Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート映画『ドライブ・マイ・カー』、公開初日舞台挨拶で西島秀俊、岡田将生、濱口竜介監督登壇! 日本に一つしかないトロフィーをお披露目!

映画『ドライブ・マイ・カー』、公開初日舞台挨拶で西島秀俊、岡田将生、濱口竜介監督登壇! 日本に一つしかないトロフィーをお披露目!

2021.08.20

主演に西島秀俊を迎え、村上春樹の短編を映画化した濱口竜介監督最新作『ドライブ・マイ・カー』(本日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開)が、第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にて日本映画として初となる脚本賞を受賞。また、国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞という3つの独立賞も受賞し、4冠受賞という偉業を達成。さらには、第46回トロント国際映画祭、第69回サン・セバスチャン国際映画祭、第59回ニューヨーク映画祭への正式出品も決定するなど、日本公開を前に世界から大きな注目を集めている。
日本での公開日が待ち望まれていた本作がついに公開初日を迎え、8月20日(金)、TOHOシネマズ日比谷にて初日舞台挨拶イベントが行なわれた。
 
映画上映終了後、観客席から拍手喝采が鳴り響く中、主演の西島秀俊、岡田将生、濱口竜介監督が登壇。濱口監督は「皆さんと頑張って作った作品で、自分自身でも撮りながら良い作品が出来ていると思った。初日を迎え、お見せ出来て嬉しい。多くの方に見て頂きたい」、主演の西島は「本作は撮影期間中、コロナの影響も受けながら撮った作品。みなさんにようやくお見せできることが嬉しい」、岡田は「本当に嬉しい。皆さんに早く観て頂きたかった」とそれぞれ公開初日を迎えた喜びを語った。
 

AAJ_5659.jpg

海外キャストも迎え、9つの言語で紡がれ多言語も交えた緻密で壮大な脚本について濱口監督は「どのような演出をするかと考えた時、多言語演技という演出を取り入れた。台詞の順番が決まっている脚本があるお芝居なら、リハーサルを積めば、違う言語でやり取りができるのではと思った。シンプルに芝居をしあう人たちを描きたかったからそのような設定になりました。演じた役者さんは大変だったと思う」と述べた。
海外キャストとの共演について西島は「今回ご一緒した役者の皆さんは共通点として作品や演技に対してまっすぐな人が多かった。演技を楽しんで日々を豊かにしていく力にある方々で、監督を100パーセント信じて向き合う方々だったので一緒にできて気持ちが良く、毎日喜びがある現場でした。僕はドライな演出者を演じたので積極的に関われなかったけれど、本読みを通して通じ合え、コミュニケーションできた」と撮影当時の様子を語り、海外キャストとの関わりが多かった岡田は「みんなで役に対して迷いながらみんなで答えを探していた。英語でのコミュニケーションだったので、習いながらコミュニケーションを取っていました。お前の英語は赤ちゃん英語だと言われながら(笑)、お芝居は日本に限らずどこでもできるんだと気付けた現場でした」とエピソードを語り、現場の雰囲気の良さが窺えた。
 

AAJ_5701.jpg

俳優であり演出家という役どころについて西島は「実際の演出家の方の話を参考にしたり、監督に言われた通り自分でも演出について考えながら演じました。僕の役は濱口監督に影響を受けている役柄で、自分を通して濱口監督がみんなを見ていると意識しながら演じました」と語った。高槻という、とらえどころのない難しい役どころについて岡田は「コロナの影響を受け、撮影が1度中断しました際、空いた時間で深く考えることができ、その時間が非常に役に立ちました」と空いた時間を活用し、深く役作りに励んだと明かした。
西島と岡田に対しての印象を聞かれた濱口監督は「2人とも思慮深く真っ直ぐな方で一緒にできて本当に良かった。本読みの時間でどんどん役が分厚くなるのを感じていた」と絶賛した。
 

AAJ_5673.jpg

西島秀俊との初共演について岡田は「緊張感がある現場で、カットがかかった後、監督の顔の後に西島さんの顔をチェックしてしまう自分がいた。現場では演出家の家福そのものだったのですごく意識していました」と明かした。反対に、岡田に対する印象を聞かれ西島は、「本当に純粋な人なので、こんな世界にいて大丈夫なのかなと心配になります。これからもっと強くなっていってくれたら一ファンとしては幸せです」と述べ、それを受け岡田は「僕、32歳ですよ?」とすかさず笑顔で返し、会場中が笑いに包まれた。
 
濱口監督の印象を西島は、「すごい監督が日本に現れたと映画ファンとして思っていた。本作に参加させていただいて、不思議な気分。作品の中に自分が映っているけれども自分ではない気がする」と表現。岡田もこれに同意し、「ただただ凄い映画に関わらせてもらった。僕も作品を観て、自分自身ではない気がして、不思議な感覚を持っている。台本を頂いた際、たまたま地方ロケに出ていて車の中で台本を読んでいて、その時に不思議な縁を感じていました。車の中で、言葉と表情だけでどれだけ芝居ができるか考えながら読んでいた。今回関わらせて頂いて本当に嬉しい」と作品との不思議な縁についてのエピソードを披露した。
 

AAJ_5848.jpgD75_5017.jpg

イベント終盤、濱口監督は、日本人初カンヌ脚本賞を受賞したトロフィーをお披露目した。運ばれてきたトロフィーを嬉々としてのぞき込む西島は「日本に一つのトロフィーなんですね。本当に濱口監督おめでとうございます!」と祝福の言葉を述べ、笑顔を見せた。監督は「まさか頂けるとは思わなかったが非常に光栄です。村上春樹さんの物語をベースに、書き終えた後は自分でも凄い物が書けてしまったと思った。一方、脚本賞というのは演じてくれた役者さんがあっての賞なので本当に演じて頂いた皆様にとても感謝している」と感謝の気持ちを述べた。
 

D75_5024.jpg

最後に、濱口監督は「この場に来られなかった日本や海外キャストの皆さん全員を代表して、公開できることに本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と述べ、岡田は「今回映画を観て涙が止まらなかった、皆さんにもこの感動を劇場で体験してほしい」と力説。主演の西島は「映画の中で、自分ではない人間が息づいていると感じた作品。素晴らしい役者さんたちがたくさん出ていて、その皆さんがこれからもスクリーンの中で生き続けています。スクリーンでは、いつでも会えるので良かったら劇場まで観にきて頂きたい」と力強くメッセージを贈り、大勢の拍手に包まれイベントは幕を閉じた。
 

商品情報

映画『ドライブ・マイ・カー』

【キャスト】西島秀俊 三浦透子 霧島れいか/岡田将生
【原作】村上春樹 「ドライブ・マイ・カー」(短編小説集「女のいない男たち」所収 / 文春文庫刊)
【監督】濱口竜介
【脚本】濱口竜介 大江崇允
【音楽】石橋英子
【製作】『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
【製作幹事】カルチュア・エンタテインメント、ビターズ・エンド
【制作プロダクション】C&Iエンタテインメント
【配給】ビターズ・エンド
©2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
2021 / 日本 / 1.85:1 / 179分 / PG-12
8月20日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

関連リンク

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻