Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビューOLEDICKFOGGY/いなくなったのは俺の方だったんだ/アーバンストンプ

OLEDICKFOGGY/いなくなったのは俺の方だったんだ/アーバンストンプ

2014.01.07   MUSIC | CD

PX268
1,000yen (tax in)
IN STORES NOW

1. いなくなったのは俺の方だったんだ
2. アーバンストンプ

 下北沢SHELTERでのワンマン成功も記憶に新しいOLEDICKFOGGYが、2014年5月に発売予定のフルアルバムに向けて、先行シングル第一弾『いなくなったのは俺の方だったんだ/アーバンストンプ』を12月11日に発売した。洗練されたバンドサウンドもさることながら、曲冒頭『突き上げられないまま握りしめたポケットで』というOLEDICKFOGGY節全開で幕を開けるこの楽曲は、男なら誰しもが共感できるワードが満載だ。どれをとっても心に染み入るワードばかりなのだが、個人的に気に入っているのが「確かな約束もできなくてただ信じるだけの日々は」と言う部分だ。ここで軽くジャブを打たれてからの、答えを見つけたかのような、サビの一言目「いなくなったのは俺の方だったんだ」には正直かなり込み上げるものを感じた。日々移り変わってゆく景色のなかで、孤立した心を解きほぐしてくれるような、絶対に聴いておくべき1枚だ。(下北沢SHELTER:田中)

関連リンク

このアーティストの関連記事

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo