Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

  • ストライカーズ('08年11月号)

    メンバー(L→R):マコトマン(Gt.cho)、星野概念(Vo.)、松岡名作(Gt.Vo)、Yoshi-Ito(Drs)2007年3月にメンバー脱退のため、星野概念(Vo.)と松岡名作(Gt.Vo)の...more

    2008.11.01

  • SUPER BEAVER('08年11月号)

    ありふれた日常の混沌を掻き鳴らすSUPERBEAVERから、この度2nd.ミニアルバム『心景』(しんけい)がリリースされる。2007年12月に1st.ミニアルバム『日常』をリリース。その後、精力的にラ...more

    2008.11.01

  • Laugh Line('08年11月号)

    2008年4月に1st.ミニアルバム『ドラマチック』をリリースしたばかりのLaughLineが、2nd.ミニアルバムとなる『コントラスト』をリリースする。ピアノ&ボーカル、ベース、ドラムのトリオ編成で...more

    2008.11.01

  • hare-brained unity('08年11月号)

    hare-brainedunityの15か月ぶりにリリースされる作品は、その名も『RECENTDISCOSYSTEM』。今までもダンスミュージックに特化していた彼らの音楽だけれど、それはロックバンドで...more

    2008.11.01

  • RYOJI & THE LAST CHORDS('08年11月号)

    初期パンク、モッズ、パワーポップ......様々なジャンルを取り込み、ルーツ音楽の空気感を放ちながらも、キッチリとゼロ年代のロックへと昇華させた楽曲を次々に生み出しているRYOJI&THELASTCH...more

    2008.11.01

  • ロリータ18号('08年11月号)

    ロリータ18号結成18周年を記念して、今年の2月から偶数月の18日にロフトで行なってきたイヴェントも残すところ12月18日のファイナルのみ!バンド結成の経緯から今日に至るまで、波瀾万丈な18年を、ヴォ...more

    2008.11.01

  • ジンギスカンだらけ('08年11月号)

    今年3月に発売されたBerryz工房の『ジンギスカン』がスマッシュヒットし、今再びジンギスカンが注目されている。元々は1979年にドイツで結成されたグループ「ジンギスカン」のデビュー曲で、ヨーロッパは...more

    2008.11.01

  • THE STREET BEATS('08年11月号)

    1988年11月21日、『NAKEDHEART』でデビューを果たしてから今年で20年。聴く者の心を激しく揺さぶる魂の詩を唄い続けてきたTHESTREETBEATSが、『裸心凛風』と題されたハートフルな...more

    2008.11.01

  • 乍東十四雄('08年11月号)

    乍東十四雄〈サトウトシオ〉。友人の父親の名前をモジったという、この人を喰ったかのようなバンド名を是非記憶に留めておいて頂きたい。あるいは、今年の"FUJIROCKFESTIVAL"におけるROOKIE...more

    2008.11.01

  • 嘘つきバービー('08年11月号)

    奇想天外なその歌の世界観は元より、椅子に座りながら掻き鳴らされるうねり踊るようなギター・リフを軸とした鉄壁のアンサンブル、何が起こるかまるで予想不能、暴走の限りを尽くす破天荒なライヴ・パフォーマンスで...more

    2008.11.01

  • Lonesome Dove Woodrows('08年11月号)

    その昔、村上龍が村上春樹との対談集『ウォーク・ドント・ラン』の中で"三作目で飛べ"と自身に言い聞かせるように語っていた。曰く、「処女作は体験で書ける、二作目は一作目で習得した技術と想像力で書ける、体験...more

    2008.11.01

  • No Regret life('08年10月号)

    「1年半リリースはなかったですけど、止まっていたわけではないんですよ」と8月にリリースされた『Can'tExplain』のインタビュー時に語っていた小田和奏(vo.gt)。前作を越える作品を、という模...more

    2008.10.01

  • ROBIN('08年10月号)

    ROBINは闘う。「ジャンル」という概念や、ありとあらゆる偏見、そして何より、自分自身と。だから彼らのライブには圧倒的な説得力があるし、サイコビリーの「サ」の字も知らないオーディエンスだって心置きなく...more

    2008.10.01

  • THE GIRLHUNT('08年10月号)

    昨年の夏にリリースされたコンセプトアルバム『LiveinHAWAII』から約1年。ザ・ガールハントのニューシングル『ドレミ=ファンダメンタルズ』がリリース!!今作では、挿入されている全曲が千葉&増沢に...more

    2008.10.01

  • おとぎ話('08年10月号)

    青春時代のドキドキやイライラ、夢と勇気をユーモアに包んで21世紀の今を生きる永遠のBOYS&GIRLSへーー。1st.の『SALE!』から約1年。おとぎ話が2nd.アルバム『理由なき反抗』をリリース!...more

    2008.10.01

  • Mystery Girls('08年10月号)

    前号に引き続き、現役女子大生2名による謎のユニット、ミステリー・ガールズのインタビューをお届けする。話題の携帯サイト『私の心霊体験』に寄せられた200〜300話の中から厳選された体験談、彼女たちが実際...more

    2008.10.01

  • THE BUGGY HOLD JIVE'S('08年10月号)

    遅咲きの花は美しい。それは負け犬の遠吠えでは決してなく、歴然たる事実である。ロシアの詩人、プーシキンも「野ずえにのこる遅咲きの花は、あでやかな初花よりも愛(めず)らしくかなしい夢のよすがともなる」とい...more

    2008.10.01

  • Veni Vidi Vicious('08年10月号)

    2005年の春に、入江兄弟(健/gt、良介/vo.gt)を中心に結成。その年の夏にライブ活動を開始。2006年には結成わずか1年で"FUJIROCK'06ROOKIEAGO-GO"ステージに出演。20...more

    2008.10.01

  • Dachambo('08年10月号)

    日本屈指のジャム・バンドとして確固たる地位を築いたDachamboが、通算4作目となるフル・アルバム『L』を発表する。従来の即興性は成りを潜め、プリミティヴなグルーヴはそのままに極めてポップな感覚に彩...more

    2008.10.01

  • 夜のストレンジャーズ『トラブルボーイズ』発売記念特別対談('08年10月号)

    ブギ、スウィング、ロッカビリー、ソウル、ブルースといったクロくてほろ苦いルーツ・ミュージックを際限まで咀嚼し、ウィットに富みながらもウェットに沁みる情緒豊かな歌を奏でる三浦雅也(vo,g)率いる夜のス...more

    2008.10.01

復刻
ロフトアーカイブス
haku
lpo
lpo