Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビュー中村光「聖☆おにいさん」- 何気ない日々とイレギュラー。猫まみれ太郎による #とにかく癒されたいときのカルチャー

中村光「聖☆おにいさん」- 何気ない日々とイレギュラー。猫まみれ太郎による #とにかく癒されたいときのカルチャー

2020.04.09   CULTURE | CD

中村光「聖☆おにいさん」

講談社

何気ない日々とイレギュラー

 天界に住むイエスとブッダの2人が下界へ降り東京都立川市で普段を満喫する日常系…かと思いきや、神の力を発揮しちゃったり遣いの天使や悪魔まで登場しちゃう日常イレギュラー系コメディ。
 
 誰しも自分にしかわからない"世界観"を持っていて、誰かに共有したくてもできなかったり、伝わらなかったり…そんなことがあると思います。日々の生活に天界とのギャップを見出していく。イエスとブッダは2人でその"世界観"をつくり出し、神独特の観点から日常を眺めていて、ほんの小さなことでも笑えるような暮らしをしています。
 
 これって僕らでもできるなあと思うことがあって、自分の中で思っていたことと実際のギャップで笑えたりとか、些細な"引っ掛かり(=世界観)"をどれだけ求めながら、探しながら日常を過ごしているだろうか、ということだと思うんです。
 
 ちょっと話は変わりますが、星野源の「フィルム」という曲の歌詞で《どうせなら作れ作れ 目の前の景色を》という部分があって、イエスとブッダが無意識にもしていることはこういうことなんだろうなと、勝手にリンクさせています。(まあそもそもイエスとブッダは下界の生活自体が新鮮なのですが…笑)
 
 仕事やら遊びやら今はなるべく家にいなきゃいけなかったり、流れていく日常だけじゃつまらないことでも、自分の、もしくは誰かしらの何かしらの観点で物事を見てみたら、新しい発見があったりおもしろいと思えることが増えていくかもしれないですね。
 
 そんなことをイエス様とブッダ様は教えてくれているのかもしれないです。アガペ~(Text:猫まみれ太郎/Twitter:@wldofcat
 
 

「とにかく癒されたいときのカルチャー」レビュー募集

Rooftopでは「とにかく癒されたいときのカルチャー」として、疲れたときにおすすめのマンガ・本・音楽・映画などのレビューを募集しています。作品名・400文字〜800文字程度のレビューテキスト・掲載をしてもいいお名前を以下のアドレスまでお送りください。メールの件名は【とにかく癒されたいときのカルチャー】でお願いいたします。
いただいたレビューは必ずしも全て掲載させていただくわけではないことをご了承くださいませ。掲載させていただく場合、こちらからそのむねご返信いたします。
メールはこちらまで▶︎rooftop.cc@gmail.com

関連リンク

このアーティストの関連記事

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻