Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビューLaura day romance 「sad number/ランドリー」- キラキラと走り出すナンバー

Laura day romance 「sad number/ランドリー」- キラキラと走り出すナンバー

2019.07.11   MUSIC | CD

500yen(tax in)
IN STORES NOW

キラキラと走り出すナンバー

 
 ギターポップという表現を久々に使いたくなる男女ツインボーカルバンド・Laura day romanceの最新シングルはライブでもお馴染みの2曲が両A面としてリリースされた。1曲目の「sad number」をライブで聴いたときには重圧なギターサウンドとコーラスワークが印象的だったが、音源ではThe Byrdsの「ミスター・タンブリンマン」を彷彿とさせる12弦が印象的で、全体的に爽やかなサウンドに仕上がっている。特にリズム隊の安定感は若手の中では定評があり、歌とギターをしっかりと支えている。PVもPavementの「Carrot Rope」からインスパイアされたような黄色い衣装が印象的で、20年前にネオアコを掘り下げギターポップを聴いていた世代の心を鷲掴みにされてしょうがない。対する2曲目の「ランドリー」はしっとり切ないサウンドでバンドとしての幅の広さを感じる重要な作品となっている。彼らのシューゲーザー的なライブがおすすめ。(LOFT HEAVEN:山本修一)

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻