Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポートlynch. 「TOUR'21-ULTIMA-」ホール公演突入! 「心の声があれば大丈夫ってことがわかった!」

lynch. 「TOUR'21-ULTIMA-」ホール公演突入! 「心の声があれば大丈夫ってことがわかった!」

2021.07.15

S__125124639.jpg
名古屋出身のロックバンドlynch.が7月14日(水)、LINE CUBE SHIBUYAより「TOURʼ21-ULTIMA-」のホール公演をスタートさせた。
 
OPENING SEから激しくライトが点滅する近未来的なセットと観客の手拍子が合わさり会場が充分に温まったところでメンバーが堂々たる登場。1曲目はこのツアーを語るうえで欠かせない楽曲の一つである2020年発売のアルバム『ULTIMA』よりタイトルチューン「ULTIMA」から幕を開けた。
 
序盤から怒涛のアッパーチューンでLINE CUBE SHIBUYAという“処刑台”を煌びやかに染め上げていく。叩きつけるように輝く照明がVo.葉月のシャウトの魅力をより一層引き立てる。
 
中盤では“心の目と心の耳”に聴かせるスロー・ミドルチューンの楽曲が展開される。葉月がlynch.の“動”とするなら“静”をつかさどるのはベースの明徳だろうか。巧みなセットリストはlynch.最大の持ち味である“静と動”が不変であることの現れであり、誰かが欠けてもlynch.は成立しないということを改めて感じさせてくれる。
 
S__125124637.jpg
 
”静“の瞬間もつかの間。再び終盤に向けアッパーなサウンドで会場の盛り上がりを極限まで高めていく。メンバーの今日一番の熱量に観客は圧倒され、自然と体が激しく動き出す。最後は身振り手振り・手拍子・ヘッドバンギング、今できる最大限の表現で限界突破し、本編は終了した。
 
アンコールでは本日の公演である『TOUR'21 -ULTIMA- 07.14 LINE CUBE SHIBUYA』がBlu-rayとDVDでの発売が発表されるとともに、葉月セレクトのLIVE初披露の楽曲を含む5曲、そしてダメ押しのダブルアンコール1曲を披露し惜しみない拍手とともに最高のライヴは幕を閉じた。
 
初めは戸惑うことも多かったニューノーマルでのライヴであったが、葉月の「心の声があれば大丈夫ってことがわかった!」という言葉からも伝わるように、想いや熱量を伝える方法は声だけでないことをこのツアーを通じて実感させられた。
 
今週7/17(土)の地元名古屋への凱旋、7/23(金)の大阪公演をもって「TOUR’21-ULTIMA-」はフィナーレを迎える。彼らがこのツアーで積み上げてきた“願い”を最後まで見届けてほしい。

商品情報

lynch.『TOUR'21 -ULTIMA- 07.14 LINE CUBE SHIBUYA』

2021年11月17日(水)発売
【Blu-ray】品番:KIXM-464/価格:¥8,580(税抜価格¥7,800)
【DVD】品番:KIBM-881/価格:\5,280(税抜価格¥4,800)

Live Info.

TOURʼ21 -ULTIMA-各公演スケジュール

7月17日(土) 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール16:00/17:00
7月23日(金・祝) フェニーチェ堺 大ホール16:00/17:00

関連リンク

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻