Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビューBugLug 「しこたま/泡沫に咲く柔な花」- BugLugの詰め込まれた激しさと切なさを感じろ!

BugLug 「しこたま/泡沫に咲く柔な花」- BugLugの詰め込まれた激しさと切なさを感じろ!

2019.03.10   MUSIC | CD

【初回盤A】RSCD-307~308 (CD+DVD) / 【初回盤B】 RSCD-309~310(CD+DVD) / 【通常盤】RSCD-311(CD)
【初回盤A】¥1,800(+税)/【初回盤B】¥1,800(+税) / 【通常盤】¥1,500(+税)

1,500yen+tax
2019年3月5日(火)発売

BugLugの詰め込まれた激しさと切なさを感じろ!

 
 BugLug19作目となるシングル『しこたま/泡沫に咲く柔な花』がリリースされる。「しこたま」はダークな疾走感のあるロック曲で歌詞が暗い内容を少し柔らかく表現されているのが印象的だった。Aメロの歌詞「キャパオーバー!」とあるように錯乱している人間の気持ちを感じるギターソロの表現力がすごく魅力的。曲のノリ感や緩急でライブでもとても楽しい曲になるのではと感じた。「泡沫に咲く柔な花」の始まりから、所々入り込んでくる泣きのギターフレーズとドラム、ベースの激しさが混ざり合い切なさが滲み出ていてすごく魅力的だった。【通常盤】にのみ収録されている「Aqubeat…」は曲名の通りゆったりとした感じとどこかウキウキするようなメロディと柔らかいギターの音がとても魅力的に思う。BugLugのベースラインの耳で追ってしまう曲への絡み方がとても魅力的だと感じていたが、今作でもそれをすごく感じた。(新宿LOFT:太田龍一郎)
 
このアーティストの関連記事

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻