号)

    ロックの初期衝動を掻き鳴らし、極限まで溜めこんだ感情を向かうがままに放出し、抜群の楽曲センスを持った期待の新人hackonphonics(ハックオンフォニックス)。強烈な個性を放つツインボーカルと、全...more

    2008.04.01

  • JANGA69('08年4月号)

    2006年の7月にファーストミニアルバム『UnderTheTree』発売後、2枚のシングルを経て大きく成長した待望のファーストフルアルバム『JANGA69』をリリースするJANGA69。ロックの持つ激...more

    2008.04.01

  • Laugh Line('08年4月号)

    ギターレス、ピアノ&ボーカル、ベース、ドラムの3人で編成されているLaughLineが、遂にファーストミニアルバム『ドラマチック』をリリース!1曲目の『Jumpin'onthepiano』では、"ピア...more

    2008.04.01

  • YUEY('08年4月号)

    身近にある風景を切り取り、誰にも訪れる日常をポツリポツリとつぶやいているような詞。サウンドは、暴力的でもあり、それでいてどこか切なさも持ち合わせた楽曲を聴かせる3ピースバンドのYUEY(ユウイ)が4月...more

    2008.04.01

  • RIDDLE('08年4月号)

    2003年に春日部で結成され、突如シーンに躍り出てきたRIDDLEは、その哀愁あふれる西海岸スタイルのサウンドに日本的な情感を乗せた彼ら独特の楽曲で、ある意味もう完成し切っているかのように思われていた...more

    2008.04.01

  • カトウタロウ(BEAT CRUSADERS)×永友聖也(キャプテンストライダム)('08年4月号)

    '73年11月の結成から35年という長きにわたって全世界に悪魔の招待状を叩き付け、そのハイ・ヴォルテージなロックンロール・ハリケーンでオーディエンスのロック魂を激しく揺さぶり続ける豪州産怪物バンド、A...more

    2008.04.01

haku
lpo