Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビュー後藤正文 「凍った脳みそ」- 脳みそが凍るほど理不尽でおかしな出来事と事件が多発!?

後藤正文 「凍った脳みそ」- 脳みそが凍るほど理不尽でおかしな出来事と事件が多発!?

2019.10.06   CULTURE | CD

ミシマ社
1,500yen+tax

 ライブハウスに務めているのに音楽に対する興味関心がほとんどないに等しい。そんな私が初めて興味を持ち手にしたアルバムがASIAN KUNG-FU GENERATIONの『ソルファ』だった。Vo&Gtの“ゴッチ”こと後藤正文が綴るエッセイ『凍った脳みそ』。後藤自身の様々な感情を独特な比喩表現を用いて綴っており、移動中の電車の中で読み始めたら…もう、にやけが止まらないじゃないか! 普通のエッセイかと思い読み始めると、音楽書でもあり、スタジオ作りにフォーカスを当てた冒険譚でもある…。「なんだこれ」と思わずにはいられない一冊。音楽に興味がない人はとりあえず“あとがき”を読んで欲しい。…表現が独特過ぎてわけがわからない!(笑)(愛ゆえの誉め言葉)ただ、ひとつ明確に言えることはゴッチの感性も表現もたまらないほどいい感じに脳みそが溶けている。(阿佐ヶ谷ロフトA:おくはらしおり)
このアーティストの関連記事

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻