Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポートTHE PINBALLS、ゼロになって届けた"millions of memories"ツアーファイナル!「ほんとに生きててよかったな」

THE PINBALLS、ゼロになって届けた"millions of memories"ツアーファイナル!「ほんとに生きててよかったな」

2021.04.11

3S2A8820.jpg3S2A8964.jpg
4人組ロックバンドTHE PINBALLSが、4月8日(木)に東京・TSUTAYA O-EASTにて『THE PINBALLS Live Tour 2021 "millions of memories"』ファイナル公演を開催した。
 
THE PINBALLSは、昨年12月16日にメジャー2ndフルアルバム『millions of oblivion』をリリース。今作を引っ提げたツアー『THE PINBALLS Live Tour 2021 "millions of memories"』は、2月5日の千葉・千葉LOOK公演を皮切りに全国各地11公演を巡ったもの。この日迎えたファイナル公演では、アルバム収録楽曲を中心に予定外のダブルアンコールを含む全23曲を披露した。
 
大きな「0(ゼロ)」が掲げられたステージに、最新アルバム『millions of oblivion』の黒いシャツやジャケット姿で、石原天(Dr.)、森下拓貴(Ba.)、中屋智裕(Gt.)、そして古川貴之(Vo.)がステージに揃うと、古川のシャウトとともにTVアニメ「池袋ウエストゲートパーク」オープニング主題歌「ニードルノット」でライブをスタート。サビの「yeah yeah yeah yeah」ではオーディエンスが拳を突き上げ、序盤からライブハウスに一体感を作り出す。そのままMCもなしに「神々の豚」「アダムの肋骨」と連投していき、森下も「できること楽しもうぜ!」とクラップを要求したりコロナ禍ならではの空間へ導いていった。
 
3S2A9222.jpg3S2A9737.jpg
 
自由に声を発することのできないファンを気遣う古川は、皆が声に出して楽しんだライブも、自らが声に出しても伝えられなかったライブもあったと振り返りながら「俺たちこのツアーで強くなったと思います。(集まったファンに)裸で声を出して欲しいという気持ちで今日もやりたい」と意気込み「ストレリチアと僕の家」へ繋いでいく。MCも最小限に間髪入れずにライブを紡いでいくと、「またゼロになった気持ちで大好きな曲を」と「SLOW TRAIN」そして「欠ける月ワンダーランド」であっという間にライブも中盤へ。
 
一人で音楽に向き合う時間が増え楽しい発見もあった一方、ツアーを回ることの嬉しさを嚙みしめていると語った古川。「ライブハウスは音楽がなくなったら空っぽなんですよね。この貴重な時間を楽しむために、一緒にハッピーな歌を楽しみたい」とブルース・ハープを手にした石原と始めたのは「惑星の子供たち」。この環境にいろんな迷いがあることを慮るも、今のこの空間を「本気で楽しもうぜ」とまとめあげラストは会場全体でジャンプ。熱量をそのままに森下がシャウトして続けた「統治せよ支配せよ」では石原、中屋もソロプレイで視線を集め熱気をさらに高みへ導いていく。古川も楽しそうに「あったまってきたぜ!今日はここが世界の中心だ」と叫び、ドラマ『闇芝居(生)』オープニングテーマ「ブロードウェイ」でたたみかけた。
 
CANON_Canon EOS 5D Mark IV_5940986-6043387357.jpgIMG_0236.jpg
 
何度も最高と口にしながら「ひとりぼっちのジョージ」「銀河の風」とラストスパート。「お前らを振り向かせたい気持ちで、またゼロになって歌いたい」と最新アルバムリード曲「ミリオンダラーベイビー」で駆け抜けるように本編は終幕するも、鳴りやまないアンコールに「オブリビオン」で再登場。古川は「もう一度、今ライブが始まったような気持ちで始められないかな。ゼロになるってことはもう一回獣のように叫ぶことです」と「毒蛇のロックンロール」で全身全霊のパフォーマンスを届け、イントロからクラップが沸き起こった「片目のウィリー」を「笑って帰ろうぜ!」と始めると、石原が笑顔で刻むビートにのせて森下がステージを練り歩いたり、中屋も客席を煽ったり座ったりと明るいステージでライブを締めくくった。
 
想定外のダブルアンコールでは、嬉しそうな古川が一人で登場。呼び込まれた石原の「ほんとに生きててよかったな」というコメントに古川が同意していると、なかなか呼び込まれず痺れを切らした中屋と森下が並んでステージ上へ。「みんなとめちゃくちゃ楽しんでブチまけて帰りたいと思います!最高になろうぜ!」と最後にもう一度「アンテナ」で会場をひとつにし、ツアーファイナルの幕を下ろした。
 
IMG_0865.jpgmain.jpg

■THE PINBALLS Live Tour 2021 “millions of memories”

1. ニードルノット
2. 神々の豚
3. アダムの肋骨
4. Lightning strikes
5. 放浪のマチルダ
6. ストレリチアと僕の家
7. 花いづる森
8. (baby I'm sorry)what you want
9. SLOW TRAIN
10. 欠ける月ワンダーランド
11. 惑星の子供たち
12. 統治せよ支配せよ
13. 赤い羊よ眠れ
14. マーダーピールズ
15. ブロードウェイ
16. 蝙蝠と聖レオンハルト
17. ひとりぼっちのジョージ
18. 銀河の風
19. ミリオンダラーベイビー
 
en1. オブリビオン
en2. 毒蛇のロックンロール
en3. 片目のウィリー
 
w-en. アンテナ
 
photo:白石達也
このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻