Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビュー流出「公安テロ情報」全データ

流出「公安テロ情報」全データ

2011.03.10   CULTURE | BOOK

第三書館 / 2,000yen

 このタイトルは未だ記憶に新しい。2010年10月末、インターネット上に突如として警視庁公安部の持つ「公安テロ情報」が流出した。そこには、当然極秘であるはずの警察官の氏名、住所、家族構成などが記されており、また、驚くべきは主にイスラムの人々の住所、氏名、家族構成から、「立ち寄り徘徊先」「行動パターン概要」などが「対テロ関連監視ターゲットのプロファイリング」と題され記録されている。現在本書は出版禁止令が出され、一般の書店ではほぼ見ることはないが、本書を出版したことにより様々な問題が浮かび上がったことは事実だろう。ネットをはじめとした情報化社会におけるプライバシーや情報管理とは?公安警察によるあからさまなイスラムへの差別的視座、そして出版禁止処分と表現・出版の自由を謳う憲法21条など。一冊の「本」の周辺から現代社会が内包する様々な問題が見えてくるはずだ。今後の動きにも注目したい。(プラスワン上野)

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻