Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート「いつもどおり」では決してない状況で「いつもどおり、今が最高」なライブを見せつけたa flood of circle『2020 LIVE』

「いつもどおり」では決してない状況で「いつもどおり、今が最高」なライブを見せつけたa flood of circle『2020 LIVE』

2020.11.27

10月21日にアルバム『2020』をリリースしたa flood of circleが、その最新にして最高傑作をひっさげ、ついにライブハウスのステージに帰ってきた。
2020年11月25日、恵比寿リキッドルーム。有観客のスタンディングワンマンライブとしては今年1月の『Lucky Lucky Tour 2019-2020『以来10カ月ぶりであり、しかもアオキテツ(G)加入後は初のリキッドルーム公演となる。
とはいえ、フロアに貼られたマス目状のテープに沿って整然と並び、無言で待つ観客の様子は「いつもどおり」では決してない。a flood of circleが帰ってきた──とは言えないのかもしれないという不安が頭をよぎったが、ライブが始まるとともにそんな不安はどこかに吹き飛び、「いつもどおり、今が最高」なa flood of circleの姿を、目と耳と心で体感することになる。むしろ時代の逆風なんて、彼らにとっては追い風でしかなかったのだ。
 

20201125_VK_01 LIVE_0058.jpg

お馴染みのSEの代わりに盛大な拍手を浴びながら4人が登場すると、アルバムのオープニングを飾る「2020 Blues」のソリッドなギターリフが響き渡る。久しぶりのライブとは思えないほど一体感のあるグルーヴが一斉に転がり始め、佐々木亮介(Vo, G)のリリックが生き生きとビートの上で踊り出す。渡邊一丘(Dr)とHISAYO(B)がグイグイ牽引するリズム、加入以降進化がめざましいアオキのギターも一段と躍動的だ。
4人だけの音にこだわって作り上げられた『2020』の力強さは音源からも十分感じられたはずなのに、音源を一瞬で超えてくる迫力を浴び、ライブとは、バンドとは生き物である、ということをまざまざと思い知らされた。その野性的なアンサンブルが、2曲目の「Beast Mode」で文字通り解き放たれていく。オーディエンスも手を掲げ、まるで歓声が聞こえてくるかのような盛り上がりを返していた。
定番の手拍子が巻き起こった「Dancing Zombiez」を挟んで、アッパーなメロディが突き抜ける「ファルコン」、ベースのイントロから前のめりに進む「ヴァイタル・サインズ」、静かな歌い出しから佐々木&アオキのかけあいが印象的な「Free Fall & Free For All」と、多彩なアルバム収録曲が次々と披露されていく。
 

20201125_VK_01 LIVE_0286.jpg

コロナ禍に突入する前に完成していたという『2020』だが、現状を打破するパワーに満ちた楽曲たちをライブで聴くと、改めて「今」とリンクしすぎていて驚かされる。その理由は佐々木のMCで明かされた。「2020年はどういう年でしたかってよく聞かれたけど、毎年やってきたから、今年もやってくだけだっつうの。これまでも毎回スペシャルだっただけで、今日もスペシャルだから」。どんな逆境であっても、新たに踏み出す一歩に希望を込めてきた彼らの音が、リアルタイムに刺さらないわけがないのだ。
 

20201125_VK_01 LIVE_0112.jpg20201125_VK_01 LIVE_0187.jpg20201125_VK_01 LIVE_0119.jpg20201125_VK_01 LIVE_0193.jpg

後半戦は、「もう逢えないスーパースターとみんなに捧げます」と贈られた「Super Star」から、そっと包み込むようなグルーヴで「The Key」「人工衛星のブルース」へ繋げていく。シンプルな音像で浮かび上がるメロディの美しさもまた、4人が生み出すもうひとつの側面だ。
続く「天使の歌が聴こえる」の曲中で、佐々木が「あなたが生きてる今日は史上最高だ/悲しい夜を超えたら また会えるように」とアカペラで歌いあげた瞬間には、思わず息を飲んだ。ここまでストレートに祝福と祈りを表現したことはかつてないだろう。この場にいる全員、そして配信の画面越しにも、優しく熱いメッセージが届いたはずだ。
 

20201125_VK_01 LIVE_0226.jpg

そんなエモーショナルなムードを自らかき消すように渡邊がドラムを打ち鳴らし、アルバム内でも異彩を放つロックンロールナンバー「Whisky Pool」から、ボーカルも担うアオキが暴れ回る「Lucky Lucky」へ。4人4様のポジティブなエネルギーに溢れ、さながらロックパーティの様相だ。
その空気のままでなだれこんだ「Rollers Anthem」で、「誰が何と言おうと/それをロックンロールと呼ぼう」と高らかに歌う佐々木。a flood of circleの新しいアンセムとして、今はできなくても、この曲を満場のオーディエンスがともに歌う日が見えた気がした。
「ロシナンテ」「プシケ」を叩きつけたあと「今確信した! 大丈夫! ロックンロールまだまだイケる!」と佐々木が叫んで始まったキラーチューン「シーガル」を経て、本編ラストはアルバムを締め括る壮大なバラード「火の鳥」。攻撃力も包容力も増した「2020」年のa flood of circleを象徴する楽曲に、今夜の終演を感じる一方で、その先にある終わらない未来の約束がたしかに刻まれていた。
 

20201125_VK_01 LIVE_0338.jpg

アンコールでは、結成15周年記念無料生配信ライブ『FIFTHTEEN』、さらに1年ぶりの全国ツアー『2020 TOUR 2021』の開催という嬉しい告知が。「Are you ready? ここから始まるぞ!」と佐々木が宣言すると、ラップもキレキレな「欲望ソング」でまだまだ尽きない貪欲さをぶちまけてみせる。
止まらない意志を乗せた「GO」でフィナーレを駆け抜けたあと、フロアに残っていたのは希望、ただそれだけだった。
何があっても転がり続けることをやめないa flood of circleは、まだ見ぬ「2021」年へ向けて、さらに加速していくに違いない。[写真:Viola Kam(V'z Twinkle)]

a flood of circle presents「2020 LIVE」

配信プラットフォーム:ローチケ LIVE Streaming(ZAIKO)
アーカイブ:11月28日(土)23:59まで
配信チケット:¥3,000[11月24日(火)0:00〜11月28日(土)20:00]
視聴URLはこちら
 

商品情報

2020

2020年10月21日(水)発売
タイトル:2020
初回限定盤(CD+DVD):¥3,800+税 / TECI-1699
通常盤(CD):¥3,000+税 / TECI-1700

amazon

【CD収録曲】
01. 2020 Blues
02. Beast Mode
03. ファルコン
04. Super Star
05. 天使の歌が聴こえる
06. Free Fall & Free For All
07. 人工衛星のブルース
08. Rollers Anthem
09. ヴァイタル・サインズ
10. Whisky Pool
11. 欲望ソング(WANNA WANNA)
12. 火の鳥
【初回限定盤DVD収録曲】
2020.06.28 A FLOOD OF CIRCUS 2020 Shibuya TSUTAYA O-EAST
6月28日に行なった配信ライブの映像を全15曲収録、さらにこのDVDのみに収録する当日のドキュメント映像と、配信未公開の「ヴァイタルサインズ」も収録

Live Info.

a flood of circle 15th Anniversary『FIFTHTEEN』

開催日程:2021年1月9日(土)
配信開始時間:12:30 START
視聴料:無料  ※投げ銭可
URLはこちら
※アーカイブ配信なし(予定)

a flood of circle presents『2020 TOUR 2021』

1月13日(水)名古屋CLUB UPSET
1月14日(木)名古屋CLUB UPSET
1月22日(金)大阪Music Club JANUS
1月23日(土)大阪Music Club JANUS
2月11日(木・祝)神戸太陽と虎
2月12日(金)京都磔磔
2月20日(土)高知X-pt.
2月21日(日)松山SALONKITTY
2月23日(火・祝)大分T.O.P.S Bitts Hall ※対バンあり
2月26日(金)仙台CLUB JUNK BOX
2月28日(日)札幌cube garden
3月5日(金)岡山PEPPERLAND
3月6日(土)福岡CB
3月12日(金)名古屋CLUB QUATTRO
3月13日(土)大阪umeda TRAD
3月18日(木)高松DIME
3月25日(木)金沢vanvanV4
4月1日(木)新木場STUDIO COAST

関連リンク

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻