Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビュー今市子「文鳥様と私」シンガーソングライター・町あかりの #とにかく癒されたいときのカルチャー

今市子「文鳥様と私」シンガーソングライター・町あかりの #とにかく癒されたいときのカルチャー

2020.04.11   CULTURE | CD

今市子「文鳥様と私」

LGAコミックス

動物は、人間が予測できぬことをします。それが本当にハラハラするのです

こんにちは! シンガーソングライター、町あかりです。私は「文鳥」に癒されています。

町あかり.PNG


幼少期から動物が大好きで、犬や猫、ウサギや亀、爬虫類や昆虫まで…。あらゆる生き物に魅了されてきた私ですが、現在は文鳥の「ブンたん」(男の子・5才)と暮らしています。阿佐ヶ谷ロフトAで「町あかりのチュンチュン日記」という動物トークイベントを開催させていただいたこともある程です。

ブンたん.jpg

見た目もカラフルでおしゃべりも達者なインコやオウムに比べて、文鳥は地味だと思われる方も多いでしょう。私も「文鳥ってしゃべるの? あ、しゃべらないんだ…。」という気まずい会話を何度もしたことがあります…。しかし、しゃべりゃあいいってもんじゃないんです! 文鳥は、ルックスの奥ゆかしさからは想像できないほどの自己アピール力、わがまま&かまってちゃん! かつ、とても賢い生き物なのです。

ここで、文鳥をよく知らない方でもお楽しみいただける名作漫画をご紹介します! 私が小学生の頃から愛読している漫画「文鳥様と私/今市子」(LGAコミックス)です。

今市子先生は「百鬼夜行抄」を始め、ホラーやファンタジー、ボーイズラブなど耽美な画風が特徴の漫画家さんでいらっしゃいます。そんな今市子先生が、おそらく最初は「息抜き」として始められたと思われる、この「文鳥様と私」という作品。なんと現在19巻まで続いている超ロングラン連載漫画なのです。

自身のペットを描く漫画は多数存在していると思いますが、この「文鳥様と私」の魅力はなんといっても今市子先生による耽美なイラストレーション! 表紙のカラーイラストを始め、とにかく美しいのです。そして文鳥がいかにわがままで、個性豊かであるかがよく分かる内容! それが「文鳥様と私」なのです。動物は、人間が予測できぬことをします。それが本当にハラハラするのです…。あ〜、伝わってほしい! とにかく一読願います! まじ面白いのよ!
(Text:
町あかり

 

「とにかく癒されたいときのカルチャー」レビュー募集

Rooftopでは「とにかく癒されたいときのカルチャー」として、疲れたときにおすすめのマンガ・本・音楽・映画などのレビューを募集しています。作品名・400文字〜800文字程度のレビューテキスト・掲載をしてもいいお名前を以下のアドレスまでお送りください。メールの件名は【とにかく癒されたいときのカルチャー】でお願いいたします。
いただいたレビューは必ずしも全て掲載させていただくわけではないことをご了承くださいませ。掲載させていただく場合、こちらからそのむねご返信いたします。
メールはこちらまで▶︎rooftop.cc@gmail.com

関連リンク

このアーティストの関連記事

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻