Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビュー歌うクジラ

歌うクジラ

2010.12.01   CULTURE | BOOK

村上龍 (iTunes Store)1500円

 ルーフトップ誌面刷新につき、この原稿を原稿用紙1枚(400字)にして欲しいと言う編集部の依頼が来た。今私は3冊の本を同時に読み進めている。1冊目、今年は電子書籍元年と言われて先行発売された村上龍『歌うクジラ』(iPadアプリ/1500円)だ。まだ100ページぐらいしか読み進んでいないのだが、クジラが泳いだり、ページをめくると突然音楽が聞こえたりして面白い(音楽は坂本龍一が担当)。これからの書籍ってこうなるんだなって思ったら何か不思議な気がした。この本のストーリーが面白くないのか電子書籍に慣れていないのか解らないが、とにかくなかなか読み進めない。2冊目は森達也『A3』(集英社インターナショナル/1900円)だ。森達也のオウム関連の完結本か? 3冊目は宮崎学『続・突破者』(同時代社/1800円)のハードカバーだ。3冊とも相当面白いなって思いながら読書の秋、柿を食べながら、やっぱ紙の本の方が読みやすい。(平野 悠)

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻