Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビュー桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」

桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」

2018.03.01   MUSIC | CD

KICM-1816 / 1,296yen

 桐嶋ノドカは大学在学中にデモテープを送った小林武史にその才能を見出され2015年にデビューしたシンガーソングライター。今作は小林武史の他にネット世代の人気プロデューサーであるsupercellのryoとのダブルプロデュースによる新プロジェクト第一弾シングルだ。幼少の頃より音楽教室に通い、中高では聖歌隊、合唱部で歌を歌ってきた桐嶋は、ある頃から「自分の気持ちを歌いたい」と自作曲を歌うようになったという。それほど歌と共にあった彼女が、人生で初めて「歌いたくない」と思った長い時間を経て、再び歌に向かいあったこの作品からは、曲作りをryoに任せて、思う存分に歌を楽しんでいる桐島の気持ちが溢れるように伝わってくる。ジャニス・ジョプリンやビョーク、ビリー・ホリデイの歌が好きだという桐島ノドカは、今後もきっと歌に人生を捧げていくのだろう。今、もっとも注目すべき女性シンガーであることは間違いない。(加藤梅造)

このアーティストの関連記事

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

haku
lpo