Rooftop ルーフトップ

REVIEW

映画「マローボーン家の掟」- 疑問がなにも残らず解き明かされていくのだが、爽快というよりもショック。映画館で見ると10倍こわい系ストーリーなのでぜひ劇場で。

寺田克也 『寺田克也原寸』ラクガキング作品が原寸で手に入る!!

菊池真理子『生きやすい』- 生きにくくて凝り固まってしまった気持ちに「そういうのあるよね」とただそこにいてくれる"自分と似ているひと"。それって、つらいときにいちばん欲しかったもの

ロマン優光 「90年代サブカルの呪い」かつての悪趣味ブームに捧げる痛みと悼みに満ちた論考

毛玉 「まちのあかり」自分自身の速度で世界を凝視すること。そこから生まれる音。

YOUR SONG IS GOOD 「Sessions」- 君と僕のダンスパーティーは続く

辺見庸 『月』- 私たちはあの戦後最大の殺傷事件から何を学んだのだろうか

映画「愛がなんだ」ラストまで解釈は様々か? カップルで観るとそれぞれからの本音が今後の親密さに大きく影響を与えることだろう

角田光代 「愛がなんだ」"好きな人は振り向かない"そんな片想いをしている人へ

一風堂 「RADIO FANTASY+4」- 季節の変わり目にぴったりな美しい音楽

Ropes 「Baby」- Ropesが連れ出す、深い音の森へ。

大塚まさじ 歌詞集「月のしずく」 孤高のシンガー大塚まさじを弾きたい

遠藤賢司『遠藤賢司実況録音大全第五巻 1995〜1997』3年間のライブ音源を収録した10枚組限定盤ボックスセット!

SHIT HAPPENING『幻燈/星月夜』あなたは一体何を感じて、何を想いますか。

ひよどり祥子 「死人の声をきくがよい(12) 今度こそみんな死ぬ! ! 編 」可愛いけど怪奇映画・漫画の引用ギッシリの名作、遂にフィナーレ

「ファークライ:ニュードーン」- 外敵ではなく国内の社会問題にゲーム業界はスポットを当て始めている

著者 SANDOR ELLIX KATZ/訳者 和田侑子 谷奈緒子「サンダー・キャッツの発酵教室」- "発酵"という、とっても身近なカウンターカルチャーって?

サーティーン 「ニューサマーランド」- 「新宿モーションの歴史はサーティーンにあり」、音楽の流行りに関係なくモーションの意思を受け継ぐバンドの新作に注目!

映画「BADDREAM」- 障害者の排除が推進される日本で、殺るか殺られるかに抗うひとりの人間の物語。隠れ住む脳性麻痺コンビの様子はさながらアンネの日記現代版。

「スポンジ・ボブ スクエアパンツ ザ・ムービー」- 本気でふざけることに対しての熱量に感動

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

RANKINGアクセスランキング