Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビューソーシャル・ネットワーク

ソーシャル・ネットワーク

2011.03.10   CULTURE | MOVIE

全国で公開中

 本作は今日本でも普及し始めている「FaceBook」の創始者についての映画だ。しかしそれは能天気なサクセスストーリーではない。名門ハーバード大の中の学内コミュニティーという小さなムーブメントがいつしか世界中に流布していく...。しかしその創造主たる学生たちの友情は、いつしか疑念と裏切りに満ちたものになっていく...。革新的コミュニケーションツールを作った者が、皮肉にも自分のコミュニケーションは巧く行かない。それはまるで占い師が自らの運命は占えないのにも似て見えてくる。映画は「ネットあるある」「ベンチャーあるある」を巧みに織り込んではいるものの、オンライン上の出来事よりもオフライン、つまりは実世界での人間関係が少しずつ軋みを見せて崩れ行く様を丹念に見せていく。これは今の世代のある種の「青春の蹉跌」であり、神話無き国アメリカの新たなる神話の1つであるとも言えよう。ラストに主人公に投げかけられる問いは、ネット上でのコミュニケートが欠かせない我々観客に大してもとてつもなく重く響く。(多田遠志)

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻