Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビューアニメ「響け!ユーフォニアム」- 自分に楽しい思いをさせてあげるために、いい景色を見せてあげるために、動こうと思った #とにかく癒されたいときのカルチャー

アニメ「響け!ユーフォニアム」- 自分に楽しい思いをさせてあげるために、いい景色を見せてあげるために、動こうと思った #とにかく癒されたいときのカルチャー

2020.05.12   CULTURE | CD

ポニーキャニオン

自分に楽しい思いをさせてあげるために、いい景色を見せてあげるために、動こうと思った

私はニートだった頃、アニメ「響け!ユーフォニアム」を見た。
 
ニートの私は毎日、家でアニメを見ていた。こう言うと、アニメ=ニートを自宅で甘やかすもの、と誤解されそうだが、そんなことはない。アニメはこの先が見えない私に、世の中面白いものがたくさんあるということと、今日が何曜日なのかを教えてくれた。
 
「響け!ユーフォニアム」は吹奏楽部の高校生たちの物語なのだが、高坂麗奈というキャラクターが、えらくトガっている。楽しく部活できればいいという部員も多い中、麗奈はストイックな姿勢を崩さない。上級生に逆らってでも実力主義を貫く。
 
そうやって孤立する麗奈が本音を打ち明けるシーンが、私に刺さった。麗奈は、「本物になりたい」と言った。それを実現するため、演奏を極めるのだと。何の根拠もなく「自分は特別になれるはず」と思っている姿は、痛くもある。でも、強くそう信じ続けた人の中からしか、すごいヤツは出てこないだろうな、とも思わされた。
 
私も、自分に楽しい思いをさせてあげるために、いい景色を見せてあげるために、動こうと思った。
 
 
実際の演奏も聴いてみたくなった私は、高校の吹奏楽コンクールを見に行った。東京大会の会場は、東府中にある府中の森芸術劇場。
 
演奏を聴き、驚いた。高校生が、こんなに力強い音をぶつけてくるのか。演奏時間は12分。演奏が終わったとき彼らは12分、若さを失う。そうして命を削っている分、絶対に伝えそびれるもんかと、自分の生命力を音にしていた。
 
 
会場を出て、牛丼屋によってから電車に乗ると、ちょうど出場していた高校生たちと帰りが一緒になった。友達と談笑する、他愛ない部活帰りの姿。この子たちが、内側にあんな世界を持っているのか。
 
それなら、私も自分の命を出す瞬間をたまには作らないと。そう感じながら、また東府中に来よう、と思った。
 
その日の夜、牛丼屋でお金を払い忘れていたことに気づき、慌ててもう一回東府中に行った。
 
TEXT:土岡哲朗(春とヒコーキ)

「とにかく癒されたいときのカルチャー」レビュー募集



Rooftopでは「とにかく癒されたいときのカルチャー」として、疲れたときにおすすめのマンガ・本・音楽・映画などのレビューを募集しています。作品名・400文字~800文字程度のレビューテキスト・掲載をしてもいいお名前を以下のアドレスまでお送りください。メールの件名は【とにかく癒されたいときのカルチャー】でお願いいたします。
いただいたレビューは必ずしも全て掲載させていただくわけではないことをご了承くださいませ。掲載させていただく場合、こちらからそのむねご返信いたします。
メールはこちらまで▶︎rooftop.cc@gmail.com
このアーティストの関連記事

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻