Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビュー祝クラファン達成!O'CHAWANZ「Mellow Madness」

祝クラファン達成!O'CHAWANZ「Mellow Madness」

2020.05.01    | CD

Mellow Madness / O'CHAWANZ

発売日:2020年5月27日
品番:SCDF-028
定価:¥3,000+税

祝クラファン達成!O’CHAWANZ「Mellow Madness」

LOFT系列店にもよく出演している、文化系ヒップホップユニットO’CHAWANZの2ndアルバム「Mellow Madness」が5/27に全国発売!めでたい!ということでディスクレビューを執筆してみます。
 
そもそもMellow MadnessシリーズとしてYoutubeにあげられていた「SWEET THING」、「NIGHT CITY」を愛聴していたのでこの路線のアルバムを作ってくれないかなー、と思っていたらなんとそういった構想があるとのことで昨年末からCAMPFIREでのクラウドファンディングがスタート!
 
結果は目標金額1,000,000円をはるかに超える支援を受け無事アルバムがリリースとなりました(ストレッチゴール方式でPV作成、初ワンマンも決定!)。
 
アルバムの内容はというと端的に言って最高! 
 
各々のアフターファイブを歌う①「After Five」
夜の街を歩く②「NIGHT CITY」
切ないラブソング③「Midnight」
自身にとっての東京を歌う④「TOKYO」
恵比寿Baticaで開催している主催イベントをテーマにした(しかも冒頭のバースが”Baticaの壁沿って楽屋入り”!しかもBaticaの住所まで出てくる!笑)⑤「Sunday, Lunch Time」
アップルパイ視点でのセルフボースト曲(しゅがーしゅららの”これはsweet sweets song/昔からずっとこのスタイル/流行り廃り知らねえlalala classic/ブレずに続けたからこその究極”というラインが自身のことと重なっているようでめちゃくちゃ熱い!)⑦「Apple Pie」
ラブソング風のスイーツ賛歌⑧「SWEET THING」
ティーモントームなる謎のお菓子の名前が飛び出すパーティーチューン⑨「10 O’CLOCK」
2040年の自分たちが現代にタイムリープする⑩「PAST TIME PARADISE」
春の終わり、移り変わる季節を歌うセンチメンタルな⑪「BLUE JEANS」
昨年末に発表されたBUDDHA BRAND「人間発電所」のバースサンプリングも光るキラキラした春曲⑬ハルカゼ
 
前編ジャジーかつメロウなトラックで構成されていてアルバムタイトルに偽りのない内容となっています。ちなみに歌詞は1曲を除きメンバー自身が書いており、各メンバーの頭の中や日常も覗ける面白さもあります。個人的にはこれだけちゃんとラップの歌詞をかけるのすごい…と驚愕しました。間違いなくアイドルラップ(自身で作詞も手掛けてるしもはやその枠ではない気もします…)のクラシックとなるべく作品!(ROCK CAFE LOFT 藤原)
 
 
 
 

関連リンク

このアーティストの関連記事

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻